平日正午までの入金確認で即日出荷!  渋谷アーチェリーONLINE

SHIBUYA

検 索

2018

03

10 Sat ~メディア情報~

2018.03.10.Sat

~メディア情報~

みなさん こんにちは

SHIBUYAアーチェリーONLINEの山本です。

明日11日(日)午後6時57分より放送予定のテレビ朝日【ビートたけしのスポーツ大将】アーチェリーコーナーも放送されます。収録時は弊社が撮影協力させて頂きました。明日午後6時57分からは、是非TVの前で待機をお願いします!

※写真は撮影協力時の帰り道に撮影したテレビ朝日と六本木ヒルズです。内容とは関係ありません。

コーナーの詳細は番組HPをご確認ください!→【ビートたけしのスポーツ大将番組HP】


Category: ONLINE, メディア, 筆者:山本悠太
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

12

05 Tue ~キッズトライスポーツ~

2017.12.05.Tue

~キッズトライスポーツ~

みなさん、こんにちは!
商品センターの清水です。

先日12/2(土)、山梨の小瀬スポーツ公園にて行われた体験会にスタッフとして参加して参りました!

この体験会はキッズトライスポーツという名前で行われており、
全8種目のスポーツをすべて体験できる!という素敵なイベントです。

小学4年生~6年生までを対象としており、体験できるスポーツは
・ハンドボール
・ライフル射撃
・アーチェリー
・ホッケー
・車いすバスケ
・フェンシング
・トランポリン
・ボッチャ
と、オリンピック種目の中でも通常では体験できない競技がピックアップされています。
なんと無料で参加できちゃいます!!

この日は山梨のJリーグチーム、ヴァンフォーレ甲府の最終戦の日であり、スタジアムが公園内にあるため多くの人で賑わっていました。

天気も良く最高のスポーツ日和です。

ちなみに、室内ですべてのスポーツを体験することができるため、雨天時の心配もありません!

アーチェリーの体験では、至近距離からの実射を行いました。

小さい子供にも扱えるよう、低ポンドの弓を用意していたため、無理なく射つことができました。

1回目こそなかなか黄色に当たらないものの、2回目には矢がまとまり、
10点に入ると嬉しそうに喜ぶ姿を見てこちらも嬉しくなりますね…。

純粋に射つことを楽しむ子もいれば、
真ん中に当たった!と思ったら次の射では当たらなくなり「なんで?」と考える子もいたり、スポーツの形はそれぞれだなあと感じました。

体験した子の中には、時間がせまる中でも「もう1回射ちたい!」と強く希望する子もいて、やって良かったと思います。

10~15人ほどの1グループがほかのスポーツとの中で8回転するので、最終的に約100人強の参加者となり、多くのキッズにアーチェリーという競技を楽しんでもらうことができました。

以前よりは目にすることも多くなったアーチェリーですが、
もっと身近に、安全にアーチェリーが体験できる場を増やしていきたいと思います!


Category: オリンピック&パラリンピック, 筆者:清水遥, 雑談
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

10

28 Sat 〜第59回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会〜

2017.10.28.Sat

〜第59回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会〜

みなさん こんにちは

SHIBUYAアーチェリーの山本です。

先週末から三重県松坂市で開催された第59回全日本ターゲットアーチェリー選手権に出場してきました。今大会は台風による天候不良が予想された為通常2日目に行われる予定であった決勝ラウンドは中止となり、予選ラウンドで最終順位を決めることが土曜日の朝に決まりました。私は今回で11回目の全日本ターゲットでしたが、大会スケジュールがここまで変わるのは初めてでした。写真はまだ天候の良かった公式練習の様子です。

写真提供:中村和音氏

そんな全日本選手権には、SHIBUYAアーチェリーからリカーブ部門に新宿店スタッフ本間、コンパウンド部門に外商部門島田とONLINEスタッフ山本が出場しました。スタッフの結果は下記の通りです。

リカーブ部門

本間・・・318+312=630 (71位)

コンパウンド部門

山本・・・342+343=685 (4位)

島田・・・341+342=683 (6位)

他選手の結果につきましては、全日本アーチェリー連盟のHPから確認が可能です。

【全日本選手権速報ページ】

今回コンパウンド部門では1位〜4位まで同点(685点)で10点数によって順位が決まりましたので、私にとっては非常に悔しい結果となりました。また来シーズンに向けて弓を見直し調整していきたいと思います。応援頂いた皆様ありがとうございました。

話は変わりますが、先日ONLINEスタッフ富田からご紹介した通り、10月31日・11月1日は弊社棚卸作業の為、ONLINEは臨時休業となります。棚卸前の最終出荷は10月30日(月)となりますので、お急ぎの場合にはお早めのご注文をお願い申し上げます。
※30日正午までにご入金の確認が取れたご注文が原則出荷対象となります。


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, 主要大会, 全日本選手権, 筆者:山本悠太
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

10

07 Sat 〜今秋もアーチェリーコーナーあります!!〜

2017.10.07.Sat

〜今秋もアーチェリーコーナーあります!!〜

みなさん こんにちは

SHIBUYAアーチェリーの山本です。

毎年恒例のTBSオールスター感謝祭が本日18時30分から生放送されます。今回も豪華メンバーでアーチェリーコーナーがありますので、18時30分からは是非是非テレビの前で待機お願いします!


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, メディア, 宣伝, 筆者:山本悠太
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

09

12 Tue ~AXCEL CURVE RXリカーブスコープサンプル入荷しました~

2017.09.12.Tue

~AXCEL CURVE RXリカーブスコープサンプル入荷しました~

みなさん こんにちは

SHIBUYAアーチェリーの山本です。

発表されてから話題になっていた、AXCEL CURVE RXリカーブスコープのサンプルが先日新宿店へ入荷しました。在庫分の入荷はもう少し先になりますが、入荷次第ONLINE店へUPしますのでお楽しみに。

実際どのようなセットになっているのか開けてみましたよ。ハウジングは思ってたより大きく感じます。

このサイトピンの特徴は明るさを調整出来るファイバーリングピンですね。元々レンズに差し込むタイプのファイバーも2色付属しておりますが、コンパウンド用のスコープでも採用されていた機構をリカーブ用にも搭載しています。メーカーで組み立てるの大変そうですね・・・。

ファイバーを使用しないセットももちろん組むことが出来ますよ。その場合には、ファイバーのリングを外して別の付属パーツへと付け変えます。

セット内容には、ドットシールやレンズで見える範囲を調整出来るアパチャーディスクも付属しています。

私がリカーブをメインに行ってた時は、リカーブスコープといえば、【TITAN リカーブスコープ】が主流でした。しかし、昨年【SHREWD フレックスリカーブスコープ】が登場してから、リカーブ用スコープの市場も勢いが出てきましたね。シンプルな【TITAN】にカスタマイズ性に優れた【SHREWD】、独自の機構を搭載した【AXCEL】とどれも魅力的な商品となっています。最近リカーブは出来てないですが、新しい商品が出ると試したくなります。私も在庫分が入荷したら使ってみようかな・・・。


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, 宣伝, 筆者:山本悠太
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

06

09 Fri ~長野県のイベントで体験会を開催しました。例の合宿所にも行ってみましたよ~

2017.06.09.Fri

~長野県のイベントで体験会を開催しました。例の合宿所にも行ってみましたよ~

みなさん こんにちは

渋谷アーチェリーの山本です。

先週末の土曜日に、第68回長野県植樹祭というイベントでアーチェリーの体験会を開催しました。植樹祭が行われたエコーバレースキー場の横には、最近アーチェリー界で話題の株式会社40’sさんが運営するアーチェリー場が2面あります。今回のイベント企画の一つにアーチェリーの実射デモンストレーションが行われるということで、イベント参加者に向けた体験会を開かないかとお声がかかり、社長の安井と新宿店スタッフ長網と私山本の3名で行ってきました。体験コーナを準備していると途中綺麗な虹も出てましたので写真とってみました。この時、先日販売を開始した【SHIBUYA ロゴTシャツ】を着て笑顔で写ってますが実は10°くらい(多分)でかなり寒かったです。さすがスキー場です。

体験コーナーには、本当に多くの方が来て頂き、行列が出来る程でした。今まで私が行った体験会の中で一番多くの方に体験してもらえたのではないかと思います。距離は近射程度で本数は1人3本でしたが、少しはアーチェリーの楽しさや難しさを体験出来たかなと感じます。体験者は小学生が多くいましたので、今回の体験者から将来のアーチェリー選手が生まれるといいなと考えてしまいますね。

今回金曜日から現地に入りましたが、せっかくなので射場と同じく株式会社40’sさんが運営する【WIN&WIN LIME アーチェリー合宿所】で1泊してきました。最近話題の合宿所ですので個人的に非常に楽しみにしておりました。外観は下の写真の感じです。所長の鈴木さんとも色々話が出来、合宿に来る選手の事をとても考えているなと実感しました。滞在は1泊だけでしたが、みなさんにおススメ出来る施設だと感じましたよ。個人的にも選手として合宿で利用したいですね。

そんな株式会社40’sさんが運営する射場や部屋の様子等詳細については、一緒に行った新宿店スタッフ長網が後日プロショップブログで投稿しますので、是非そちらをご覧ください。

ちなみに、長野県からの帰路の途中に、渋谷アーチェリーの商品センターがある山梨県には【ほったらかし温泉】という有名な温泉があります。試合・合宿で長野まで行き、帰りに山梨で途中下車して温泉というプランもおススメですよ。温泉から見える景色がとても綺麗で、天気が良ければ富士山もはっきり見えます。商品センター製造部の軽部に2年前におススメされてから、個人的に非常にお気に入りのスポットです。是非帰りの時間に余裕のある場合には温泉もプランに組み込んで見てくださいね!下の写真は温泉から見える景色です。


Category: ONLINE, 宣伝, 筆者:山本悠太
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

05

29 Mon ~2017年SHIBUYA総合カタログ~

2017.05.29.Mon

~2017年SHIBUYA総合カタログ~

みなさん こんにちは

渋谷アーチェリーONLINEの山本です。

大変お待たせしておりました、2017年SHIBUYA総合カタログがようやく完成しました。
新宿店や各地のプロショップにも入荷し始めていますので、最寄りのお店にお立ちよりの際は是非ご確認ください。

SHIBUYA 公式HPのデジタル版やダウンロード版は6月上旬頃に更新出来ると思いますので、今しばらくお待ちください。


Category: ONLINE, 宣伝, 筆者:山本悠太
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

04

28 Fri ~ユニバーシアード&世界選手権コンパウンド部門最終選考会~

2017.04.28.Fri

~ユニバーシアード&世界選手権コンパウンド部門最終選考会~

みなさん こんにちは

渋谷アーチェリーONLINEの山本です。

今週火曜日から、愛知県岡崎市 岡崎市中央総合公園で第29回ユニバーシアード競技大会最終選考会兼第49回世界選手権大会コンパウンド部門最終選考会が開催されました。昨年までは、つま恋で開催されていた選考会も昨年末に一度閉鎖となった為、今回は個人的にも初めて行く会場でした。下の画像が会場の様子です。※全天球カメラで有名なRICOH THETAの画像です。出場者に持っている方がいたので画像提供頂きました。

テスト2 – Spherical Image – RICOH THETA

写真提供元:中村和音氏

渋谷アーチェリーからは、外商部門島田とONLINEの私山本が世界選手権コンパウンド部門最終選考会に参加しました。試合結果は、山本が1位、島田が3位となり、私山本が3大会連続の日本代表に選ばれました。※世界選手権コンパウンド部門日本代表枠は1枠となります。

世界選手権本番は10月にメキシコで開催されますので、今大会の反省活かして準備していきたいと思います。応援頂いた方はありがとうございました!引き続き本番でも応援宜しくお願いします!

なお、ユニバーシアード最終選考会やその他試合結果の詳細は全本アーチェリー連盟記録ページで確認可能ですので是非ご覧ください。
試合結果掲載ページはこちら→【全日本アーチェリー連盟大会情報】


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, ワールドカップ関連, 主要大会, 筆者:山本悠太
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

04

08 Sat 〜今春もアーチェリーコーナーあります〜

2017.04.08.Sat

〜今春もアーチェリーコーナーあります〜

みなさん こんにちは

渋谷アーチェリーの山本です。

毎年恒例のTBSオールスター感謝祭が本日18時30分から生放送されます。
今回もアーチェリーコーナーがありますので、18時30分からは是非テレビの前で待機お願いします!!


Category: SHIBUYAアーチェリー, メディア, 筆者:山本悠太
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2017

01

10 Tue 設計者が語るアルティマⅡRCサイト テクニカルノート ①
~新しいサイトを作った訳は?~

2017.01.10.Tue

設計者が語るアルティマⅡRCサイト テクニカルノート ①
~新しいサイトを作った訳は?~

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

ご無沙汰しております。SHIBUYAオリジナル製品の開発をしている製造部の梅澤です。

先日発表を行いましたシブヤのリカーブボウ用サイトとしては約10年ぶりの新作となる、【アルティマⅡRCサイト】について詳しく紹介をしていきます。(発売は2/25〜となります)

今回発表したアルティマⅡは、名前の通り現行のアルティマRCサイトをベースに作られています。これまで、現行のアルティマRCサイトについて皆さんにお伝えする機会が無かった事もあり、まずはアルティマⅡにも引き継がれている現行のアルティマRCサイトのコンセプトや特色について書きたいと思います。

現行のアルティマRCサイトは、2004年のアテネ五輪で量産試作機を数名の選手に使って頂いた後、2005年より発売を開始しました。それ以来、10年以上に渡り世界中のビギナーからトップアーチャーまで幅広く使用して頂き、現在でも販売数が毎年伸びています。ここで新しいモデルを出さなくても良いのでは?と思ってしまう程、皆さんの支持を頂いており、開発・改良・生産に携わった者として、アルティマサイトを手にシューティングラインに立った全てのアーチャーの方々に改めて感謝致します、本当にありがとうございます。

現行のアルティマRCサイトの開発をしていた2003年頃は、サイトブロック(サイトボックス)にロックねじがあり、それを締める事でサイトブロックをエレベーションバー(サイトバー/サイトレール)に固定するタイプが主流でした。【シブヤ デュアルクリックサイト】がイメージしやすいと思います。

一方、トーナメント形式で勝ち上がって行くオリンピックラウンドが1992年のバルセロナの大会で採用されてから10年程経過しており、この試合形式が広まって来た事で1射に与えられる時間がより短くなって来ました。

こんな中で開発を始めた現行のアルティマRCサイトは、下記3つのコンセプトを元に作られています。

①【シューティングライン上でサイトピンの上下左右の調整がより短い時間でおこなえること】

上下左右の可動部にロックねじを無くしダイヤルを回すだけのアクションで簡単にサイトピンの位置調整を可能にすることで実現しています。特に上下の可動部のロックねじを無くすためには、エレベーションバーとサイトブロックがほとんどガタツキ無く且つスムースにスライド出来るように作らないと、発射時の振動でサイトブロックが動いてしまうリスクが出てきます。そのため“X-LOCK システム”という、ガタツキを最小に調整することが出来る仕組みを考案し組み込みました。

②【耐振性が高いこと(緩む所が少ない)】

当時、上下の可動部のロックねじが無いサイトは既に販売されていましたが、収納時にサイトピンを外せるようになっていて、その部分に固定用のねじがあり、またサイトピンの取付けにはナットを使わないとならないため、緩む可能性のあるところが多い印象でした(もちろんこの形式には、サイトピンを取り付けるパーツをサイトピン毎に用意しておけば状況に応じたサイトピンの交換が手早く行えるというメリットもあります)

これらを極力少なくする構成を念頭に立案を進めたところ、マウントのノブ以外は緩む所が無くなり、また“X-LOCK システム”を採用することで発射時の振動によるビビリを少なく抑えることが出来ました。

③【サイトとして十分な強度/再現性を確保した上で、より軽量であること】

当時販売されていた上下左右の可動部にロックねじの無いタイプのサイトは240~250g程の重さがありました。アルティマRCサイトはサイトピンも含め220gを目指し、且つ、サイトの前側(エレベーション+サイトブロック)をなるべく軽く作り、弓に付いたサイトの重さをアーチャーがあまり感じないようにすることを目標としました。①と②は相反することなく、片方にとって良い設計をすればもう一方にも良い結果になりましたが、③を実現するには〔①と②〕とは相反する場合がほとんどで、地道に〔①と②〕が実現出来る範囲で体積が増えないような形状・大きさに設計したり、カーボンエクステンションの断面積を(必要な範囲で)最小限にしたりといったことで実現しています。

こういったアルティマRCサイトのコアとなる部分がアーチャーの皆さんに幅広く支持を頂いたのではないか?と感じており、開発から10年以上経った今もとても大切なことだと受け止めています。一方でその10年の間にあまり見かけなくなったサイトのメーカーがあれば、新しくサイト作りに加わったメーカーもあり、軽いがアルティマとは違うアプローチで作られた製品も現れました。

もの作りの環境でも開発・設計に使うソフトウェアが進化し金属加工の技術やノウハウも使えるものが増えて来ました。そしてアーチャーの皆さんの感覚や求めているものも変化して来ました。

“究極のサイト”という意味で“アルティマサイト”と名付けましたが、どのレベルで究極といえるのか?はもちろん時代が進めば変わってゆきます。こんな新たな状況の中、渋谷アーチェリーとして“アルティマサイトのコアとなっている部分はそのままの方向でさらに進化”“コアの進化を妨げない範囲で使い勝手・デザイン・信頼性を向上”この2つを目指したサイトを新たに作るべき時が来た、という判断をしました。

〔次回 第二話~サイトの重さとバランスって?~ に続く〕


Category: SHIBUYAアーチェリー, アーチェリーのあれこれ, テクニカルノート, 商品情報, 宣伝, 雑談
ONLINE STAFF BLOG トップへ

検 索

profile

店長の山本です。
RC・CPを両方経験した選手として面白いと思うことをどんどん紹介していきたいと思います。
宜しくお願いします。
<主な競技実績>
◆リカーブ
【2011年】
山口国体優勝(成年男子)
◆コンパウンド
【2013年】
世界選手権出場
【2014年】
全日本選手権優勝
全日本社会人選手権優勝
【2015年】
全日本室内選手権優勝
全日本社会人選手権優勝
世界選手権出場
【2016年】
全日本室内選手権優勝
全日本社会人選手権優勝
【2017年】
アジアカップ日本代表
世界選手権出場
【日本記録】
50mWラウンド:704点

オンライン店スタッフの富田です。
まだまだビギナーではありますが、知識・実力ともに力をつけ、アーチェリー界を盛り上げていける様、努力して参ります。
宜しくお願いします。

商品センタースタッフの清水です。
ONLINEをご利用いただいている全国のみなさまへ商品と信頼をお届けできるよう、
努力していきます。
宜しくお願いします。

calendar

2018.Apr

«    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30