月~土曜(除祝日)正午までの入金確認で即日出荷!SHIBUYAアーチェリーONLINE

SHIBUYA

検 索

2018

09

14 Fri ~アーチャーへの道 コンパウンド編 第四射~

2018.09.14.Fri

~アーチャーへの道 コンパウンド編 第四射~

みなさん、こんにちは。

SHIBUYAアーチェリーONLINEの富田です。

先週末は1ヶ月(5回程度)練習をしてからのコンパウンドデビュー戦でした。リカーブでは体力的に1試合が限界でしたが、コンパウンドでは練習でもリカーブの倍以上は射てているので、今回は2試合申し込みました。練習で点取りをしたところ562点となっていたので、600点を目指して頑張りたいと思います。

1試合目は49点からと好スタートしたものの、青も頻発&数回のMを射ってしまい、514点(258、256)とリカーブ並みの点数となりました。コンパウンドは5点から外れた時点で0点になってしまうのでシビアですね。練習では無意識に出来ていた伸び合いも、押し手と引き手のバランスが上手く取れていなかったような気がしました。点数には少しガッカリはしましたが、周りの選手から頂いた下記のアドバイスを意識し、2試合目に挑みます。

●ノッキングの際に、左足(的側の足)が動いてしまっているので、スタンスを固定する
●エイミングで照準点(ドット)が動かないように意識

さらにこの日は、SHIBUYAアーチェリースタッフの山本、長網(新宿店)も出場しており、2試合目は下記の通り私を含めた3人が同的となっていたので、スタンスやリリース等、B・C的の射ち方を見様見真似で学ぶことにしました。一射一射が勉強ですね。

2試合目ということで少し肩の力も抜け、後半に向けて点数はアップしていき、最終回は全て黄色の55点(X、9、9、9、9、9)で終えることが出来ました。結果は581点(289、292)と自己ベストを67点更新出来たので少し安心。次回に繋がる結果になったと思われます。

今回の2試合で学んだことは、ピープから覗き易かったため左目を閉じてエイミングをしていましたが、両眼を開いていた方が的中が良かったことです。恐らく、無駄な力が入ってしまっていたためかと思われますが、【Gunstar アイブラインダー】を利用する等をして、両眼を開いて射つことを癖付けていきたいと思います。それに加え、アドバイスを貰ったスタンスの固定、エイミング時のドットの動きへの意識の定着が現時点での課題となりました。

練習時間を取れない社会人にはコンパウンドが向いている、ということをよく耳にしますが、体力面(本数)のみの話であり、技術面(点数)は練習をしないと付いてきませんね。オフシーズンは近付いていますが、練習をすれば点数アップも見込めるとポジティブに捉え、まずは600アップを目指してコツコツ頑張ります。


Category: ONLINE, アーチャーへの道~コンパウンド編~, 筆者:富田翔
ONLINE STAFF BLOG トップへ

検 索

profile

店長の富田です。
アーチェリー界を盛り上げていける様、社会人アーチャーの視点から色々な情報を紹介していきたいと思います。
宜しくお願いします。

オンライン店スタッフの清水です。
リカーブアーチャーとしての商品情報の発信をし、また細やかな対応を心掛け、皆様に安心してお買い物いただけるよう、努力していきます。
宜しくお願いします。

calendar

2018.Sep

«   »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930