月~土曜(除祝日)正午までの入金確認で即日出荷!SHIBUYAアーチェリーONLINE

SHIBUYA

検 索

2015

07

14 Tue ~ストレッチ★パート2~

2015.07.14.Tue

~ストレッチ★パート2~

みなさんこんにちは

先日ご好評いただきました初心にかえってもう一度

アーチェリーを始めたばかりの皆さんに参考にしていただければ嬉しいです。

前回に引き続き、今回もストレッチです。

息を止めるのではなく,自然に呼吸をしながら行うことが大切です。

アーチェリーの定番ストレッチを集めていますよ。5種ご紹介!

ストレッチなのでいずれも10秒前後はキープしましょうね!

手首の筋もしっかりストレッチ!

手の甲側も手のひら側もゆっくりやさしく、ぐぅ~っと引っ張ります。

手首を痛めて腱鞘炎になってしまわないように練習の前後で行いましょうね!

アーチェリーは脚も意外とぱんぱんになります。立ちっぱなしですもんね。

脚をクロスさせて、ゆっくり前屈します。両手を伸ばしてつま先を目指しぐ~っと伸びると脚の裏が伸びますね!

反対脚もクロスして行いましょう!

ここから2人組で行うペアストレッチになります。

2人で横並びに立ち、肩幅の1.5~2倍程度脚を広げます。

お互いの脚をそっと合わせてから、両手を握りあいます。(パワーの無い方とやるときや初めの方は手首を持ちあうのがお勧め)

相手(内)側の脚は曲げずにまっすぐ!外側の脚は軽く曲げるのがポイントです。

身体がしっかりのびるよう前かがみにならないようまっすぐな状態で、しっかり踏ん張ってひっぱりあいっこ!

強い方が勝ちなのではなく、お互いのパワーが5:5の均等に引きあうことが大切です。

外側の脇腹や肩のストレッチになります。コアマッスル=体幹も刺激できるのでアーチェリーにピッタリ!

はじめに、<持ち上げる人>と<乗っかる人>を決めましょう。

<乗っかる人>は、両手をバンザイしたら全身は出来るだけ力を入れずにまっすぐ伸ばしリラックス状態を保ちます。

<持ち上げる人>は、乗っかる人の両手首を持ち、引き上げながら前屈します。

背中と腰で体重を支えますが、この時、できるだけお互いの腰と腰が同位置にある状態で支点になるようにします。

持ち上げる時も下ろす時もゆっくりゆっくりを心がけましょう。

肩まわりや上半身のストレッチに最適!

ペアで向き合って肩幅より広めに立ち、お互いの両手を相手の方にそっと載せます。

お互い両腕を伸ばした状態で前屈し頭を中に入れた状態にします。

■パターン1:息を吐きつつ、腕と胸を地面に向って3回程度バウンドをかけながら下します。同時に膝も伸ばし、もも裏も伸びますね!

■パターン2:ぐ~っとゆっくり圧をかけ地面に向かって伸びます。

パターン1は動的運動、練習前がお勧めです。パターン2は練習後がお勧めです。

ペアストレッチは、できるだけ<骨格(背丈)><パワー><柔軟性>が近い方とのペアが望ましいです。

相手の呼吸と合うよう掛け声をすることでより良いストレッチが行えますので、ぜひクラブのみなさんと行ってみてくださいね!


Category: ONLINE, トレーニングのあれこれ, 筆者:相馬由佳, 雑談

検 索

profile

店長の富田です。
アーチェリー界を盛り上げていける様、社会人アーチャーの視点から色々な情報を紹介していきたいと思います。
宜しくお願いします。

オンライン店スタッフの清水です。
リカーブアーチャーとしての商品情報の発信をし、また細やかな対応を心掛け、皆様に安心してお買い物いただけるよう、努力していきます。
宜しくお願いします。

calendar

2019.Oct

«    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031