月~土曜(除祝日)正午までの入金確認で即日出荷!SHIBUYAアーチェリーONLINE

SHIBUYA

検 索

2020

05

18 Mon ~2020 LIMITED COLOR~

2020.05.18.Mon

~2020 LIMITED COLOR~


Category: SHIBUYAアーチェリー
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

16 Sat ~自宅練習にぴったりのアローキャッチャー&ダネージュ再入荷しました~

2020.05.16.Sat

~自宅練習にぴったりのアローキャッチャー&ダネージュ再入荷しました~

こんにちは!
SHIBUYAアーチェリーONLINEの清水です。

【アローキャッチャー スターターセット】【DANAGE ドミノターゲット 44×44】が再入荷しました!
どちらも自宅での練習にぴったりの大きさのターゲットマットです。

【アローキャッチャー スターターセット】

アローキャッチャーは、バットレス、アローバンパー、アローストッパー等で層のようになっており、それぞれの消耗の具合によってパーツごとの交換が可能です。
組み立ての必要はなく、届いたら外箱を開ければすぐに実射可能となっています。
的中を分散させるエイミング用的シートも付属しているので、実際に狙うイメージもつけられますよ。

【DANAGE ドミノターゲット 44×44】

ダネージュは、ターゲット部分がブロック状に分かれており、ブロック単体の購入も可能なため、ダメージが大きくなったブロックのみを交換することができます。
また小さい脚が付いているので、若干の角度調整も可能です。

詳細は以前にブログでもあげているので、気になる方は見てみてくださいね。
【~ダネージュ再入荷しました!~】

どちらもパーツ交換ができる点が便利です!
また、今は射場で練習できない状況というのもありますが、夏の暑さや冬の寒さのため外に出たくない・・・といった時でも室内で練習ができますよ。

大人気のため、お早めにご検討ください~~!

【アローキャッチャー スターターセット】
【DANAGE ドミノターゲット 44×44】


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, 商品情報, 筆者:清水遥
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

15 Fri ~WIN&WIN WIAWISハンドルの性能比較チャートを更新しました~

2020.05.15.Fri

~WIN&WIN WIAWISハンドルの性能比較チャートを更新しました~

こんにちは。

SHIBUYAアーチェリーONLINEの富田です。

先日のリムに続き、ONLINE店の商品ページに掲載しているWIN&WIN WIAWISのハンドルの性能比較チャートを、2020年版に更新をしました。RADICAL PRO、ATF-Xが追加となっています。

メーカーカタログに載っているチャートを、PCページでは商品画像の下に、スマホページでは商品ページ最下部に掲載しています。ご購入時の目安として、参考にしていただけたらと思います。

ハンドルの商品ページはこちら↓↓↓
【WIN&WIN ハンドルの商品一覧】


Category: ONLINE, 商品情報, 筆者:富田翔
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

14 Thu ~色違いアウトレット商品のご紹介~

2020.05.14.Thu

~色違いアウトレット商品のご紹介~

こんにちは!
SHIBUYAアーチェリーONLINEの清水です。

本日は色違いアウトレット商品のご紹介です!

通常の在庫ではブラックのみのところ…
1点限り!レッドの【SHREWD エッセンシャル29mmスコープ ハウジング】

通常の在庫ではレッドのみのところ…
1点限り!ブルーの【Specialty レベル】

入荷しております!!!

さらに、アウトレット価格&今なら春の大感謝祭セールにより、

なんと【SHREWD エッセンシャル29mmスコープ ハウジング】は通常販売価格10,032 円のところ、7,722 円に!

【Specialty レベル】は通常販売価格836円のところ、644 円に!!

大変お安くなっております!

通常、お取り扱いしているカラーとは違うので、レアです。
ちょっといつもと違うカラーを試してみるのも楽しいですよね。

どちらも1点限りとなっておりますので、お早めにご検討ください~!

【SHREWD エッセンシャル29mmスコープ ハウジング】
【Specialty レベル】


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, 商品情報, 筆者:清水遥
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

13 Wed ~春の大感謝祭セール開催中!~

2020.05.13.Wed

~春の大感謝祭セール開催中!~

こんにちは。

SHIBUYAアーチェリーONLINEの富田です。

SHIBUYAアーチェリーONLINEでは、日頃の感謝を込めまして、在庫品の割引セールを開催中です。

『春の大感謝祭セール』では、在庫品が通常販売価格から5%オフ、メーカー廃盤や商品入替えによるアウトレット商品が、通常アウトレット価格からさらに10%オフとなります。ハンドルやリムをはじめ、新発売の【ULTIMA RC PRO 520 カーボンサイト】【SHREWD RevX センタースタビライザー】など、在庫のあるサイズやカラーであれば、セールの対象となります。詳細は下記にてご確認下さい。

★キャンペーン詳細☆
■在庫商品が通常販売価格から5%オフ!
■アウトレット商品が通常アウトレット価格からさらに10%オフ!
■キャンペーン期間:2020年5月1日(金)正午頃~2020年5月31日(日)まで

※在庫品に限りセールの対象となりますので、予約品等はセールの対象外となります。
※一部セール除外品があります。

セール期間は今月末まで!在庫品のみのキャンペーンとなりますので、是非お早めにご検討ください。


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, キャンペーン情報, 筆者:富田翔
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

12 Tue ~ロックダウンノックアウト2020開催中!~

2020.05.12.Tue

~ロックダウンノックアウト2020開催中!~

こんにちは。

SHIBUYAアーチェリーONLINEの富田です。

World Archery(ワールドアーチェリー、WA)主催の初めてのオンラインリモートイベント、LOCKDOWN KNOCKOUT 2020(ロックダウンノックアウト2020)が開催中です。


※引用元:World Archery(https://worldarchery.org/)


※引用元:World Archery Youtube チャンネル

球技や武道などの他の競技と違い、それぞれが分割して競技をすることが可能なアーチェリーの特色を活かしたイベントとなっています。離れた地域での大会の同時開催が広まり、オーディエンスも増えることを考えると、今後のアーチェリーの可能性が広がりそうですね。将来的には離れた他大学同士での交流戦や、遠くに住んでいるアーチェリー仲間との練習でも楽しめそうです。

先日のNHK NEWS WEBでも取り上げられていました。↓↓↓
【アーチェリー “リモート”で国際大会開催 新型コロナ】(NHK NEWS WEB)

LOCKDOWN KNOCKOUT 2020には、世界のコンパウンドシューターのトップ選手、男女8名が自宅や個人の練習場からリモート参加をしています。予選の後、男女別でトーナメントを行い、決勝では女子のトップと男子のトップによる夢の対決が見られる大会となっています。


※予選の結果、引用元:World Archery(https://worldarchery.org/)

インドア(18M)のルールで行われていて、トーナメントでは5エンドの合計で勝敗が決まります。下の動画はクォーターファイナル2(QF2)のものですが、的前と選手前に固定カメラがあり、カメラの切り替わりが無いため射っている姿が最後までしっかり見られるのが良いですね。

次回の配信はクォーターファイナル4(QF4)。その後は下記の配信予定となっています。リマインダー登録やアーカイブ閲覧も出来るので、ご都合の良いタイミングで是非ご覧ください。

【配信予定】
5月13日 QF4:Toja Ellison v Sara Lopez
5月15日 SF1:Anders Faugstad v Mike Schloesser
5月16日 SF2:Paige Pearce v Winner QF4
5月18日 Final:Winner SF1 v Winner SF2

ちなみに私が応援しているのはインドアワールドシリーズを制したMike Schloesser(マイク・シュルーサー)選手。物腰柔らかそうな雰囲気で勝負強く、そして弓は【HOYT インヴィクタ 40】のスレートカラー、リリーサーは【T.R.U. BALL ABYSS FLEX】と、私と同じ弓具を使っているのが推しポイントです。


※引用元:World Archery、HOYT

World ArcheryのYoutubeチャンネルでは、リカーブ、コンパウンド共に過去の大会の動画も閲覧が可能です。現在は実技が難しい状況なので、トップ選手の射ち方から学ぶ、弓具を参考にするなどしてみてはいかがでしょうか。お気に入りの選手を探すというのも良いかもしれませんね。World ArcheryのYoutubeチャンネルは下記からご確認下さい。

【World Archery Youtubeチャンネル】


Category: ONLINE, 主要大会, 筆者:富田翔
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

11 Mon ~WIN&WIN WIAWISリムの性能比較チャートを更新しました~

2020.05.11.Mon

~WIN&WIN WIAWISリムの性能比較チャートを更新しました~

こんにちは。

SHIBUYAアーチェリーONLINEの富田です。

ONLINE店の商品ページに掲載しているWIN&WIN WIAWISのリムの性能比較チャートを、2020年版に更新をしました。MXT-GW、MXT-GFが追加となっています。

メーカーカタログに載っているチャートを、PCページでは商品画像の下に、スマホページでは商品ページ最下部に掲載しています。ご購入時の目安として、参考にしていただけたらと思います。

リムの商品ページはこちら↓↓↓
【WIN&WIN リムの商品一覧】


Category: ONLINE, 商品情報, 筆者:富田翔
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

09 Sat ~ストリングについて【アーチェリーをはじめよう!】~

2020.05.09.Sat

~ストリングについて【アーチェリーをはじめよう!】~

こんにちは!

SHIBUYAアーチェリーONLINEの清水です。

【アーチェリーをはじめよう!】、今回は『ストリングについて』です。

【ストリング 商品一覧】

前回の富田のブログでも説明がありましたが、アーチェリーはリムのしなりを利用しエネルギーを矢に伝え、70m先の的まで矢を飛ばします。
このときの、リムのエネルギーを矢に伝えるのが、ストリングの役目です。責任重大ですね。

近年のストリングは、1万回射っても切れることなんて滅多にありませんが、昔のストリングはある程度の使用によって切れることは珍しくなかったそうです。
射っているときにストリングが切れたら…なんて考えると怖いですが、新しい素材の登場や技術の進歩によって、こうして革新的に変わっていくという点も、アーチェリーの面白さですよね。


※引用元:World Archery(https://worldarchery.org/)

ストリングは、のびやすさによる引き感や、リリース時のおさまり等で選ぶ方が多いかと思います。
比較的のびやすいものだと、引いた時の感覚がやわらかく、コントロールしやすいといった特徴があります。
反対にのびにくいものだと、かためですが引いた時の感覚がつかみやすい、またリリース時の振動のおさまりが良い、といった点がありますよ。

選び方については好みの部分が大きいですが、初心者の方はフォームを作っていく段階なので、比較的のびやすく、引きやすいストリングがおすすめとなります。
特に初心者用のリムでかためのストリングを使用してしまうと、リムに負担がかかりやすくなってしまうこともありますので、ご注意ください!


※引用元:World Archery(https://worldarchery.org/)

当店でおすすめしている競技用のストリングでは、ファーストフライトとX99があります。
それぞれの特徴は下記の通りです。

ファーストフライトストリング:多少の伸びがあり、やわらかい引き心地
X99ストリング:伸びにくさと耐久性、振動のおさまりの良さを高めたストリング

それぞれ異なった特徴のあるストリングなので、両方試してみても面白いですよ。
ちなみに私はどちらも使いましたが、現在は引きやすさを重視してファーストフライトを使用しています!

ぜひみなさんも、自分に合ったものを選んでくださいね!

ということで、今回はストリングのご紹介をさせていただきました。
今回はストリングの紹介や特徴について書きましたが、さらにサイズの選び方もあるので、また改めてブログへ載せたいと思います!

ちなみに、今回までで紹介した防具、ハンドル、リム、ストリング、あとは矢があれば、最低限の「射つ」アーチェリーは体験することが出来ます。
ここからサイトやプランジャー等の道具を取り付けることで、より精度の上がった弓となります。

次回はこの、精度をあげるための道具のご紹介となります。
引き続きお楽しみに~!

※アーチェリーの道具の選び方には諸説あります。
記載内容につきましては参考程度としていただき、先輩アーチャーやご指導者様にご確認いただいてからご選択ください。
また、ご不明な点がございましたら、メールにてお問い合わせ下さい。


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, アーチェリーをはじめよう!, 筆者:清水遥
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

08 Fri ~コードバンの全てが分かる動画公開~

2020.05.08.Fri

~コードバンの全てが分かる動画公開~

こんにちは。

SHIBUYAアーチェリーONLINEの富田です。

【SHIBUYA Chung-Tae Kimタブ】のタブ革も製造しているコードバン専門のフィニッシャー、LEDER OGAWA(レーデルオガワ)様のYoytubeチャンネルにてチョン テ キムタブをご紹介いただきました。


※引用元:LEDER OGAWA様 Youtubeチャンネル

コードバンが使用されている一般商品、ラウンドファスナー(財布)、シューホーン(靴ベラ)、ベルトと共にChung-Tae Kimタブも登場します。コードバン(馬革)は牛革と違い、繊維が細かい、厚みは無いが擦れや引き伸ばしへの強度が強い、そして摩擦抵抗が無く滑らか、という部分がタブ革として適しているんですね。

図も交えながら動画で見ると説得力も高いですね。再現性が求められるアーチェリーのタブに上質なコードバンを使う必要性も分かるかと思います。以前渋谷アーチェリーで作成した、コードバンに関するリーフレットも掲載しておきますので、合わせてご覧ください。


※引用元:LEDER OGAWA様 Youtubeチャンネル

※動画はタブの紹介の4分41秒から開始しますが、是非最初からご覧ください。


※左上から時計回りでご覧ください。右上の数字がページ数です。

専門家が話す、『コードバンの全てが分かる動画』はとても説得力がありますね。今後もレーデルオガワ様のYoytubeチャンネルでは、良いコードバンが出来る製造工程なども紹介されるようです。アーチャーにとっても興味深い内容になるかと思いますので、是非チャンネル登録をしてみて下さい。


Category: SHIBUYAアーチェリー, この道具を使う理由, 筆者:富田翔
ONLINE STAFF BLOG トップへ

2020

05

07 Thu ~リムについて【アーチェリーをはじめよう!】~

2020.05.07.Thu

~リムについて【アーチェリーをはじめよう!】~

こんにちは。

SHIBUYAアーチェリーONLINEの富田です。

【アーチェリーをはじめよう!】、今回は『リムについて』です。


【リム 商品一覧】

アーチェリーでは、リムのしなりを利用しエネルギーを矢に伝え、現在の競技では最長70m先の的まで矢を飛ばします。リムを付け替えることで体力に合わせて様々な強さ(ポンド)で使用出来るので、年齢や性別問わず同じシューティングラインに立ち、生涯スポーツとして楽しめるのがアーチェリーの特徴ですね。


※引用元:World Archery(https://worldarchery.org/)

競技用のリムは1万円代から10万円代まで価格は様々。ハンドルと同様に、高価格帯のモデルは、材料費や設計費をはじめ、研究開発費などが掛かっているため、全体的に価格と精度(再現性)が比例していると考えられます。

アーチェリーは再現性が求められるスポーツとなります。ポンドアップが完了し、より高い点数を求めるレベルになった時には、リムの精度(正確に矢に力が伝わることや捻じれへの強さなど)は、リム選びの際の重要な基準になると思われます。

そして、中級から上級のリムの芯材には、フォームコアとウッドコア(木製、バンブー製などの自然素材)がラインアップされています。それぞれの一般的な考え方は下記の通り。

■フォームコア:反発する効率が高く、矢速が早い。柔らかい引き心地。

■ウッドコア:ねじれに強く、リムが返る時の安定感が高い。反発する効率はフォームよりも劣るため、フォームと比較すると矢速が遅くなる場合がある。

ONLINE店で取扱のある現行モデルでは、HOYTMK ARCHERYは自然素材のコアのみとなっていますが、WIN&WINは両方のコアがあります。同一モデルで芯材の選択に迷った場合、SHIBUYAアーチェリーONLINEでは、コントロールのしやすさ(引きやすさ)を求めるのであればフォームコアを、捻じれ方向に対する強さやフルドロー時の安定感を求めるのであればウッドコアをおすすめしています。

※好みや感覚につきましては選手により異なる部分になりますので、あくまでもご参考程度にお考え下さい。


※引用元:World Archery(https://worldarchery.org/)

また、リムには接合方式により、グランプリ(ILF:国際標準リム接合方式)とフォーミュラ(HOYT独自の接合方式)の2種類の規格があります。主要メーカーだとWIN&WINは全てグランプリ、HOYTは2規格展開、MK ARCHERYは基本的にはグランプリとなりますがフォーミュラ規格(Fシリーズ)もラインアップされています。同じ規格の組み合わせでないと接合が出来ない(使用出来ない)ので、ご購入の際には今一度ご使用のハンドルの規格をお確かめください。

なお、同じ規格であればメーカーが異なっても基本的には接合は可能となりますが、他メーカーでの組み合わせの場合は表示ポンド通り出ない可能性や、個体差を含め接合部分が固い・緩いなどが発生する可能性がございますので、各メーカーともに同メーカーでの組み合わせを推奨はしております。

というわけで、本日はリムについてご案内させていただきました。次回はその他のアクセサリーを順次紹介させていただきますので、お楽しみに!

※アーチェリーの道具の選び方には諸説あります。記載内容につきましては参考程度としていただき、先輩アーチャーやご指導者様にご確認いただいてからご選択ください。また、ご不明な点などをメールにてお問い合わせいただけましたらONLINE店より回答をさせていただきますので、ご連絡をいただけましたら幸いです。


Category: ONLINE, SHIBUYAアーチェリー, アーチェリーをはじめよう!, 筆者:富田翔
ONLINE STAFF BLOG トップへ

検 索

profile

店長の富田です。
アーチェリー界を盛り上げていける様、社会人アーチャーの視点から色々な情報を紹介していきたいと思います。
宜しくお願いします。

オンライン店スタッフの清水です。
リカーブアーチャーとしての商品情報の発信をし、また細やかな対応を心掛け、皆様に安心してお買い物いただけるよう、努力していきます。
宜しくお願いします。

calendar

2020.May

«    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031