2018

11

20 Tue 〜2018年度第60回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会に行ってきました!〜

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

今更ながらですが、第60回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会に行ってきました。
残念ながらCP女子での出場は叶わず、今回は商品センターの清水遥とともにブース出店


沢山の方にご来店いただきました!ありがとうございます!

選手としては、営業部山本・新宿店河本がCP男子部門に出場しました。
それぞれの成績は、以下の通りとなります。
〈山本〉
予選2位
決勝トーナメント ベスト8(最終結果6位)
〈河本〉
予選10位
決勝トーナメント ベスト16(最終結果9位)

今大会の優勝選手はこちら↓
RC男子部門:今井雅樹選手(福井県庁)
RC女子部門:久原千夏選手(福井信用金庫)
CP男子部門:坂野太一選手(日本体育大学 スポーツ専門職)
CP女子部門:本多由美子選手(北海道アーチェリー協会)

他詳細についてはこちらをご覧ください
第60回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会 確定記録(全日本アーチェリー連盟HP)

なんと、CP男子部門坂野太一選手は、史上初の快挙!
RC部門(2010年)とCP部門(2018年)のWタイトルを獲得!!!!
すごいですね…。

優勝された選手の皆様、おめでとうございます!

そして、今大会の様子をプロカメラマンの関一也さんがとてもかっこいい動画として
アップしています。
ぜひ、皆さまご覧いただき、友達にシェアしてくださいね。

All Japan Archery Championship 2018 from Kazuya Seki on Vimeo.

次回のブログもお楽しみに~


Category: アーチェリーの試合に出たい!観たい!, 大会情報、結果, 新宿店, 注目の記事, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2018

11

18 Sun Kings of Archery!

こんにちは、海外営業担当のフィリップです。
現在、オランダで行われているKings of Archery series JVD Open大会に来ています。

去年までには小さな会場で参加人数がかなり限られ、人気があるも小さな大会でしたが、今年からオランダの大手ディストリビューター(卸売業者)のJVDがスポンサーになり、アイントフォーヘン市のインドアスポーツ競技場を貸し切り大々的に行われるようになりました。そして今までと違って、ニームやベガスシュートのような大きなトレードショーも。世界のメーカーが集まり、Win & WinやAxcelなどが新製品を初披露。もちろんSHIBUYAも展示しに来ています!

今年は参加者が700人を超え、インドアワールドカップに負けない豪華なメンツが勢ぞろいです。地元の選手であるマイク・シュルッサー選手やスティーブ・ワイラー選手などはもちろん、ヨーロッパの各国やアメリカからも多くのトップ選手が参加しています。ホールの真ん中が通路になっていて、両端に向けて射っている構造がベガスシュートと同じですね!

そして夜8時になるとKoAの名物、Nerves of Steelが始まりました!的の外側を分厚い鉄板で覆って射ち、外したら確実に矢が壊れる大会です。それでも今年も100名のエントリーが数分で埋まったという。

的の露出部分は8点→9点→10点→X(CP10点)へと、徐々に小さくなり難易度が向上。的の1mほど前に直径50㎝の穴の開いたアクリル板がバリアーとして用意されていました。安全管理が大変そうで、到底真似できませんね…

緊張もあり、第1エンドから脱落者が続きました。100名のうち、最終段階まで進んだのは10数名のみ。
そしてXしか残らない第4エンドまで進んだら、最初の出場者はなんとリカーブの選手!コンパウンド選手に負けず、Xを射ち抜きました!周りに集まった観戦者からはものすごい歓声が上がりました。もう、優勝者は彼で良いのでは?

最終的にはCPの選手がシュートオフで優勝を決めて1000ユーロの賞金を勝ち取りましたが、僕にはこのリカーブの選手が正にアーチェリーの王者に見えました!


Category: 大会情報、結果, 海外
Proshop Blog トップへ

2018

11

17 Sat ~WIN&WIN リカーブ新製品発表!~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

本日17時00分にWIN&WIN Facebookページにリカーブの新製品がアップされました!

【TFT-Gハンドル】【NS-Gリム】の2製品は、グラフェンカーボンテクノロジーにより、従来のモデルよりも
振動をより少なく、再現性の高いシューティングが可能になったそうです。

黒ベースにイエローの配色は人気がありそうですね!

また、更新され次第ブログにアップいたしますのでお楽しみに!


Category: 2019モデル紹介, WIN&WIN, 新宿店, 注目の記事, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2018

11

15 Thu ~お詫びとお知らせMK ARCHERY VERACITYリム

VERACITYリム不具合品回収と交換のお知らせ

平素よりSHIBUYAアーチェリー新宿店へのご愛顧をいただき誠にありがとうございます。

この度、MK ARCHERY社製VERACITYリム/VERACITY Fシリーズリムにおきまして、一部生産分で素材に不具合があり、破損の恐れがある製品があることが判明いたしました。お客様に安心してご使用していただくため、対象製品の無償交換をさせていただきます。つきましては、対象製品をお持ちのお客様にはたいへんお手数をおかけいたしますが、直ちにご使用を中止していただくとともに、SHIBUYAアーチェリー新宿店までご相談ください。※交換分のサイズが欠品の場合には、入荷後のお渡しとなります。


この度の件につきまして、お客様には多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

対象製品のシリアルナンバーにつきましては下記「対象製品リスト」よりご確認ください。VERACITYリムをご使用中のお客様は、①ご使用のリムのモデル ②サイズ・ポンド ③シリアルナンバーをご確認いただき、該当する場合はSHIBUYAアーチェリー新宿店までご連絡ください。交換品を手配させていただきます。お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成30年11月15日

弊社販売分対象製品は下記のリストをご確認ください。※下記リストにつきましては、MK ARCHERYから当社に入荷し、当社から販売させて頂いた商品に限り記載をさせていただいております。


Category: MK KOREA
Proshop Blog トップへ

2018

11

13 Tue ~ロジックCT9試射

こんにちは、新宿店の種部です。
G5プライムの2019年モデル、ロジックCT9のサンプルが入荷したので試射してみました。

見た目はマシューズのTRXに似ているなどと言われるのですが、実はこのデザインはプライムが2013年に初めて作ったターゲットモデルONEのシルエットを継承しているのです。
カムはハンティングモデルのロジックシリーズに使用されていたTRMパラレルカムを搭載しています。

スピードとスムーズなドローイングを両立
TRMはスピード系カムですが、実際に引いてみると引き始めはやや硬い感じはあるものの、カムが回り始めてしまうとスムーズにドローイングできる感じです。
ドローストップでレットオフを調節できるのでレットオフの感じは自分の好みに合わせて変えることができます。プライムのスタッフシューター、デイブ・カズンズさんによると長めの引き尺のカムを選択して、ドローストップで引き尺を短く、レットオフ率を小さくしながら調節すると良いとのこと(TRMパラレルカムはドローストップの張背で1/2インチまで短くすることができます)。

安定感のあるエクストラロングハンドル
スタビライザーのない状態でも弓がすっと止まる感じで、ハンドルが左右方向のブレもなく、ホールディング時の安定感が高いと感じました。
実射してみると、衝撃や震度はこれまでのONE等のターゲットモデルに比べるとほとんどないくらいです。G5プライムはハンドルに8000系のアルミニウム合金を使用しており、従来のコンパウンドボウのハンドルに比べてかなり硬いせいか、振動が気になるという声があったので(個人的には気にならなかったのですが)大きな進化といえるかもしれません。ワイドタイプのパラレルリムを採用したのも良かったのでしょう。

独特なスワーブ(湾曲)デザイン


トルクに強いデザイン
せっかくなのでペーバーテストをしてみました。レストをだいたいグリップの中心にセットし、ノッキングハイトはレベルに設定して射ったのが下の写真で、ポイントが少し左向きです。
今までほとんどのコンパウンドボウで特にレストやカムを調整することなくペーパーはブレットホールになっていた私としては、ちょっと残念です。ただ、世の中の多くのアーチャーにとっては朗報です。
私はどちらかというと押し手の親指側をリラックスさせているタイプで、ドローイング時に弓が自然に右に回転するのに任せて弓を押しています。これまでいろいろなコンパウンドアーチャーの弓を調整してきましたが、その経験から私のような押し方をするコンパウンドアーチャーは少数派のようで、親指側に強く力がかかっている方の方が多いみたいです。ロジックCT9はそういう親指が強いアーチャー向きと言えそうです。

1射目

試しにリカーブのように押し手の肘を張り、グリップにあてた手のひらの親指側を少し強めに押して射ってみたのが下の写真です。

2射目

見事なブレットホール(矢がまっすぐに通過している穴の空き方)になりました。ペーパーテストでポイント先が右を向いてレストを動かしても。スパインを変えてもブレットホールにならないという悩みを持っているアーチャーにとってはレストのセンターショット調整が楽になる可能性があります。
新宿店で試射できるので、ぜひ一度試してみてください。
また試射だけでなくトルクの問題の解消の相談にものります!


Category: 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2018

11

13 Tue 〜2019年 全ナショナルチーム選考会がはじまりました!〜

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店の長網です。

いよいよ、この季節がやってまいりました。
全ナショナルチーム選考会!
U-17からナショナルチームまでの来年度の日本代表選手を決定する今大会。

今年はちょっと様子が違いますね。
従来よりもかなり数の増えた男女32名ずつの選考会となっています。(ナショナルチームのみ)

そして、今大会でナショナルチームに選考されることで、2020年東京オリンピックの第一次選考会にもあたる
2020年ナショナルチーム選考会への出場の確率がアップします。
ナショナルチームに選ばれるのは男女16名ずつ。

2020年東京オリンピック代表選手決定の詳細については
こちらをご覧ください。
全日本アーチェリー連盟HP

出場選手はこちら↓↓

本日より3日間、1日2R(144射)の選考会となります。

速報が出次第、随時SNS等でアップいたしますので、
皆様ご注目くださいませ!


Category: 大会情報、結果, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2018

11

07 Wed ~11月新キャンペーン・HOYTアウトレットセールのお知らせ~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

11月の新キャンペーンのお知らせです。
11月13日(火)~11月30日(金)まで、【競技用リム買い⇔替えキャンペーン】を開催いたします。

HOYT・WIN&WIN・MK KOREAの3社から、競技用リム(¥30,000-以上)をご購入いただいた方に、
お好きなストリング(BCY-X・FF)をプレゼント!

新しいリムにして、新しいストリングをゲットしてみませんか?

もちろん、先日発表された【HOYT VELOSリム】も対象です!
買い替えキャンペーンをご利用の方は、ご注文時にスタッフまで利用の旨をお伝えくださいませ。

【キャンペーン概要】
対象:新宿店にて競技用リムをご購入の方全員
期間:2018年11月13日(火)~11月30日(金)<お支払が11月中のみ>
内容:競技用リム(¥30,000-以上)をご購入の方に、お好きなストリング(BCY-X・FF在庫品のみ)をプレゼントいたします。
ご希望のストリングの種類・お色をスタッフまでお申し付けください。
また、通常調整費¥5,400-のところ本キャンペーン利用の方は無料にてアライメント調整をさせていただきます。
※72サイズの方は、FFのみとなります。ご了承ください。

そして、HOYT新製品発表のため廃盤になった「ファクター/ファクターHPハンドル」「エピックハンドル(廃盤カラーのみ)」「Xツアー(フォームコア/バンブーコア)リム」アウトレット商品として
新宿店でも販売を開始いたします。

アウトレット価格になり、とてもお買い求めいただきやすい価格になっておりますのでぜひこの機会にご利用くださいませ!

皆様のご利用を心よりお待ちしております。


Category: MK KOREA, WIN&WIN, hoyt, キャンペーン・セール情報, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2018

11

06 Tue ~”初心者でも経験者でもアーチェリーができる”射場紹介 神奈川県・富岡総合運動公園~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

明日は立冬ですね。
この頃から、秋が極まり冬の気配が立ち始める時期だと言われております。
太陽の光が弱くなり、朝晩が冷えこむ日が増えていきます。
現在の日本では、まだ秋らしい天気が続き、紅葉の見ごろでもあるので冬の気配はまだまだのようです。

さて、今回は自然豊かな公園の中でアーチェリーを楽しむことのできる「富岡総合運動公園アーチェリー場」をご紹介いたします。

場所は、横浜市金沢区。海岸線を走るシーサイドライン「南部市場」駅から徒歩5分の山の上にあります。
マップ→「富岡総合運動公園アーチェリー場」(Google Map)

公園下には駐車場が完備されているので、車で来ても安心です。
10台は止められるのですが、イベントが重なるといっぱいになるので要注意!

射場は、最大90mまで行射が可能です。近射スペースも完備されています。
1レーンに8名、90~30mまで行射ができるので友だちと行ってそれぞれ別の距離を練習、なんてこともできちゃいますよ。

写真の通り、富岡総合運動公園アーチェリー場の大きさは神奈川1!といっても過言ではありません。

全国各地から記録をもとめて参加者が集まる「横浜市70・60・50mR記録会
ジュニア期キャデット期のアーチャーの登竜門「GAカップ関東予選会
関東の大学生のデビュー戦「関東学生アーチェリー連盟新人戦」や、春夏秋冬開催の「横浜市民大会」など
80名以上の選手が参加する大会も多く開催されています。

こんな大きな会場ですが、利用方法は簡単です。
長ーーーーい上り坂を登って射場についたら、管理事務所で受付を行います。
料金は1時間300円、練習終わりにまとめて精算になります。

大きな大会が多く行われている富岡総合運動公園アーチェリー場ですが、
初心者の方でもアーチェリーを体験することができますよ

第1・第3土曜日は体験教室が開催されており、専門スタッフの方が丁寧に教えてくださいます。
料金は¥800-とお手軽なので、アーチェリー気になるなぁという方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

私長網もたまに利用したり、大会に参加している射場なのでもしかしたらお会いできるかもしれませんね。

詳細につきましては、横浜市アーチェリー協会HPをご覧ください。
「横浜市アーチェリー協会とみどりの会」

また次回のブログをお楽しみに~


Category: アーチェリーの試合に出たい!観たい!, 射場紹介, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2018

11

02 Fri ~HOYT新製品実射しました!&11月祝日営業日のお知らせ~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店の長網です。

本日到着いたしました「FORMULA X」そして、「VELOS」
ご覧頂けましたでしょうか?「FORMULA X」のスレートは実射できるよう店内にご用意しております。
ゴールドは店内入って正面のハンドルがたくさん並んでいるディスプレイに展示しておりますので、
ご来店いただいた際にはぜひご覧になってください。

付属品や色の詳細については、卸担当清水友美のブログをご覧ください。
こちら→HOYT新商品を試射しました!

「FORMULA X」と「VELOS」を新宿店スタッフで実射してみました。
新宿店スタッフの貴重なリカーブ姿と一緒にレビューをどうぞ!

★★★★★★スタッフたちの射型の動画はこちらから★★★★★★


種部店長「弓がまっすぐ飛び出していくのが気持ち良い。アンカーに入ってから硬さが変わらない感覚。」


浅田「リムの収まりがいい。リム自体の重さも軽い。」


河本「ホイットにウッドコアのような硬さを求める人にはちょうどいいリム。」


長網「収まりがよく、いい意味でホイットぽくない射ち感。アンカーでガチっと硬くなるので安定感があります。ハンドルとの組み合わせも、とても静かでした。」


山本「収まりが非常に良いです。ハンドルの安定感とリムの収まりはこれまでのホイットの中で1番好みです。」

いかがでしたでしょうか?
スタッフのレビューをぜひ参考にしてみてくださいね。

●●●11月祝日営業日のお知らせ●●●
明日11月3日・11月23日は祝日のため、営業時間が【AM11:00~PM17:00】となっております。
ご来店の際にはご注意くださいませ。

また次回のブログをお楽しみに~


Category: 2019モデル紹介, hoyt, お知らせ, 商品レビュー, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2018

11

02 Fri HOYT新商品を試射しました!

はじめまして!

卸担当の清水です。ブログ初投稿です!
緊張しております。

HOYTの新製品「フォーミュラX」と「ヴェロス」を試射しました。

まずは見た目!
リムは、いつものHOYTに比べ、細くてスタイリッシュな印象でした。
見た目から速く返りそうな感じです。

ハンドルは、マットカラーの「ゴールド」と「スレート」がオフィスに届きました。
ゴールドは光の当たり方で見え方が変わり、室内より屋外のほうが明るく見えます。
スレートは噂の通り、ブルーっぽいグレーで、とてもかっこいいです!

付属品がたくさん入っていました。

いざ試射!

とても引きやすく、アンカリングが安定していました。
リリース後はリムの返りが速く、シュッとした感覚です。
振動も少ないので射ちやすいと感じました。

普段とは違う弓で射つのはとても楽しいですね。

私だけでは自信がないので他のスタッフの試射した感想もご紹介させていただきます。

「収まりが非常に良いです。ハンドルの安定感とリムの収まりはこれまでのホイットの中で1番好みです。」(山本)

「引きは心地よく固いのに、放したあとポンっと収まる感じで良かったです。」(土屋)

「適度な重量感がありしっくり来ました。リムはコシがあって返りが速いが、バタつきが少なく日本人アーチャーの好みに合いそうです。」(フィリップ)

私の言葉だけでは伝わらないこの感覚、
是非新宿店や全国のショップで試してみてください!


Category: 2019モデル紹介, hoyt, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

検 索


profile


recent entries

ONLINE
スタッフブログ

calendar

2018.Nov

«    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

recent entries

recent entries