2017

11

18 Sat ~リム選びのアレコレ<HOYT編>~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

11月18日、本日は「雪見だいふくの日」そして、「カスピ海ヨーグルトの日」というおいしい記念日!
「雪見だいふくの日」は、11(いい)と、雪見だいふくと付属の棒が18に見えることから制定されたそうです。
そして、「カスピ海ヨーグルトの日」は日本にカスピ海ヨーグルトをもたらした家森幸男教授と、製品化をしたフジッコが、
11月18日に純正種菌の頒布が100万人を超えたことを記念して本日11月18日を「カスピ海ヨーグルトの日」に制定したそうです。
寒い日といえば、コタツで雪見だいふく・・・情景が目に浮かびますね。
寒い日にぴったりの白いものの記念日の紹介でした。

さて、アーチェリーで白いものといえば「リム」!今は黒地のものも増えてきましたが、やはり王道は白地のリムではないでしょうか。
今回は11月競技用リム購入プラスキャンペーン開催中ということで、HOYTのリムについて特徴を紹介したいと思います。

HOYTとといえば、フォーミュラー規格・グランプリ規格ですよね。
フォーミュラー規格のリムは、リムの全長が長いことで引きやすく、安定したシューティングが実現できます。ただし、フォーミュラー規格のハンドルにしか使用できません。
そして、グランプリ規格ですが、こちらは他メーカーのハンドルと互換性があるため、WIN&WINやMKのハンドルとの組み合わせも楽しめます。

さて、リムの規格の説明が済んだところで、2018年も原稿モデルとして活躍する
【Xツアー】【カーボン840】のリムについて紹介します。

いかがでしたか?
競技用リムでも、フォームコア・ウッドコアそして、ホイット独自のバンブーコアとリムによって様々な特徴があります。
予算や体力、どのように射ちたいかなど1本目のリムや次のリムの購入の参考になれば幸いです。

次は、<MK編>をお届けします。
また次回のブログをお楽しみに~


Category: hoyt, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

18 Sat ~アーチェリーのインドア競技、何変える?サイトピン編~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

本日11月18日は埼玉県はらッパークにて第三回高柳杯兼SHIBUYAアカデミックカップの個人戦が開催され、静岡県掛川市では2018年ナショナルチーム選考会が行われています。
第三回高柳杯兼SHIBUYAアカデミックカップには明日1日限定のブースが出店されますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください!
ブース限定で、いつもよりお安くお買い求めいただける商品を多数ご用意させていただきましたので、この機会にぜひお買い求めくださいませ。

さて、ターゲット競技としては11月は殆どがシーズンオフになり、じわじわとインドアシーズンの開幕です。

皆様、インドアシーズンへの準備はお済みでしょうか?

インドア競技の紹介をいたしますと、
インドア競技(インドアターゲット)は、全種目(CP・RC・BB)全種別(成年・ジュニア・初心者)関係なく、体育館やアリーナなどの室内で18m先の的を、
2分3射×20回の合計60射(600点満点)を競う競技です。
的の大きさは40cm。大会によって異なりますが、40cm的・20cm×3の縦三つ目的を使用します。

インドア競技は、室内で行うため天候に左右されないので自分自身のフォームや道具の感覚などをチェックしたり、新しいことに挑戦するのに最適な競技です。
初心者の方でも出やすい試合ですので、初めての大会にするのもいいかもしれませんね。

さて、インドア競技でできる新しい挑戦としてすぐできることとして、【道具の変更】があります!
天候に左右されず、自分の感覚が研ぎ澄まされるので、試したいもの・変えてみたいものに挑戦するいい機会です。
今回は、スタッフおすすめの【サイトピン】を紹介いたしますので、気になったものがあれば、この機会にぜひお試しください!

さて、インドア競技の会場は、広いところだとアリーナや広めの体育館、武道館などで行われますが、狭い場所だと学校の体育館等で行われるため、
明るさが足りないことがあります。
もちろん、今まで通りのサイトピンでも射てますが、暗くて見えづらいな・・・という方は、【ファイバーサイトピン】に変更してみるのはいかがでしょうか。

このように、サイトピンひとつでもそれぞれ特徴があります。
ファイバーサイトピンは、インドア競技でもターゲット競技でも、フィールド競技でもどれにでもお使いいただける商品です。

インドアで使ってみたらよかったので、ターゲットでも使うようにしたらあたるようになった!などの事例もございますので、
ちょっとお試し・・・という感覚で挑戦してみてはいかがでしょうか?
サイトピンを変える時は元の位置を忘れないよう気をつけて、セッティングしてくださいね。

今回は【サイトピン】をご紹介いたしましたが、今後インドアシーズンにおススメの様々な商品を随時ご紹介する予定です。
また次回のブログをお楽しみに~


Category: 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

15 Wed ~絶対に緩まない!?ノッキングポイントの作り方~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

本日15日は、男の子は数え年で3歳と5歳、女の子は数え年で3歳と7歳の年に成長を祝って社寺に参詣する「七五三」が多く行われる日ですね。
「七五三」は【3歳は髪を伸ばす「髪直」、5歳は初めて袴をつける「袴着」、7歳は本仕立の着物と丸帯という大人の装いをする「帯解」】を祝うものです。
旧暦11月はその年の実りを神に感謝する月であり、旧暦15日は「何事をするのにも吉」といわれていることから、11月15日に行われるようになったそうです。
今では10月から11月の間に行われていますが、昔はこのような理由から11月15日に「七五三」が行われていたんですね。
15日は「何事をするのにも吉」ということで、今日一日いろいろなことに挑戦してみるのもいいかもしれません。

さて、そんなひとつの挑戦として「ノッキングポイント作り」なんていかがでしょうか。
練習や試合で取れたり、調整をしてつけなおしたり…ノッキングポイントがなければ矢もつがえられません。
アーチェリーのすべての競技、BB・RC・CPに必要なノッキングポイントをどのようにつけるのか、写真入りで紹介します。
うまくノッキングポイントが作れない方や、ノッキングポイントの作り方がいまいちわからない方は参考にしてみてくださいね。

まず用意するものはこちら!

ノッキングポイントに使用する糸は【B.C.Y ノック&ピープ サービング】がおすすめです。
摩擦にも強く、程よい太さで、伸びにくいのでノッキングポイントの作成に最適です。大体30cmほどの糸を二本切ります。

まずは、一番大事な位置決めです。
Tゲージをストリングに装着して、1/8と書いてある部分を手前にします。
レストにTゲージを乗せ、画像のように調整します。

1/8から1メモリ高い部分下のノッキングポイントの上部分になります。

印はストリングに1周書いた方が、作りやすいです。

巻き始めは、爪で印部分を抑えて糸がずれないようにします。
巻いていく方向は、下のノッキングポイントなら下リムの方向に、上のノッキングポイントを作るときは上リム方向に巻いていきます。
糸同士が重ならないように注意しながら、巻いていきます。
テンションをかけながら巻いていくのが、ゆるまないコツです。

ある程度巻けたら、固定する作業に移ります。
人差し指で、今まで巻いていたところを抑え、輪っかを整えます。
輪っかに今まで巻いていた糸を通します。このとき、巻いてある糸が緩まないように気をつけましょう
最後まで通したら、残っている短い糸を引っ張ります。
引っ張ることで輪っかが小さくなるので、たわまないように気をつけながら輪っかがなくなるまで引っ張ります。
引っ張ったら少し硬くなるので、ノッキングポイントの中央まで玉が来るようにさらに引っ張ります

中央部分まで玉が来たら、ストリングを切らないようにカッターで糸を切ります。
ライターであぶって固定するので1-1.5mmほど残しておきます。
切った部分をライターであぶります。この時、ストリングの横方向からライターを近づけると安全です。

同じように上のノッキングポイントをつけたら・・・

完成です!!!!

いかがでしたか?
意外と簡単にできるノッキングポイントづくりに挑戦してみてくださいね。

●新宿店からのおしらせ●
2017年11月19日(日)は、第三回高柳杯兼SHIBUYAアカデミックカップのブース出店のため臨時休業とさせていただきます。
ご利用の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。
21日(火)より、通常営業となります。

また次回のブログをお楽しみに~


Category: 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

14 Tue ~臨時休業のご案内~

第三回高柳杯兼SHIBUYAアカデミックカップ
要綱等は関東学生アーチェリー連盟HPをご覧ください。
第三回高柳杯兼SHIBUYAアカデミックカップ 実施要綱


Category: お知らせ, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

12 Sun ~アーチェリーの試合に出たい!観たい!<身体を冷やさない防寒対策編>~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

本日11月12日は全日本洋服協同連合会が1972年に制定した「洋服の日」です。 みなさん、衣替えはお済みでしょうか?
今年は暑くなったり、寒くなったりと衣替えのタイミングが難しかったように思います。 一昨日のように暖かい一日もあれば今日のように寒い一日もあったりと、服で調整しないと体調を崩してしまいますね。
体調を崩さないためには、バランスの良い食事はもちろんのこと、体温を下げないことが大切です。
一般的に体温が1度下がると免疫力が30%低下してしまうといわれています。 日常生活で体温を上げる手段としては、【筋肉をつけること】【身体を温める食事をとること】【重ね着をして体温を逃がさないこと】があります。
これらを行うことで体温が下がるのを防ぎ、動かしやすい身体つくり、けがのしにくい身体つくり、体調の崩れにくい身体つくりができます。

さて、今回はアーチェリーの試合や練習、観戦の時の身体を冷やさない防寒対策についてみなさんとシェアしていきたいと思います。

あくまでひとつの例ですので、参考になれば幸いです。

まず私長網の防寒対策を紹介します。
それぞれユニフォームを着る前提の紹介になっています。

私の防寒対策はこちら!

必須アイテムはなんといっても貼るカイロヒートテックです。

ヒートテックを重ねることで、身体から発する熱を逃がさないような気がします。
またカイロを貼って、汗をかくことでヒートテックが発熱してさらに暖かくなるというスパイラルになっています。 なるべく動きに干渉しない服装にしたいので、薄手でも暖かいヒートテックは重宝しています。
それでもまだ寒い時には、ベストを着たり、足元にカイロを追加します。 普段の試合や練習では、足元から冷えることが多いので、なるべく足元を冷やさないようにしています。 もちろん、取りかけやグリップがかじかむのを防ぐためにもポケットにカイロは欠かせません。 あとは、身体の内側から温めるためにあったかい飲み物を持って行っています。 あるのとないいのではかなり違うので、おススメです。

次からは 私とタイプが異なる2例を紹介します。

まずはこちら!

ヒートテックは同じですが、身体に貼るカイロ使わないそうです。 理由としては、暑い時にすぐ外せないから。
代わりに使っているのが、小さめのカイロ。これは、本人が試したところ大きめのカイロよりも小さめのカイロ2つの方が暖かかったからだそうです。
気になった方はぜひ試してくださいね。
また、寒くなったときにはスポーツ用のすべり止めのついた手袋を押し手側につけているそうです。 手袋は、押し手が冷えて辛い方にはおススメです。
ただ、すべり止めや、手袋の厚さがグリップに干渉するので自分に合ったものを選んでくださいね。

そして、最後はこちら!

撥水効果のあるボトムスにすることで、風も通しづらく快適にアーチェリーができるそうです。
元々寒がりでない方は、ボトムスを季節によって変えるのも一つの手段かもしれませんね。 また、こちらでもヒートテックは必須アイテムとなっています。
それでも寒い時はベストを着たり、暖かい飲み物を飲んだりと、身体の中心を冷やさないような対策をしています。

大体以上の3点の防寒対策がいちばん多いのではないでしょうか。
また、なんといっても体温を逃がさないアウターは必須なので、自分に合ったアウターを探してみてくださいね。

観戦される方にも使える防寒対策もあるので、試合の時、練習のとき、観戦の時の服装の参考にしていただけたら幸いです。

また次回のブログをお楽しみに~


Category: 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

12 Sun ~G5プライム2018新モデル~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

今日は一段と気温が下がって、マフラーやアウターが手放せない陽気ですね。
風も冷たいので、身体を冷やさないように、体調を崩さないようにしていきたいです。

さて、今回のブログはG5プライムから発表された2018年新モデルについて紹介します。
今回は競技用コンパウンドボウ1種類が発表されました。

【G5 プライム センタジーX1】

2018年モデルに登場した【センタジーX1】は、G5プライム独自のセンターバランスデザインスマートライザーテクノロジーの組み合わせにより、
これまでにないチューナビリティ(チューニングのしやすさ)と驚異的な高精度を実現した競技用コンパウンドボウです。

弓の中心にグリップを位置させるセンターグリップデザインにより、ドローイングからエイミング、ショットエクスキューション(伸び合い)を通して、弓を安定してホールディングすることができます
そのため、サイトのドットが的のセンターにスムーズにロックオンされ、エイミング時のドットの動きが小さくなります。
さらに、プライム独自のスワープデザインの82Xアルミ合金ハンドルに上下でサイズの異なるアシンメトリーデザインパラレルカムを搭載することで、シューティング時に上下のハンドルを均等に
しならせることを可能にしました。この結果、矢が発射される際のまっすぐなノックトラベル(ノックの軌跡)を実現しました。
これにより、従来よりさらにチューニングが簡単になりました。

□スピード(IBO):315fps
□カム:アシンメトリーパラレルカムシステム
□軸間距離:36インチ/39インチ
□ストリングハイト:7インチ
□本体重量:36インチ<1,903g>39インチ<1,948g>
□引き尺:36インチ<24.5-30インチ>39インチ<25.5-31インチ>
□ピークウェイト:30-40# 40-50# 50-60#
□カラー:上画像左から:タクティカルタン、リーコングレー、マルべック、ゴーストグリーン、サテンエメラルド、サテンティール、エレクトロオレンジ、エレクトロブルー、ブラッドレッド、サテンマゼンダ、ブラック
※画像以外にエレクトロティールがあります。

いかがでしたか?
今回はG5プライムから発表されたセンタジーX1の紹介でした。
弓の中心にグリップがあるものの、重心は下方向にあるというテクノロジーが詰まったモデルとなっています。
カラーバリエーションも豊富なので、絶妙な色合いが好きな方は候補にしてみてはいかがでしょうか。

また次回のブログをお楽しみに~


Category: 新商品、おすすめ, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

11 Sat ~ホイット2018モデル<新システムについて>~

みなさん、、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

本日11月11日はポッキーの日やプリッツの日、ちんあなごの日、煙突の日と縦に長いものの記念日になっていますが、
変わった記念日としてお隣中国で光棍節という「独身者の日」を祝う記念日があります。
独身者のことを光棍といい中国語で「つるつるの棒」という意味なのですが、11月11日はそれが4本立っているように見えることから、
1990年ごろから祝われるようになったそうです。最近では、独身者の購買意欲が経済効果としても期待されているようで、大手デパートでも
肖ったセールを行っているそうです。お得にお買いものができる記念日が増えるのはうれしいですよね。

そんな11月に新宿店では「競技用リム購入プラスキャンペーン」を実施中です。
競技用のリムをご購入いただいたお客様全員にお好きなストリングを1本プレゼント!ということで、これから本リム購入を考えている方、2本目のリムをお探しの方はぜひご利用くださいませ。
※詳細はプロショップブログをご覧ください。

さて、今回のブログは以前紹介した【ホイット2018新モデル】に新しく搭載された新システムの詳細情報を紹介します。
今まで搭載されていなかった新システムが多くありますので、今後の購入の際の手助けになれば幸いです。

まず最初は、全モデルに搭載されている【ZT(ゼロトルク)ハイパーカム】の紹介です。

従来のカムやケーブルシステムはカムの右側をケーブルが通る仕様だったため、トルクがかかりがちでした。
今回新搭載されたZT(ゼロトルク)ハイパーカムは、スプリットケーブルシステムを採用することで、カムの左右に均等に負荷がかかることで、バランスの良い、かつトルクのかかりづらいカムになりました。
また、ZT(ゼロトルク)ハイパーカムはホイット1番のハイレットオフ仕様のため、スピード感もありながらスムーズな引き心地を実現しました。
これは、今回発表されたターゲットモデルのすべてに搭載されています。

次は、ダブルXL(エクセル)に搭載されている【X-アクト(イグザクト)グリップ】とダブルXL・HYPER FORCE(ハイパーフォース)に搭載されている【ショックポッド】の紹介です。

X-アクトグリップはホイットの研究者たちが改良に改良を重ね開発した再現性の高いハンドプレースメントが可能になったグリップです。
従来品のグリップ幅や角度、形状などを見直し、さらに再現性の高いグリップを開発、搭載しました。
また、ハンドル下部に設けられた2対の4つの突起は、ショックポッドといい、振動減衰システムです。今までのダンパー類に比べ、発射音がかなり軽減されるようになりました。

最後に、【クワッドフレックスリム/バイアックスポケットシステム】です。

今回の新モデルは矢飛びやチューニングのしやすさに焦点を置いて開発されましたが、それを実現したのがこの二つのシステムです。
3/4インチ幅というパラレル系には初となるリムによってねじれに著しく強くなりました。
また、上下非対称の新しいバイアックスポケットシステムにより、クワッドフレックスリムを誤差なく、しっかりと固定することで、更なる耐久性をもたらしました。
上下非対称のバイアックスポケットシステムによって、下のリムポケットを上リムポケットよりもワイドにすることで、弓の重心を下に持って行き、
不安定なバランスであるトップヘビーになることを防いでいます。

以上4つの新システムが、2018モデルに搭載されています。
新宿店に新モデルが入荷いたしましたらまたお知らせするので、お楽しみに!

また次回のブログをお楽しみに~


Category: hoyt, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

09 Thu ~2017世界選手権@メキシコシティ お土産プレゼント~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

11月に入って、特に空気が寒くなってきましたね。
今日の風は「青北風」や、「高西風」というようです。昔の日本人は、同じ北風でもこのように言い方を変えて風情を楽しんでいたようですね。
夕方のことも「黄昏時」や「日暮れ時」、「日没」「夕暮れ」とか、太陽の沈む位置や空の様子で言い方を変えているのも日本語独特の表現ですよね。
改めて、日本語の面白さを感じました。

さて、ONLINE店でも2017世界選手権inメキシコのプレゼントキャンペーンが実施されていますが、新宿店でもプレゼントキャンペーンを実施いたします!

キャンペーンの内容はこちら!

キャンペーン期間:2017年11月24日~なくなり次第終了

交換条件:①SHIBUYAアーチェリー新宿店のショップカードにご登録いただいていること
②ショップカードの未使用分のポイントが10ポイント貯まっていること

今回は抽選ではなく【先着】でのプレゼントになるので、みなさんショップポイントを貯めてぜひ交換してくださいね。
欲しい方はぜひ24日にご来店ください!
まだご登録してない方もこの機会にぜひご登録くださいませ。新規登録についてはお気軽にスタッフまでお声掛けください。

下記の注意事項をよくお読みいただき、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
※今回のキャンペーンは、11/24よりご利用いただけます。お持ちのショップカードの未使用ポイントが10ポイント以上で交換可能となります。
※先着1名様のプレゼントとなっております。なくなり次第終了となります。ご了承ください。
※ノベルティとなりますので、破損・不良・不具合の保証がございません。交換などは致しかねます。
※新宿店限定のキャンペーンです。ONLINE店とはポイントが異なりますのでお気を付けください。

皆様のご来店お待ちしております!
また次回のブログをお楽しみに~


Category: 新宿店, 注目の記事, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

02 Thu ~レンタルコンパウンドキャンペーンはじまります~

みなさん、こんにちは
渋谷アーチェリー新宿店長網です。

10月31日・11月1日と全社一斉棚卸が終了し、本日11月2日より通常営業になりました。
本日2日より、商品の出荷・ご注文も可能となりました。皆様のご理解とご協力に心より感謝申し上げます。
今後とも渋谷アーチェリーをよろしくお願いいたします。

さて、11月になり、季節としては紅葉シーズン真っ只中ですが、11月には「立冬」という冬を感じさせる節目がございます。
今年の立冬は11月7日(火)。この時期は、昼夜の気温差が最も大きくなり、体調を崩しがちな時期です。
この「立冬」はそのような時期に体調を崩さないよう準備をする日といわれています。
これといって食べなければいけないものはないのですが、「」のものを食べると身体によいとされています。
かぼちゃ・ホウレンソウ・チンゲン菜・ネギ・にら・白菜・大根・生姜が、この時期の「旬」な食べ物ということで、
「鍋」や「餃子」がいちばん手軽かもしれませんね。

さて、渋谷アーチェリーの「」な話題といえばこの記事ではないでしょうか。
かなり多くの方から反響をいただいていましたが、本日レンタル情報解禁となりました!

対象:リカーブの経験がある方
期間:2017年11月2日(木)~12月24日(日)
レンタル期間:1か月ごとに更新 <最大3か月>
料金:保証金¥50,000- (保証金は返却時にお返しいたします。) ・ 別途レンタル料 ¥10,000-/月
特典:レンタルをご利用いただいた方限定で、ご自身のコンパウンドボウをご購入の際に、レンタル料の半額をディスカウントいたします。(現行モデルに限る)
<例)3か月レンタル→¥15,000-値引!>
内容:コンパウンドボウ、リリーサー、ケース、ピープサイト、レスト、スコープ

このような内容になっています!

希望される方はスタッフまでお気軽にお声掛けください。

後日レンタルコンパウンドの詳細内容を紹介いたしますのでお楽しみに!
そして、新宿店では「競技用リムプラスキャンペーン」を開催しています!ぜひご利用ください。

また次回のブログをお楽しみに~


Category: お知らせ, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

02 Thu WIN AND WINのコンパウンドカムの調整方法

みなさん、こんにちは。シューター島田です。

昨年から日本で発売されたウインのコンパウンドですが、

EZカムの調整方法について多くの質問を受けることが多くなったので、

説明書を作ってみました。最後の方にコンパウンドの調整のコツも少し書いてあるので、

ウインの弓じゃないんだよねー、と思った方もちょっとだけ読んでみてくださいね。

この説明書には基本的なセットアップでの調整方法を書いてあります。

メーカーでは下カムのドローストップを短いところにすると書いてありますが、(説明書にもそう書きました)

分からなくなったら、下のケーブルストップも上のリムストップも全部同じ数字でも大丈夫です。

そこで、タイミング調整を行ってみてください。

組み上がった状態だと、上カムが少し遅い状態になっています(上カムのリムストップがリムに貼ってある両面テープで接着されたクッションに当たるため)。

そのため、リムに貼ってあるクッションを外したい場合は、上カムのリムストップがガッツリ早く当たるチューニングをなるべく避けるようにして、下のケーブルストップがしっかりと当たっている状態を作り出してみてください。

ちなみにですが、島田の場合は、上リムストップ下ケーブルストップの数字は同じにしていて、リムストップがホンの少し遅れてリムに当たるようなチューニングになりました(※ファインチューニングの結果です)。

そう、カッコ書きですが※ファインチューニングの結果です。

チューニングの順番は飛ばしてはいけません。

まずは、出荷された弓を組み上げる1.セットアップ。

その次に弓と矢を合わせるいわゆる2.チューニング。

その後の身体と弓具を合わせる3.ファインチューニング。

この順番は必ず守って調整をしてみてくださいね!そして、ちゃんと何をいじったのかをメモをとっておきましょう!

その結果、島田はウインの弓は上カムが遅くするや、ドローレングスを少し長くするや、ノッキングポイントを低くするなど、島田の身体にあった調整方を見つけました。

みなさんがファインチューニングした結果も今度教えて下さいね☆

ウインのコンパウンドをお持ちで調整に疑問がある方は、島田までご連絡ください~


Category: WIN&WIN, シューター島田
Proshop Blog トップへ