2015

04

17 Fri 情報解禁!ホイットからミッドシーズンの新製品発表。

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

新学期が始まり、リーグ戦や新入部員の練習が開始した今、正にシーズンの始まりに感じるかと思います。
でも、冬に新製品を発表するアーチェリーメーカーにとっては既に「ミッドシーズン」です。
この時期に有力な新製品が発表されるのは極めて異例ですが、実は本日、ホイットから新たなハンドルが発表となりました!

名前はProdigy RX!


これだけでわかってしまったお客様もいらっしゃるのではと思いますが、プロディジーシリーズと、去年廃盤となったフォーミュラRXの特徴を一つのハンドルにまとめたような製品です。
(画像をクリックすると拡大されます)

プロディジーシリーズ(プロディジーとプロディジーXT)は、フォーミュラHPXで初めて採用された、ストレートに近い基本設計を搭載し、矢速とパワーを発揮しやすい構造となっています。それに対して、フォーミュラRXはホイットの創業者であるアール・ホイット氏により定められた、安定性と正確性を重視した基本設計を採用しています。
ゴールドメダリスト、マトリックス、GMXなど、数々の実績を残したハンドルのベースとなった「アール・ホイット・ジオメトリー」は今でも根強い人気を誇り、ホイットのスタッフ選手にも好きな方が多いです。

その数多くのシューターの声に応え、プロディジーRXが設計され、商品化しました。アール・ホイット・ジオメトリーを採用していますが、もちろんプロディジーシリーズの新機能である「バータチューンクリッカープレート」、「プロシリーズリムドゥェル」も健在で、オーソドックスな設計の弓でもプロディジーシリーズの調整機構が使用できるようになります。
実は先日のVersus MXシュートやアリゾナカップでは早速ブレイディ・エリソン選手が使用していました!

しばらく前に、ホイットに新製品の提案をしているとのことでエリソン選手から色々相談を受けましたが、今思うとこのプロディジーRXのことだったのかなと… (写真提供:Bowjunky.com)

プロディジーRXは1,179gと、プロディジーよりも少し重め(実物が届き次第実測データを公開しようと思います)。25”、27”バージョンあり、色ラインアップは他のモデルと同じ11色の予定です。

プロディジーRXは2週間以内出荷開始の予定だそうです。もちろん展示・在庫分を含めて注文させていただきましたので、今月末以降には新宿店にご来店いただければお見せできると思います!

更に、ニームの出張リポートでも紹介したFUSE Carbon X Taperスタビライザーも正式発表となりました。プロディジーRXと同じく近日中に出荷開始となるそうです!
新宿店にサンプルございますので、気になった方はスタッフにお声をお掛けください!(画像をクリックすると拡大できます)


Category: hoyt, 新商品、おすすめ, 海外, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2014

06

09 Mon PillaからDead CenterレンズとMaskが入荷

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

今日は珍しく、商品の紹介をさせていただきます。

今年からアーチェリー界で爆発的に普及し始めたPillaのシューティンググラス。以前からエリカ・ジョーンズさんなどの協力で、本当にアーチェリーに特化したレンズが出るとの噂をよく聞きました。そして今年のアウトドアシーズンが始まり、世界のトップアーチャーが次々と青いレンズを使い出した… そうです、この「青いレンズ」こそがアーチェリー専用に開発されたDead Centerシリーズです。

本日入荷しました、左からOutlaw X用、パンサー用、Outlaw X7用のDead Centerレンズ’。写真は全て35DCというアウトドア用のレンズです。同じDead Centerシリーズで60DCという曇りやインドアに適したレンズも存在していますが、今回は受注発注とさせていただきます。(ちなみにレンズ名の数字は光を通す割合を表しています。数字の高い方は明るく見え、曇りやインドアに使いやすく、低い方はアウトドア用です)

今までのPillaのレンズのほとんどは茶色~黄色系でした。かけてみると、視界が一気に暖色系に染まり、鮮明な赤や黄色の物がより目立つようになります。なぜそういう効果を狙ったかというと、Pillaは元々シューティングスポーツのメーカーであり、クレイ射撃用のグラスを製造しているからです。クレイ射撃の標的はオレンジなので、オレンジ系の色を目立つように調整しています。
もちろんアーチェリーの的の中心である赤~黄色も非常に見やすくなりますが、「アーチェリー専用」ではないですね。

一方、Dead Centerレンズをかけると、視界が青っぽく、寒色系に染まり、青や黄色が明るく見えます。逆に、茶色系のレンズで光っていた赤が沈み、黒っぽく見えます。

発表当時、赤が黒っぽくなっている図を見て「本当かなぁ…」と思いましたが…確かに黒っぽいです!これなら真ん中に集中して狙えそうですね。
また、メーカーのカタログに載っていた通り、少し斜めから見ても歪みなどが生じなく、相変わらずのPilla × Zeissクォリティーです。

そして、もう一つの入荷はエリカ・ジョーンズ使用モデルのMASKです!

通常のメガネみたいにフレームが付いているOutlawシリーズ、Pantherや560と違って、MASKはレンズに直接バンドを取り付け固定します。金属部分が一切ないので、非常に軽く感じます!(実際の重量は27.7グラムです)
今回入荷したのはパンサーと似た輪郭のMask MX 35DCです。頬に当たらないようの切り込みのため、日本人の顔にもピッタリフィットします!

ちなみにフィリップは「女性や細めの顔にフィットし易い」OutlawX7を使用。 特別細いとは思いませんが… すでに持っている10EDと使い分ける予定で早速60DCをゲットしました。次の練習で使用できるのが楽しみです!

以上、Pilla新作のご紹介でした。気になる方はぜひ新宿店へ足を運んでいただければと思います。お待ちしております!


Category: 新商品、おすすめ, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2014

02

14 Fri ~営業時間のお知らせ~

みなさん こんにちは

朝にブログやfacebookにも載せましたが、誠に勝手ながら

本日は雪の為営業時間を短縮させて頂きます。

新宿店は15:00までの営業となります。

ご来店を予定されていたお客様にはご迷惑お掛けいたしますが

何卒、宜しくお願いいたします。

新宿店スタッフ一同


Category: 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2013

11

22 Fri 江戸川インドアオープンへ

こんにちは!

アウトドアシーズンも、一区切りといったところで・・・

インドアシーズン到来ですね!!!

というわけで明日11月23日(土)~24日(日)にかけて行われる

『江戸川インドアオープン』に渋谷アーチェリーがブース出店いたします。

ご来店お待ち申し上げております!!!

なお新宿のお店も通常営業(11:00~19:00)しておりますので宜しくお願い申し上げます!



大きな地図で見る


Category: 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2013

11

01 Fri カルノスタビライザーテクニカルノート③

第三話 ~エクステンダーとサイドロッドは?~

今、売られているスタビライザーの多くは、センターロッド/サイドロッド/エクステンダー
全てに同じカーボンパイプを使用している機種が多いと思います。

でも実際の使われ方を見ると
センターロッドは一番長く、一番振動し、射った時のフィーリングに与える影響が一番強い、先端を地面につく場合もある。
サイドロッドは長さは短く、先にはウェイトしか付かない。
エクステンダーは、Vバー、センター、サイド 全てを支える土台。と、かなり異なります。

そのためカーボンパイプも同じ物ではなくそれぞれに適した専用のものを使いたいと考えました。

センターロッドは (第二話の繰り返しになります)長いので強さが必要、振動を逃がすことも必要、
それを満たした上で軽く。
サイドロッドは 短いし地面につくこともないので強さはセンターロッドほどは必要無い、軽さと振動を逃がす性能は必要。
エクステンダーは スタビ全体の基部になるので強さが重要、曲げに対してももちろん強く、ねじりに対しても強くないとサイドロッドがバタバタしてしまう。

こんな性能のカーボンパイプをそれぞれのロッドに使うのが理想だろうと思いました。

またエクステンダーはカーボンパイプの強さだけではなく、ブッシングも含めた全体の結合力を高める必要があります。
現行のSSスタビライザーにも使われている、両端のブッシングをカーボンパイプの中でアルミ合金製コネクティングロッドで連結する「DirectLink」構造を新しいスタビでも採用することとしました。

軽く硬いのコンセプトに合うよう、設計を大幅に見直し、より軽く、よりストレスが集まり易いところがなくなるように改良することにしました。

これで大まかな製品の“仕様”が固まりました。
試作に必要な詳細な設計図を描くことが出来ます。

そしてカーボンのパイプは、専用の設備を持った専門メーカーでないと作れません、
今回、厚さを途中で可変したり、センター/サイド/エクステンダーそれぞれに専用のパイプを用意したり、
軽さが求められたりといくつも新しいことを盛り込みます。それらに対応出来るメーカーを新たに探さないとなりません。
出来上がった設計図を持って、日本全国の中から探し出した5社のメーカーに実際に行ってみて話をしました。

日本はものを作るにはとても良い国で、こういった特殊な加工の専門メーカーでも探せば何社もあります。
その中から、アーチェリーに必要な性能・品質を実現してもらえるメーカーを探します。
そしてようやくこちらの要望に答えて頂けそうな会社を見つけることが出来ました!

—————————————————————-
第三話のものすごく短いまとめ
◇センター/サイド/エクステンダーそれぞれに適した専用のパイプを使う。
◇さらにエクステンダーは内部をアルミのロッドで接続し強化!
◇高性能なカーボンパイプを作れる専門メーカーの発掘。
—————————————————————-

〔次回 第四話~試作とテストはどうやるの?~ に続く。〕


Category: 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2013

06

04 Tue 6月のスタッフシフト

みなさん、こんにちは。

6月のスタッフシフトです。


Category: 新宿店シフト, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2012

12

11 Tue インドアワールドカップ in Singapore

皆様ご無沙汰しています、海外営業担当のフィリップです

いよいよインドアシーズン開幕しましたね!
国内の大会も今月に入ってから本格的に始まりましたが、実は海外のメジャー大会も開始しています!
11月のFace2Faceに続き、先週末はシンガポールにてインドアワールドカップの第一戦が開催されました。

アウトドアワールドカップと違って一般参加可能ですが、もちろん世界のトップアーチャーも数多く参加する大会です。
今年は24カ国から約200名が参加したそうです。
歴史の長いラスベガスシュートやニーム・ヨーロッパインドア(両方とも参加者が1000人を超える規模)にはまだまだ及びませんが、開催2年目にしては盛り上がっていますね

今年はフランス、オーストラリア、アメリカ、インドなどからトップ選手を含む参加者が多かったようです。もちろん去年の優勝者のReo Wilde選手(CP男子)やHsin選手(RC男子)も参加!

ランキングラウンド

RC男子 1位 CHANG Shu Chieh (台湾) 589 2位 KAMINSKI Jake (アメリカ) 584 3位 VALLADONT Jean-Charles (フランス) 584

RC女子 1位 SCHUH Berengere (フランス) 580 2位 BEZAULT Celine (フランス) 566 3位 BELOSLYUNTSEVA Victoriya (カザフスタン) 556

CP男子 1位 WILDE Reo (アメリカ) 594 2位 BOE Morten (ノルウェイ) 588 3位 WILDE Logan (アメリカ) 588

CP女子 1位 WENTZEL Danelle (南アフリカ) 575 2位 PAZ Amaya (フィリピン) 568 3位 ROUX Gerda (南アフリカ) 565

スイスのPatrizio Hofer選手。

Jake Kaminski選手はIonXを使用。準決勝でValladont選手に敗れ4位。

トーナメント

CP男子は兄弟対決!Reo Wilde選手Logan Wilde選手
つい先週行われたUtah Indoor Openでも同じ組み合わせになりLoganが優勝しましたが、今回はお兄さんの勝利となりました。
因みにLoganはULTIMA CPXSHIBUYA 29mmスコープを愛用!

RC男子 1位 VALLADONT Jean-Charles (フランス) 2位 TAN Silie SIN (シンガポール) 3位 DENIS Gankin (カザフスタン)

RC女子 1位 BEZAULT Celine (フランス) 2位 SCHUH Berengere (フランス) 3位 BELOSLYUNTSEVA Victoriya (カザフスタン)

CP男子 1位 WILDE Reo (アメリカ) 2位 WILDE Logan (アメリカ) 3位 BOE Morten (ノルウェイ)

CP女子 1位 WENTZEL Danelle (南アフリカ) 2位 ROUX Gerda (南アフリカ) 3位 CHESSE Joanna (フランス)

「一度国際大会で海外のトップ選手と腕比べしたい!」
と思っているお客様は是非来年のインドアワールドカップをご検討ください

3位のMorten Boe選手対Pat Coghlan選手(4位)


Category: 海外, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2012

10

18 Thu HOYT2013ラインナップ発表!②コンパウンド

またまたフィリップです。

ホイット2013年ラインナップの後半、コンパウンドの新商品をご紹介します!

ハンティングモデルのラインナップは下記の通りです。

※各モデルのアクセル間比率は写真と異なる場合がございます。

人気のカーボンシリーズは存続、新しいダンパー機構「エアショックス」が採用されます。
ダンパーがリムではなく、リムポケットに固定されているので、ダンパー使用でも矢速や的中に影響を及ぼさず、耐久性も改善!

引き尺の短い方にも使いやすく、スピードと安定性を両立させたスパイダー、スピード重視のスパイダーターボ、そして軽量の中級者向けのチャージャーが新発売となります!

そしてターゲットモデルにも新モデルが登場!

昨日の画像でヒントされていた、プロコンプ・エリートです。アクセル間は37と7/8”、引き尺24.5”、30~40ポンドからご利用できるターゲット向けのトップモデルです。プロコンプ・エリートXLのアクセル間は40 5/8”です。
ターゲットに最適なスペックと文句なしの格好いい姿で高い人気とたくさんのメダルを獲得するに違いありません!
レオ・ワイルドなどのトップアーチャーが愛用するヴァンテージ・エリートも もちろん存続です。

※コンテンダーエリート、ランページ、ヴェクターターボ、CRXは廃盤です。

コンパウンドラインナップの詳細は下記からダウンロードください!

ホイットコンパウンド2013年ラインナップ

リカーブラインナップはこちらを御覧ください:リンク

2013年カタログはこちらを御覧ください:リンク


Category: お知らせ, 新商品、おすすめ, 注目の記事, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2012

10

18 Thu HOYT2013ラインナップ発表!①リカーブ

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです

昨日も書いたとおり、本日は年に一度の重大な発表があります。

HOYTの2013年度ラインナップが公開されました!

渋谷アーチェリーでは例年通り、独自に日本語にまとめた資料を用意していますので、
下記のリンクからご自由にダウンロード、 印刷などいただけます。

リカーブ

下記の通りのラインナップになります!
2010年の発売以来たくさんのメダルを獲得したフォーミュラシリーズと 、従来通りのリム接合システムを採用しているグランプリシリーズにわかれて発表されています。

フォーミュラシリーズには数年ぶりのテックハンドル、ION-X(アイオンX)が登場!
また、フォーミュラエクセルPROハンドルが追加されました。フォーミュラエクセルと同じ構造ですが、色はアルマイトカラー、グリップやティラーボルトなどの部品が上級モデルと共通になりました。

リムのラインナップはF7、カーボン720とフォーミュラエクセルの3モデルになります。

※フォーミュラRXの27インチハンドル、F4リム、F3リム、F2リムは廃盤となります。

フォーミュラシリーズの詳細は下記からダウンロードください!


フォーミュラシリーズ2013年ラインナップ

グランプリシリーズには待望の新作リム、F7グランプリが登場!
フォーミュラシリーズで大好評のF7リムの高いパフォーマンスをGMXなどのグランプリハンドルでも楽しめるようになります。

フォーミュラエクセルPROと同様に、グランプリシリーズに中級モデル「ホライズンPRO」ができました。

※990TXリム、550カーボンリム、ZR330リムは廃盤となります。

グランプリシリーズの詳細は下記からダウンロードください!


グランプリシリーズ2013年ラインナップ

コンパウンドラインナップはこちらを御覧ください:リンク

2013年カタログはこちらを御覧ください:リンク


Category: お知らせ, 新商品、おすすめ, 注目の記事, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2012

10

18 Thu ホイットSales Conference速報が続々!

おはようございます、海外営業担当のフィリップです

今日も朝からFacebookなどがホイットの話題で盛り上がっています!
日本を含む世界共通の正式発表は本日の15時ですが、写真などは幾つか公開されたので紹介させていただきます!

本日のSales Conferenceにはロンドンオリンピックで大活躍したアメリカ男子チームが出席したらしく、リカーブだけでなくコンパウンドの新作にも興味津々だったとのこと。

上の写真は言うまでもなくBrady Ellison選手ですが、試し引きしているのは今年のホイット最速モデルのSpyder Turboです。
2012年度のヴェクター・ターボーと同様に、リフレックスきつめのスピードボウですね。

そしてリムから浮いている黄色い物体!
新ダンパー機構のAir Shox(エアー・ショックス)です。
ダンパーはアルファショックスのようにリムに挟まれているのではなく、リムポケットに固定されているので、矢速とチューニングに影響を及ぼさず、耐久性も従来品より高い、とのことです。

因みにコンパウンドの新モデルに関してはホイットの公式Youtubeページに紹介のビデオが上がっていますので、ご興味のある方は是非御覧ください!(画像クリックで再生)

PRO COMP ELITE (最上級の競技用モデル)

YouTube Preview Image

SPYDER (パラレルリムの万能モデル)

YouTube Preview Image

CHARGER (低重量の中級モデル)

YouTube Preview Image

そしてリカーブラインナップには注目の新ハンドルが登場!

フォーミュラシリーズに数年ぶりのテックハンドル、ION-Xが登場。

簡単に言うと、HPXにテックが付いたような構造です。
もちろんHPXも、RXも健在です。

GMXなどの、従来型ハンドルをご使用の方も見捨てられていません!
従来型リム接合システムは「グランプリシリーズ」と名付けられ、F7リムがこのシリーズにも対応となります!

スペックなどの詳細は 15時に正式に発表しますので、お楽しみに!


Category: 新商品、おすすめ, 注目の記事, 過去ログ
Proshop Blog トップへ