2017

07

07 Fri ~Kowa製新スコープTSN-500シリーズ予約販売開始~

みなさん、こんにちは
渋谷アーチェリー新宿店長網です。

7月3日よりKowaより新スコープ 【TSN-500シリーズ】が販売されます。
本日より予約開始、14日より販売開始となりますのでご注意ください。

Kowaは全日本アーチェリー連盟のオフィシャルスポンサーであり、【TSN-601スポッティングスコープセット】はナショナルチーム使用モデルとしてご存じの方が多いのではないでしょうか。
そんな【TNS-601】よりも軽量かつ低価格のモデルが販売されます!

今回販売開始となった【TSN-500シリーズ】と【TSN-601】を比較してみるとこんな感じです。

性能としては40倍の倍率があるので、70m先の的もはっきり見えますよ。視界もかなり明るく、クリアです。
アイピース付きで3万円以下のスコープというのは魅力的ですよね。

【TSN-601】と【TSN-500シリーズ】を実際に比べてみると、かなり軽くて小さいので、
選手の持ち運び・使用については【TSN-500シリーズ】がおススメです。

コーチや後方での観戦目的で使用する際には【TSN-601】の方が倍率があるので(60倍)、【TSN-601】がおススメですよ。

修理対応などのアフターケアが充実しており、保証も1年間あります。
また防水対応になっておりますので、雨の日の試合でも安心して使えますね。

同時発売として、選手の撮影に最適なiphone7用のケース【TSN-IP7】も発売されました。

(手前からTSN-IP7・IP6・IP4S、TSN-501、TSN-601)

これで、新宿店にて取り扱っているKowa製のスポッティングスコープは【TSN-601】【TSN-500シリーズiphone4-7対応撮影アダプター【TSN-IPシリーズ】となりました。

【TSN-500シリーズ】は本日より予約開始・販売開始は14日からとなりますので、気になる方はスタッフまでお声掛けください。
また、店内にサンプルが展示してありますので、ぜひのぞいてみてくださいね。

さて、今回新シリーズのスコープの販売を記念して、新宿店限定で12月末までお得なキャンペーンを行っています!

店内にて詳細をご案内しておりますので、ご来店の際に見てみてくださいね。

アルティマⅡが最大2名様に当たるサマーキャンペーンを本日7月7日から7月30日まで開催してます!
たくさんの応募お待ちしてます!詳細は前回のブログをご覧ください~→【サマーキャンペーンのお知らせ】

また次回のブログでお会いしましょう~


Category: 新商品、おすすめ, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

07

05 Wed フレックス製ダクロンストリング

みなさん、こんにちは!

渋谷アーチェリー新宿店の古畑です。
若干久しぶりのブログですが・・・

気がつけば梅雨はどこへやら、夏のような暑さが続いていますね!

昨日は台風が来たり、夏ももうそろそろ終わりかな?という 気分になってしまっていますが、

みなさん熱中症には今から十分にお気を付けください

さて、今回はダクロンストリングについてのお知らせです。

この度、シブヤ ダクロンストリングからフレックス製ダクロンストリングに切り替わります。
サイズ展開は
70、68、66、64、62、54 の6種類で、今までのようにフォーミュラ用などの細かいサイズ分けが無くなりました。
一般的なダクロンと比較して、伸ばしやすく(強く伸ばせば3インチ以上伸びます!)幅広く対応できるためです。

パッケージはこんな感じです↑↑

ダクロンストリングご使用のみなさんから多くご相談いただいたストリングハイトについて、

調整方法と注意点をまとめました!

ストリングハイトが狭い場合】

ストリングハイトが狭い場合は、上↑の写真のように、上のループはリムに掛けたまま、下のループを持って・・・

下リム側から見て時計回りにねじります

【ストリングハイトが広い場合】

逆に、ストリングハイトが広い場合は、上↑の写真のようにベアボウ状態で弦を張り、ハンドルを下に向けて

グイーっとリムを押し、ストリングを伸ばします。かなり伸びます。

ハイトを微調整する場合は、一度弦をはずし、上のループは掛けたまま、下のループを持って

下リム側から見て反時計回りにねじってください。

【注意点】

・シブヤダクロンと比べて簡単に伸ばすことができますので、伸ばしすぎにご注意ください。

・シブヤダクロンと弦の回転方向とサービングの巻き方向が逆になっていますのでご注意ください。

・完全に回転数が0の状態から、最低10回はねじってご使用ください。

ダクロンストリングの場合、完全に回転数が0の状態から60回程度までならねじっても問題ありません。

・センターサービングがわずかに太くなったため、イーストン ピンノック Sサイズでの使用は困難です。

その他、ご不明な点等ありましたら、お気軽にスタッフへご相談ください!

次回のブログをお楽しみに~


Category: お知らせ, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2017

06

30 Fri ~イーストンマイクロフレックススタビライザー~

みなさん、こんにちは

渋谷アーチェリー新宿店
長網です。

イーストンマイクロフレックススタビライザーが新宿店に入荷しました!

カラーはシルバー・ブルー・レッドの3色展開になっています。
今までのA/Cスタビライザーやコンツアーなどのシンプルなデザインから一新して、ペンキの擦れたようなワイルドなカラーリングです。

重さは、軽いと評判の高い カルノスタビライザーの109.5g(28インチ)と比較しても125g(27インチ)と、軽めの設計になっています。

ウェイトは付属していないので付属の変換ネジを使用して、イーストンウェイトをつけるのがおすすめです!

軽量で、程よい硬さなので、リカーブにもコンパウンドにも使えますよ。

衝撃吸収材が入っているので、振動の収まりがよく、ハイモジュラスカーボン設計のため風にも強い特徴があります。

サイドロッド(10インチ・12インチ)もありますので、ぜひご検討ください。

また次回のブログでお会いしましょう~!


Category: Easton, お知らせ, 入荷情報, 新商品、おすすめ, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

06

28 Wed ~エンゼルクィーバー在庫はじめました~

みなさん、こんにちは!
渋谷アーチェリー新宿店長網です。

「エンゼルクィーバーがその日中に欲しい!」
そんな声にお応えして、新宿店にてエンゼルクィ―バー(一部商品)の在庫をはじめました!
※バッククィーバー・名前入りクィーバー、3色以外のクィーバーにつきましては在庫がございませんのでご注意ください。

ベースカラーは赤・黒・青の3色、それぞれライン・レースカラーは白になっています。
ベルトとのセット販売になっていますので、すぐに使うことができますよ。

人気商品のため在庫切れにより、ご希望の色のクィーバーのご用意ができない場合がございます。
再入荷情報などはスタッフまで気軽にお声掛けください。

また次回のブログをお楽しみに~!


Category: お知らせ, 新商品、おすすめ, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

06

23 Fri ~ラストチャンス デジタルボウスケール~

みなさん、こんにちは!
渋谷アーチェリー新宿店の長網です。

今月新商品として入荷いたしましたラストチャンスのデジタルボウスケールの使い方について紹介したいと思います。

外見はデカットのボウスケールと同じようにボタン一つのシンプルなデザインになっています。


大きさはデカットのボウスケールのほうが1cmほど大きいです

重さはデカット:186.1g ラストチャンス:76.6gと、ラストチャンスはかなり軽量のボウスケールになっています。

価格もデカットが¥9800、ラストチャンスが¥5500となっていますので、一つボウケースの中に入れておくのに手を出しやすい価格ですね。

使い方としては、ホールディング時のポンドの計測・ピーク時のポンドの計測2つがあります。
簡単に測り方を紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

<ホールディング時のポンドの計測方法>

①電源ボタンを押し、【0.00】になったことを確認してください。そして、右下に表記されている単位が【lb】になっていることを確認します。
②コンパウンドの場合は、親指が下に来るように持ち、リカーブの場合は親指が内側に来るように持つと引きやすいです。
③5秒程度計測したいところでホールディングし引き戻すと、左側に【Hold】の文字と数値が表示されます。
④計測完了!
※0.00のままになる場合は、ホールディングが安定していない場合があります。もう一度お試しいただくか、誰かに画面を見ていただいてください

<ピーク時のポンドの計測方法>

①電源ボタンを押し、【0.00】になったことを確認してください。そして、右下に表記されている単位が【lb】になっていることを確認します。
②電源ボタンを長押しすると【P-ON】の文字が表示されます。
③左上に【PEAK】が表示されたことを確認します。
④コンパウンドの場合は、親指が下に来るように持ち、リカーブの場合は親指が内側に来るように持つと引きやすいです。
⑤計測したいところまで引き、引き戻すと左側に【PEAK】の文字と数値が表示されます。
⑥計測完了!

使用後はボタンを押して、電源を切ることを忘れずに・・・

※注意※
ボウスケールを使用する際は、必ず安全な方向に向かって使用するようにしてください。
ボウスケールを手から離さないようお気を付けください。


新宿店にて取り扱っておりますので、お求めの際はスタッフまでお気軽にお声掛けください!
また次回のブログをお楽しみに~


Category: 新商品、おすすめ, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

06

17 Sat MK XR スタビライザーご紹介!

はじめての投稿になります。

新宿店スタッフ 本間です。

今回はMK KOREA から届きました新しいスタビライザーMK XRの紹介です!


メタリックな感じがかっこいい!写真はチタンカラーです。
細身のスタビライザーになっていますが持ってみると意外と重量感があります。

実際に重さを量ってみると

28インチ 約181.5g /12インチ 約90.5g /5インチ  約69.3g

同じMK KOREAのMKジェネレーションⅠスタビライザーが28インチで約145.2gなので約36gほど重くなってます。細くて重量感のあるスタビは風に強く、天候に左右されにくいので点数の上下差を小さくしたい方にはおススメです!


店内近射での感覚としては…

音はやわらかくスタビは硬く!

バシッと飛び出していくなかに、優しく振動を吸収してくれる不思議な感じです。

おそらく質の良いカーボンをたっぷり肉厚で使っているのではないでしょうか?

既に世界のトップアーチャーにも好評頂いているとの噂です~

そんな強く優しいMK XRスタビライザー!新宿店で試し射ちできます!

~ぜひ一度、体感してみてください~


Category: MK KOREA, お知らせ, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2017

06

08 Thu シャーウッド ループストリンガー

みなさん、こんにちは。

以前投稿した記事を最新の記事風にアップし直します☆笑

今日はシャーウッドから新しく出た「ループストリンガー」をご紹介いたします。


(シャーウッド ループストリンガー ¥1,200-税抜き 色見本はこちらと一緒です)

今までのシャーウッドストリンガーは、リムチップの大きさに合わせて、上リム用のレザーが2種類のタイプが有りましたが、

このループタイプはチップが大きい小さいのどちらでもご使用可能です。

レザーのところがループに変わり、ループの下からストリングを掛けるタイプになりました。


(高負荷が掛かっても切れない丈夫なロープ)

詳しくはこちら↓の説明書をご覧ください。

(とーーーーーっても分かりやすい説明書)

実際に使っている動画を撮ってみましたので、ご覧下さい。


Category: お知らせ, シューター島田, 入荷情報, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2017

01

12 Thu ATAトレードショー!

インディアナポリスからこんにちは、海外営業担当のフィリップです。

今年は久々にATA(Archery Trade Association)のトレードショーに来ています。アーチェリー業界最大の見本市で新発見がいっぱい!今年はもちろん、先日日本でもやっとお見せできたアルティマIIサイトを初披露しに来ました。おかげ様で好評で、新色のオレンジもかなり人気が出そうです!

ATAトレードショーはアーチェリーのみのトレードショーですが、アメリカではアーチャーのほとんどがハンティングしているので大半が狩猟道具です。迷彩柄の服、木に取り付ける椅子、鹿肉ジャーキー調味料… 会場の奥から鳥の鳴き声(おびき寄せるための偽物)が聞こえてきます。

でももちろん、シブヤと同様に新製品を展示しているターゲットメーカーもいます。その中でいくつか新製品を紹介させていただきます。

先日ONLINEの山本からもお伝えしましたEXOドインカーを実際に触ってきました。見た目はAボムに近いですが、実は外側のシェルがかなり硬い樹脂でできています。(メーカーのFacebookで、金属にぶつけても割れない動画がアップされています)その両端からつながって、硬さの異なるゴムダンパーが2個入っていて、目ねじの役割をも果たすスチールの心材が詰め込まれています。因みに心材も2つに分かれていました。
コンセプトとしては、振動吸収性能が優れているAボムと、多数のウェイトをつけても負けないスプリームの間を取った感じだそうです。名前の由来は、虫などの外骨格(Exoskeleton)だそうです!
見た目も格好いいうえ、振動吸収もよさそうなので期待できる商品だと思います。
サンプルをいただきましたので、気になった方は来週から新宿店で 手に取ってみてください。

TRUBallのブースでフルクラムフレックスを触ってきました。薬指と(4Fの場合)小指が角度調整可能なフルクラムの進化版。メカニズムはどんな感じかなと気になっていましたが、いたってシンプルでセットスクリュー1個で止まります。

主力商品になると思いますので、既に在庫分を発注してあります。来月辺りに入荷するのではと思いますので、気になった方はぜひご相談ください。

因みにフルクラムの開発にかかわったジェシー・ブロードウォーター選手もATAにいらしていたので、マシューズの担当者の協力を得て、ブロードウォーター選手が今後使う予定のTRXの紹介動画を撮らせていただきました!次のブログ更新に合わせてアップしようと思いますのでお楽しみに!

ATAは基本的にメーカーと代理店の商談の場ですので、試合はもちろんありませんが、ブロードウォーター選手のようにメーカーの宣伝塔として何人か参加しています。TRUのブースにて、オリンピック銀メダルのブレディー・エリソン選手、ザック・ギャレット選手、ジェイク・カミンスキー選手がサイン会をしていました。サイン入りポスターを何枚かいただきましたので、もしかしたらお客様も手に入れる機会があるかもしれません…!

最後に一枚、自慢させてください。

ワールドアーチェリーのブースで、リオオリンピックの聖火リレーに使われていた聖火トーチを持たせていただきました!重量がかなりあって、持ちながら走るのが大変そうですが、感動しました。(目の下が…今回の時差ぼけが中々辛いです)


Category: 新商品、おすすめ, 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2017

01

05 Thu アルティマⅡRCサイト発表!!

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします!

皆様の楽しいアーチェリーライフをしっかりサポートできるようスタッフ一同頑張ります!!

新宿店は本日より通常営業しております。

皆さまのご来店をお待ちしております。

あっという間に新年が始まりましたね!初射ちはされましたか?

わたくし村田は今週末、射ちに行ってきます

さて、タイトルにどーんと書きましたが

アルティマⅡRCサイトが発表されました!!

詳細はこちら→ 【渋谷アーチェリー PRODUCT アルティマⅡRCサイト紹介ページ】

多くのアーチャーから高い評価を得ているアルティマサイトがより進化しました
従来のアルティマサイトの218gから204gへと軽量化し、振動をより軽減する設計となっています
また、左右調整部分に目盛りが刻印され、正確な調整が可能!
その他にもサイトピンを固定する機構の改良など、洗練されたモデルとして生まれ変わったアルティマⅡRCサイト

詳細はアルティマⅡサイト紹介ページをご覧ください!

新宿店では明日1月6日から商品を展示します!

ご来店の際はぜひお手に取ってご覧ください


Category: お知らせ, 入荷情報, 新商品、おすすめ, 新宿店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2016

12

15 Thu HOYT2017 FORMULA X-TOUR比較テスト

こんにちは、浅田です。今回はHOYTの新モデルを数日かけて、距離において旧モデルとの比較テストを行った結果をご報告させて頂きます!

まず各リムの比較テストは、ホイットフォーミュラFAKTOR(ファクター)ハンドルのH25(ロングハンドル)にX-TOUR(エックスツアー)リムのフォームコアカーボンリムとバンブーコアカーボンリム、 QUATTRO(クアトロ)リムのフォームコアカーボンリムとウッドコアカーボンリムの計4モデル(全てM38#=68インチ38ポンド)を装着して、距離でのシューティングを行って比較しました。
テストの際は自前のイーストン・デジタルボウスケールにて毎回5回計測して、最大と最小を排除した3回の平均を全てのリムで誤差0.1#まで揃えて、それぞれアラインメント調整(ハンドル・リムのセンターショットを合わせる作業)を行い、実質ポンド・ティラー差・ストリングハイト・アラインメント・矢のセンターショット・ノッキングハイトをぴったり揃えて比較しました。←素引きのトレーニングを何十回も行う様なものだったので、テストした日の翌々日まで筋肉痛に苦しみました(ToT)

重量比較≫ ※今回使用したリムの上下ペアでの実測値です。

モデル名 エックスツアー  (フォームコア) エックスツアー  (バンブーコア) クアトロ     (フォームコア) クアトロ     (ウッドコア)
重量(g) 410.1g 413.5g 399.5g 425.2g

テストの内容ですが、各モデルにて3m、18m、30m、50m、70mをそれぞれ2~5エンド行射して、各距離においてシューティングした全ての矢が上下差9点の範囲内に収まったサイト位置とグルーピングを記録しました。
上記の内容を1日で全て行い、トップ選手ではない一般SHIBUYA社員レベルの浅田が行うので、本当に間違いない結果か確認するために、週をまたいで2日かけて行いました。←幸いな事に結果は全く同じでした(^^;

そのテスト結果としましては、まず最もサイト幅が狭かったのはエックスツアー(バンブー)でした。反対に最もサイト幅が広かったのは、(バンブー以外の3モデルは全て僅差ながら)エックスツアー(フォーム)でした。

次に距離でのシューティングの感覚ですが、近射でのファーストインプレッションと同様に、距離でも最もリムの直進性が高く、飛び出しのフィーリングが良く、発射音が小さかったのはエックスツアー(バンブー)でした。

そして、多くの方にとって一番気になる情報だと思われる、最もグルーピングが小さかったのはエックスツアー(バンブー)だった事をご報告します! エックスツアー(バンブー)はクアトロ(ウッド)より明らかに引きが軟らかく、エイミング中にクリッカーを切る際の感覚もかなり容易で切りやすく感じました。
にもかかわらず、左右のグルーピング幅が他モデルより狭かったので、おそらく竹に抱いているイメージの通り、リムがシャープにまっすぐ返るため、少々甘い射ち方をしても左右に外れにくかったのだと思います。そのためバンブーコアは従来のウッドコアだと奥が硬すぎるという理由で抵抗感のあった方や、フォームコアだとリムの返る感覚がソフトで物足りなかった方にもおすすめできるリムだと思いました。

もう一本の新モデル、エックスツアー(フォーム)はクアトロ(フォーム)と同様に他メーカーの同じポンドのリムと比較した際に「えっ、これ本当に同じポンドなの!?」と疑ってしまう程の驚異的にスムーズなドローイングの感覚を継承しながら、クアトロ(フォーム)より安定感が増したモデルです。ただ、安定感が増した代償として、僅かながら引きが硬く感じ、エイミング中にクリッカーを切る際の感覚もわずかに硬く感じる様になりましたが、10g以上の重量増にもかかわらず、スピードはほとんど変わりませんでした。

以上です。HOYTの新モデルが次の購入リムの選択肢に入っている方や、これから初めてカーボンリムを購入する新人の方の参考になりましたら幸いです。ご興味を持たれた方は渋谷アーチェリー/新宿店にて絶賛展示中ですので、ぜひ実際にご覧になって頂いたり実射して頂いて、フルモデルチェンジによって進化したHOYT2017モデルの感覚を実感して下さい!スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。


Category: hoyt, 新商品、おすすめ
Proshop Blog トップへ