2017

01

20 Fri ニームヨーロッパインドアより

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。
先日ご報告したATAトレードショーが行われたインディアナポリスとは反対側のフランスに来ています。今年も行われます、インドアワールドカップ第3戦のニームヨーロッパインドア大会。
例年通り前日から現地入りしてブース設営してきました。11年目の僕にとってはおなじみの会場、今年も見応えあります!こちらは第2ホールで、一部の競技とブース会場になります。もう一つのホールでは主にリカーブの競技と日曜日に行われるファイナルの会場になります。

今年も50社近くのアーチェリーメーカーがブースを出しています。ATAで出店していないフレックス、ガスプロなどヨーロッパのターゲット向けのメーカーの新製品を見つけるチャンスなので楽しみですね。
そしてブース設営が終わったあと、ニームのアーチェリークラブに行ってきました!こちらは毎年無料で練習場が公開され、多くのトップアーチャーで賑わっています。今年は韓国からの参加選手がほぼ全員いらっしゃいました。オリンピックメダリストのク・ボンチャン選手、オー・ジンヘク選手、ブレディー・エリゾン選手、ジャンシャルル・ヴァラドン選手をはじめ、錚々たるメンバーとインフォーマルな雰囲気でふれあえます。

言うまでもなく、韓国の選手は大注目を浴び、現地のファンが依頼したら快く集合写真を撮らせてくれました。

クラブの入り口にはジャンシャルル・ヴァラドン選手の銀メダルを祝うポスターが貼ってありました。本人は練習を5時頃に切り上げ、モンペリエ市でのテレビ番組収録に向かいました。アーチェリー大国のフランスではやはり全国的に人気が出ているようで嬉しいですね!

明日は午後から第1部の予選が行われます。ブースも大会も様子をお届けしますのでよろしくお願いします!


Category: 海外
Proshop Blog トップへ

2017

01

12 Thu ATAトレードショー!

インディアナポリスからこんにちは、海外営業担当のフィリップです。

今年は久々にATA(Archery Trade Association)のトレードショーに来ています。アーチェリー業界最大の見本市で新発見がいっぱい!今年はもちろん、先日日本でもやっとお見せできたアルティマIIサイトを初披露しに来ました。おかげ様で好評で、新色のオレンジもかなり人気が出そうです!

ATAトレードショーはアーチェリーのみのトレードショーですが、アメリカではアーチャーのほとんどがハンティングしているので大半が狩猟道具です。迷彩柄の服、木に取り付ける椅子、鹿肉ジャーキー調味料… 会場の奥から鳥の鳴き声(おびき寄せるための偽物)が聞こえてきます。

でももちろん、シブヤと同様に新製品を展示しているターゲットメーカーもいます。その中でいくつか新製品を紹介させていただきます。

先日ONLINEの山本からもお伝えしましたEXOドインカーを実際に触ってきました。見た目はAボムに近いですが、実は外側のシェルがかなり硬い樹脂でできています。(メーカーのFacebookで、金属にぶつけても割れない動画がアップされています)その両端からつながって、硬さの異なるゴムダンパーが2個入っていて、目ねじの役割をも果たすスチールの心材が詰め込まれています。因みに心材も2つに分かれていました。
コンセプトとしては、振動吸収性能が優れているAボムと、多数のウェイトをつけても負けないスプリームの間を取った感じだそうです。名前の由来は、虫などの外骨格(Exoskeleton)だそうです!
見た目も格好いいうえ、振動吸収もよさそうなので期待できる商品だと思います。
サンプルをいただきましたので、気になった方は来週から新宿店で 手に取ってみてください。

TRUBallのブースでフルクラムフレックスを触ってきました。薬指と(4Fの場合)小指が角度調整可能なフルクラムの進化版。メカニズムはどんな感じかなと気になっていましたが、いたってシンプルでセットスクリュー1個で止まります。

主力商品になると思いますので、既に在庫分を発注してあります。来月辺りに入荷するのではと思いますので、気になった方はぜひご相談ください。

因みにフルクラムの開発にかかわったジェシー・ブロードウォーター選手もATAにいらしていたので、マシューズの担当者の協力を得て、ブロードウォーター選手が今後使う予定のTRXの紹介動画を撮らせていただきました!次のブログ更新に合わせてアップしようと思いますのでお楽しみに!

ATAは基本的にメーカーと代理店の商談の場ですので、試合はもちろんありませんが、ブロードウォーター選手のようにメーカーの宣伝塔として何人か参加しています。TRUのブースにて、オリンピック銀メダルのブレディー・エリソン選手、ザック・ギャレット選手、ジェイク・カミンスキー選手がサイン会をしていました。サイン入りポスターを何枚かいただきましたので、もしかしたらお客様も手に入れる機会があるかもしれません…!

最後に一枚、自慢させてください。

ワールドアーチェリーのブースで、リオオリンピックの聖火リレーに使われていた聖火トーチを持たせていただきました!重量がかなりあって、持ちながら走るのが大変そうですが、感動しました。(目の下が…今回の時差ぼけが中々辛いです)


Category: 新商品、おすすめ, 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

11

17 Thu ご来店頂きました!

こんにちは、海外営業担当のフィリップです。
と、言いながら、実は仕入れの業務も多く任せていただいています。

日々海外メーカーの担当者とメールなどで連絡を取り合っていますが、冬の海外出張以外ではほとんど顔を合わせることがありません。
しかし、たまにはメーカーの方が来日し、渋谷アーチェリーに顔を出すこともあります!
今週はFIVICSの担当者のキムさんが、フィリピン出張の帰りに立ち寄ってくれました。

FIVICSはセーカータブの発売から、僕が入社する少し前から(因みに今年10年め!速いですね…)正規代理店として取引しています。当時の「タブ屋さん」は今や世界的大手のアーチェリーメーカーに成長しました。タブはオリンピックなどでも愛用者が世界最大のブランドで、スタビライザーやダンパーなどもとても有名ですね!

2017年の商品カタログのサンプル(皆様にお見せできる物は12月に出来上がるそうです) を見せていただいたり、日本の市場について相談したり、色々参考になる話を聞かせていただきました。新製品発表が楽しみですね。

キムさんは僕と同じ海外営業を担当しているので、ニームなどのブース出展でも会っていますが、ご来店頂くのは初めてでした。新宿店の立地と品揃えをとても気に入っていただいたようでした。次は韓国でお会いできたらと思います!


Category: 新宿店, 海外
Proshop Blog トップへ

2016

10

25 Tue HOYT2017年度新モデル コンパウンド編

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

リカーブに続いて、Hoytの2017年度コンパウンド新モデルをご紹介します!
日本の市場だとどうしてもリカーブが目立ってしまいます…が、CPシューターとして僕もやはりコンパウンドの新作が楽しみですね!
(ハイパーエッジに変えたばかりで気に入っていますので、無くなったらどうしよう、という気持ちもありましたが、無くなりません!2017年もハイパーエッジで頑張れます!)

今年のターゲット最上級モデルはプリベイルシリーズです!「勝ち抜く」、「圧倒する」という力強いネーミングですね。

プリベイルはポディウムXエリートの後継モデルですが、軸間40”、37”モデルと別に、リフレックスの強いFXモデルも正式にシリーズ入りしています。

カムは同じく刷新され、GTXカムの後継モデル「X3」、スパイラルプロの後継モデル「SVX」になります。
SVXはスパイラルプロと同様にモジュールを交換して引き尺調整可能です。そして今までと違って、ご購入の弓に全サイズのモジュールが付いてきます!お客様も、販売店も助かる変更ですね…
レットオフは65%のみで、壁の硬さはドローストップを変えて調整できます!

X3カムはGTXカムの後継モデルです。モジュールをスライドさせ引き尺調整できますので、 リカーブから転向して引き尺が安定していない方にもおすすめできます。また、壁はSVXより少し柔らかめです。
ドローストップを外すことでレットオフの調整も可能です。

プリベイルシリーズのスペックは下記の通りです。

重量は4.8ポンド=2,177gと少し重めです。バランスが上手く取れればそこまで気にならないかもしれませんが、重めの弓が好みのお客様はご注意が必要かもしれません。

プリベイルFXは引き尺が23”からで、リーチが短めの方でも充分使えます。スピードも327fpsと速い方です!

リムダンパーはエアーショックから、ハイパーエッジと同様な「リムショックス」に変更。ケーブルガードはポディウムと同様に調整可能です。
また、下ポケットの少し上に新しいスタビライザーブッシングが設けられています。ロアーロッドの角度がずれることを防ぐ新しい機構が採用されていますが、まだ写真が無いので追ってご報告します…

ポディウムシリーズで好評だったグリッププレートももちろん健在です、シリーズ入りしたFXには初めての搭載ですね。

カラーラインアップはほぼ変更無しです。ブラウンがなくならなくてよかった…と思っています!

ホイットは早速世界のトップアーチャーを工場に呼び、発表会を手伝ってもらったそうです。僕も行きたかった…

さて、残すはハンティングモデルのみ。後ほどアップします!


Category: hoyt, 新商品、おすすめ, 注目の記事, 海外
Proshop Blog トップへ

2016

07

08 Fri 思わぬ来店者!

こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

先日ワールドカップアンタリア大会会場にて、日本のアニメ作品が大好きな選手を発見しました!

渋谷アーチェリーのインスタグラムに写真をアップしましたので、ご覧になっているお客様もいらっしゃるかと思います…

このアニメタトゥーの持ち主はイタリアのトニオーリ選手です。現在世界ランキング11位で、世界選手権やワールドカップで数多くのメダルを獲得しているCPトップ選手です。

写真を撮った日から3週間。店内カメラのモニターを見たシューター島田が突然言ってきました。「カウンターの前にトニオーリ選手みたいな人いますよ」。

画面を見ると確かに。派手な色のショートカットにタトゥーの腕… トニオーリ選手に見えました。

まさか、と思いながら新宿店のカウンターへ。

いました!トニオーリ選手!

ハネムーンで近くに来ていたので、新宿店に顔を出してくれたようです。三鷹の森ジブリ美術館がリニューアル中で行けなかったことをとても寂しそうに語ってました…

以前もフランスのナショナルチームブレディー・エリソン選手などにご来店頂いたこともありますが、やはりわざわざ来てくれると嬉しいですね。

渋谷アーチェリー新宿店でいつ海外のトップ選手 に会うかわかりませんので、お気軽にご来店ください♪


Category: 新宿店, 海外
Proshop Blog トップへ

2016

06

19 Sun アンタリアワールドカップ、遂に最終日

おはようございます、アンタリアのフィリップです。
いよいよ最終日です。本日はリカーブの決勝戦が行われます!またインスタでお届けしたいと思いますのでよろしくお願いします。

昨日は午前中は練習会場で主にリカーブの選手、午後はコンパウンドのミックス戦、個人決勝を見てきました。相変わらずの晴天で気温が40度を超え、陽射しが強い… 黒い靴を履いたら痛いほど熱くなり、ソールが剥がれるのではと思いました。

image

ワールドアーチェリーの写真や動画で何度も見た決勝会場の裏側に入れた!感動的な瞬間でした。あのカメラクレーンの裏側、こんな感じになってるんだ、とか、あの車をどうやって台に乗せてるんだろう、とか色々と興味深かったのです。

image

競技の結果に関しては、WA のホームページからも確認できますが、やはり個人的には先日も書いたブーデン選手の銅メダルが印象に残っています… 中学生の頃からサポートしてきた彼がマイク・シュルッサー選手を破って表彰台に立つと涙が出そうでした。「親バカ」というやつですかね(笑)

image

あとは何と言っても、トルコの活躍!メダルを取ったことが無いとの事でしたが、今回は男子の金・銀、そして女子の銅メダル獲得!

image

そしてサラ・ロペス選手の優勝(ミックスも個人も)で、今年全ステージ優勝という偉業が達成。レオ・ワイルド選手に続いて、史上2人目だそうです!

image

先日のオリンピック予選で、取材の合間に弓具調査も行いましたが、面白いと思った点をいくつか紹介したいと思います。

① 弓は相変わらずホイットが多いですね。やはり長年培ってきた信頼の表れでしょう。最近は韓国の選手もホイットを使用したりしますが、オリンピック最終予選で特に多かったアジアや東ヨーロッパの選手にも愛されていますね。割合はホイット5:WIN3:ハンドルがホイットでリムがWIN1:MKとFIVICS1という感じでした。
また、面白いのが、男子の方にWIN使用者が多かったこと。女子は圧倒的にホイットが多かったのが印象的でした。
あくまでもオリンピック最終予選の個人戦の数なので、全体とは傾向が違うかもしれません。が、既に枠を獲得しているトップの国と違って、提供されていない選手が多いので、ある意味素直という気もします。

② サイトピンは圧倒的にごく普通な丸いタイプが多い!僕も練習中にロシアの選手に声をかけられ、サイトに付属するシブヤサイトピンがないかと聞かれました。(幸いいつも持ち歩いている修理キットに一本入っていました)
次に多いのはバイターやスピギャのような四角いタイプ。そのうち4分の1ほどはファイバーを使用。最近発売されたFIVICSのカラーサイトピンやタイタンのリカーブスコープサイトピンの使用者も数人見かけました!

③ 約100名の選手がいる中、スーパーレストが4名、旧式の金属レストが4名、残りは全てアルティマリカーブレスト… 売れている実感はあったものの、オリンピック出場を目指す選手にもこれほどご使用頂いていることを見て感謝しかありません。ありがとうございます…

さて、本日はリカーブ決勝戦の取材を頑張ってきます。陽射しにやられないよう気をつけます!またインスタグラムやツイッターで速報を上げさせて頂きますのでよろしくお願いします!


Category: 大会情報、結果, 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

06

17 Fri ワールドカップ&オリンピック予選

こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

実は現在、トルコのアンタリア市におります!毎年恒例のアーチェリーワールドカップに加え、実はリオオリンピックの最終予選も行われています! アーチェリー競技の出場枠を獲得するのは今大会が最後のチャンス。男子の方ではまだ個人1人分の枠が確保出来ていない日本代表にとっては大事な大会です。 火曜日の夜に出発し、昨日(水曜日)の朝に現地入り。空港で偶然会ったアメリカの協会関係者と同行しましたが、行き先がホテルではなく、会場に直行!同じ大陸を跨ぐ長距離移動で疲れているはずなのに、流石なパワーです。同じくオリンピック予選のためにいらしていたグレッグ・イーストン会長とワールドアーチェリー服局長トム・ディーレンさんと一緒にスリーショット!身長差…

というわけでホテルのチェックインもせず、早速挨拶回りと観戦!実は今回ブース出店がなく、選手のサポートと交流、そして大会の取材がメインの出張です。 渋谷アーチェリーのインスタグラムやツイッターで更新していますので、ぜひチェックしてください! 個人的に一番嬉しい選手の活躍は中学生の頃からサポートしてきたドマゴイ・ブーデン選手!3位決定戦進出だけでなく、ワールドカップファイナルの出場まで決めてくれました!素晴らしい成長ぶりで感動しました…

会場で挨拶(英語できないため本当に挨拶だけ)もできたキ・ボベ選手ですが、残念ながらエリミネーションで敗退し、決勝戦へ進出できませんでした… でもオリンピックの出場はもう決定していますので頑張って欲しいですね。実は彼女のために特別に作った非売品のシブヤ製品を渡してあるんですが…わかりますか?)

そして肝心なオリンピック予選。#6シードの日本は#11のイギリスと対戦。シードも順位は低いものの、力の差はなく、強い対戦相手です。 一日よく方向が変化する、読みづらい風が吹いて、午前の個人戦でもかなり荒れていました。そしてオリンピック予選もそう。隣でやっていたメキシコ(普段はかなり強いチーム)が呆気なくカナダに敗れる。

そして日本も苦闘が強いられました… 1セット目では48点、イギリスが49点でギリギリセットポイントを獲得。しかし、2セット目は日本が53:48で勝ちセットタイへ!残念ながら、そのあと48、47と低めの点数が続き、まさかの初戦敗退に…
どうせなら日本を倒してしまったイギリスに勝ってほしい!そう思いましたが、残念ながら彼らの出場も実現出来ませんでした。日本と同じく、男子は個人1人の出場に。そして同様に、ドイツの男女、アメリカ女子、フランス女子などの強豪チームも次々と敗退。会場が歓喜と涙でいっぱいに…

最終的に、団体枠を獲得したのは

男子
マレーシア
フランス
インドネシア

女子
ウクライナ
イタリア
台湾(チャイニーズ台北)でした。

オリンピックの枠取り大会の観戦は初めてだったので、取れなかった選手のショック、取れた選手の喜ぶ姿がとても印象的でした。

明日は個人の出場枠がかかっています。
見応え充分な試合、楽しみにしています!


Category: 大会情報、結果, 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

02

25 Thu 【新宿店】ベガスのお土産プレゼント!

みなさん、こんにちは。

明日26日から、ベガスのお土産(Tシャツ)をプレゼントします!!

(船便でベガスから送ったので遅くなってしまいました…………嘘です)

新宿店にご来店頂き、合計5000円以上の新宿店にある商品をお買い物をされた方が対象です!!

Tシャツが欲しい方は、「ブログ見ました」とレジスタッフまで声をかけて頂き、続けて合言葉をお伝え下さい。

合言葉は次の問題の答えです。

問題「2016ベガスシュートでセルジオ・パニ選手はDay1 Day2 Day3の合計点数は何点だったか?」の答えを教えて下さい。

合言葉が正解した方で先着5名様にTシャツをプレゼントします。(サイズの希望に添えないことがございます)

Tシャツが終了してしまっても、ちょっとした粗品(リオオリンピックのバッジ)をプレゼントしますので、買い物をして合言葉を言ってくださいね☆

皆さんのご来店をお待ちしております。


Category: 新宿店, 注目の記事, 海外
Proshop Blog トップへ

2016

02

03 Wed 世界一周の旅④ ベガスシュート

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。少し遅くなりましたが、世界一周の旅の最終回をアップさせていただきます!本日はビル・マレー主演の映画「恋はデジャ・ブ」(おすすめ!)で有名なグラウンドホッグ・デイ。ジリスが檻から顔を出して自分の影を見ると、冬があと6週間続くという占いの行事です。

毎年恒例のベガスシュートに行ってきました。

今年は50回めとのことで、いつもに増して主催者が気に入っていたようで、会場のカジノホテルがアーチェリー色に染まっていました。エレベーターのドアまで!

試合前日、トップ選手のスティーブ・アンダーソン選手、リンダ・オチョア選手と練習会を開き、射ち方やチューニングのヒントを頂きました。

今年は参加者数がなんと3000人を超え、CP男子の賞金が50周年に合わせ5万ドルになっていました!そのプレッシャーのせいか、いつもより満点を達成できた選手が少し少なかったような気がします… 初日は34人、最終日に残ったのがたった5人と異例の状況でした。

そして899点をマークした選手が敗者復活戦で「ラッキードッグ」と呼ばれるシュートダウンの最後の出場者を決定!シュートオフの末、現インドア世界チャンピオンのセルジオ・パ二選手がラッキードッグを掴みました。

そしていざ、ベガスシュート名物のシュートオフ!出場者は3度の優勝経験を誇るチャンス・ボウボフ選手、レオ・ワイルド選手の弟であるローガン・ワイルド選手、アーチェリーラーニングセンターで有名なジョージ・ライアルズ選手、若手のジャスティン・ハナ選手、イラン出身のレザ・ザマニネジャド選手、そしてラッキードッグのセルジオ・パ二選手!

パ二選手がシブヤ使用選手であることもあり、スポンサー席から応援しました。

今年はいつもと違って、最初からインナーテンのシュートオフ。一エンド目が終了し、会場がざわつきました。もしかして…?

そうです。敗者復活戦で出場を決めたセルジオ・パ二選手だけが30点を決め、1エンド目で優勝を決定!ラッキードッグが優勝するのも初めてであり、観客席から大きな歓声が上がりました!

そして、実はシブヤ使用選手が優勝するのも初めてで、僕も今までにないくらい嬉しく心臓がバクバクしていました!しかも、僕が入社してすぐの最初の出張で、最初に知り合って最初にスポンサーを決めた選手で、9年間の長い付き合いで本当に大切な選手なので、改めて海外営業の仕事にやりがいを感じる瞬間でした。

そうして2016年度ベガスシュートと、3週間の海外出張が幕を閉じ、現在成田空港に向かって移動しています。日本に帰り皆さんに会えるのが楽しみの反面、次に海外の大会が見られて選手たちに会えるのが来年になると思うと甘酸っぱい気分です。

また来年、海外の大会から色々と報告させていただきますのでよろしくお願いします!


Category: 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

01

26 Tue 明日からラスベガスに行ってきます。

みなさん、こんにちは。

シューター島田です。

明日からベガスシュートに行ってきます。
新宿店は種部・島田。
ONLINEから山本が参加します!

50周年記念大会を渋谷アーチェリースタッフで盛り上げてきます☆

新宿店では、コンパウンドの調整などは吉島・木村が行いますので、ご安心ください。
念のため、お店に一回ご連絡いただければ嬉しいです。

ベガスシュートに初挑戦する方へ、パッと思いつく程度のアドバイスを
2年前のフィリップのfacebookから引用してご紹介します。

→ インドア用シューズは不要。

→ 的は適当に貼ります。1マット4枚(マルチと同様)で、毎日半分(5エンド)で上下が入れ替わる。的紙はトライアングル。

→ 上下の射つ順番は下的に張っている人が先に射ちます(2014,2015はそうでした)

→ マットの下から床までは40cmぐらいしか無いので、気をつけないと下の的がえらい低く付いちゃう…早めに行って、下の的を少し高めに貼るといい。

→ 1エンド2分です(2年前から短くなった、ベテランの方もご注意!)

→ 夜は肌寒くなるので軽めの上着を持っていったほうがいい。

→ カジノやるなら(ほどほどに!)ホテルのクラブカード作ればポイントが貯まってて便利。

→ 「How are you doing」はただの挨拶でまともな返事は不要。「Fine、how are you?」で返すのがベスト

→ South Pointからメインのカジノホテル街まではタクシーで、20ドルほど(もっとだったかも?)かかるので、3,4人で行ったほうがお得。

→ お酒を頼む際(場合によってはレストランに入っただけでも)は本人確認されるので、パスポートは常に持ち歩くといい。コピーを取ってホテルに残すとよりいいかも。

※アメリカの入国審査で突然別室へ連行されることがあります。僕は約10回アメリカに行き、フィリップは1回やったことがあります。
理由は教えてくれませんし、そのまま結構長く(45分ぐらい?)放置される(された)。
これは完全にランダムな調査で、結局は面接で「アメリカに住み着く意思はあるのか」とか「帰りのチケットは取ってあるのか」と聞かれるだけですぐ開放されるので、
万が一どなたか連行されたらあせらずについて行って、冷静に聞かれたことを答えたほうがベスト。

って感じです!!
ご参考までに!!


Category: お知らせ, シューター島田, 新宿店, 海外
Proshop Blog トップへ

検 索


profile


recent entries

ONLINE
スタッフブログ

calendar

2018.Sep

«    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

recent entries

recent entries