2021

12

02 Thu ~アウトレットセール第2弾、絶賛開催中‼~

みなさんこんにちは。渋谷アーチェリー世田谷店です。

世田谷店では今週も引き続きアウトレットセールを絶賛開催中です‼

第2弾はHOYTやMKのハンドル、リムの生産終了モデルや外観上の訳あり商品などをラインナップ‼
リムの買い替えを検討している方や初めての弓セッ揃えようとしている方も要チェック。
サイズや強さが合えば超お買い得かも。

スタビライザーなどのアクセサリー類の生産終了品、展示品など100円~1000円均一コーナーも追加しました。
何があるかは来て見てのお楽しみ、掘り出し物があるかもしれませんよ!

購入相談をご希望のお客様は下記リンクからご来店ご予約いただくとお待ちいただかずにスムーズです!
渋谷アーチェリー世田谷店 ご来店予約ページ

アウトレットコーナーは期間ごとに商品を入れ換えて行きますので、ぜひチェックしにご来店ください!
第3弾:12月15日(水)~12月26日(日)

週末は渋谷アーチェリー世田谷店へGO!!


Category: 2019モデル紹介, 2020年モデル紹介, 2021年モデル, Easton, MATHEWS, MK KOREA, OUTLET, PICK UP, hoyt, お知らせ, キャンペーン・セール情報, 世田谷店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2021

11

14 Sun ~HOYTインヴィクタに新色登場!~

みなさんこんにちは。渋谷アーチェリー世田谷店です。

大物選手の移籍で熱いHOYTですが、2022年新色が発表されました。今夏の世界選手権やワールドカップファイナルで表彰台を独占した感のあるHOYTのターゲットコンパウンドボウのフラッグシップモデル【インヴィクタ】に、グリーン系の「ウィルダーネス」と茶褐色系の「バックスキン」が加わりました。

ウィルダーネスとバックスキン


HOYT独自のシュートスルーデザインとテックブリッジの組み合わせで、他の追随を許さない剛性の高さとバランスの良さを誇る【インヴィクタ】はシリアスなコンパウンドアーチャーに支持されています。

クリス・シャフ選手(写真提供WA)

表彰台への二つの道
【インヴィクタ】はあなたのシューティングのスタイルに合わせて、ハードコア競技アーチャー向けのSVXカムとスピードと引きやすさのバランスが取れたDCXカムの2種類のカムオプションから選べます。どちらのカムも世界選手権やワールドカップの表彰台の常連です。

SVXカム
レットオフ率:65%
数々の世界記録やゴールドメダル獲得に貢献してきたスパイラルカムの遺伝子を受け継ぐハイパフォーマンスカム。スムーズなドローイングとソリッドなウォール(引き切った時のカムが止まる感覚)が特徴。ドローストップペグのポジションを変えることで、ホールディングの感覚をカスタマイズ可能です。

SVXカム

DCXカム
レットオフ率:65%、75%(レットオフを変更するためには別途モジュールの購入が必要です)
回転式モジュールによって簡単に引尺調整ができるので初~中級者も安心。引きやすさとホールディング時に戻されにくい設計で「射ちやすさ」を重視したカムです。

DCXカム

サイズ(軸間距離)のオプション
体格に合わせて軸間距離40インチの【インヴィクタ40】と軸間距離37インチの【インヴィクタ37】の2サイズから選べます。引尺が29インチ以上のアーチャーには【インヴィクタ40】、引き尺が28インチ以下のアーチャーには【インヴィクタ37】がおすすめです。

カラーバリエーション
アルマイトカラー:【チャンピオンシップレッド】【ジェットブラック】【スレート】【コバルト】
ペイントカラー:【ライトニングホワイト】【ピッチブラック】【ウィルダーネス】【バックスキン】
*カラー名をクリックするとハンドルカラーがご覧いただけます。

【HOYT コンパウンドボウ】のご予約・お問い合わせは SHIBUYA ARCHERY ONLINEもしくは渋谷アーチェリー世田谷店まで!


Category: 2022年モデル, CP Training Lab., SHIBUYAアーチェリー, hoyt, お知らせ, 世田谷店, 商品レビュー
Proshop Blog トップへ

2021

11

04 Thu ~あのジェシー・ブロードウォーター選手が
HOYTに復帰!

みなさんこんにちは!
渋谷アーチェリー世田谷店です。

2022年シーズンに向けて、あのジェシー・ブロードウォーター選手が5年ぶりにHOYTと契約したというニュースがSNSで話題になっています。
「あのジェシー・ブロードウォーター選手」と言っても、この5年くらいはアメリカ国内の3D競技を中心に活動していたため、最近コンパウンドを始めた方にはあまり馴染みがない名前かもしれませんね。実は、世界最大級のインドアトーナメント「ベガスシュート」優勝、WAのターゲットとフィールドの両方の世界選手権で何度も表彰台に立ったことのある伝説的なトップシューターです。5年前にブロードウォーター選手がHOYTからマシューズへ電撃移籍した際には、多くのコンパウンドアーチャーが驚くとともに釣られてマシューズに買い換えるという現象も起きたくらいです。

ジェシー・ブロードウォーター選手の主な成績
2020年ベガスシュート 準優勝
2014年世界フィールド選手権クロアチア大会 優勝
2012年世界フィールド選手権フランス大会 優勝
2012年ベガスシュート 優勝
2011年世界ターゲット選手権イタリア大会 準優勝
2009年世界室内選手権ポーランド大会
2006年ベガスシュート 優勝
2002年ベガスシュート 優勝

2022年シーズンにHOYTの契約選手にカムバックするということで、ブロードウォーター選手が選んだ弓は
【インヴィクタ37 SVXカムモデル】です。
HOYT独自の左右非対称シュートスルー構造とテックデザインが特徴のモデルで、9月に行われた世界選手権やワールドカップで表彰台を独占しているのと同機種ですね。

ブロードウォーター選手によると、【HOYT インヴィクタ37】は以前HOYT時代に使っていたモデルとカムのデザインやバランスなど基本設計の点で大きな違いはないので違和感がなく、実際に10射して「この弓で行ける」と確信したそうです。

以前と異なる点としてリムのアングルが変わった(パラレル系に近づいた)点とカムがドローストップのポジションでウォールのフィーリングがカスタマイズできるようになっている点をあげていて、どちらもブロードウォーター選手にとって良い変化だと評価しています。リムのアングルに関しては、HOYTポディウムエリート40という軸間距離40インチのモデルをストリングとケーブルを短くして38インチくらいの軸間距離に「カスタマイズ」して使用していたそうなので、HOYTのデザインがブロードウォーター選手の理想に追いついたと言えるかもしれません。

HOYTインヴィクタ37

【HOYTインヴィクタ37SVXカム】の仕様
■軸間距離:37-1/4インチ
■カム:SVXカム
■レットオフ:65%
■ストリングハイト:7インチ
■スピード:330FPS
■引き尺:23.5-25.5インチ(#1) 26-27インチ(#2) 27.5-28.5インチ(#3)
■ピークウエイト:30-40ポンド 40-50ポンド 50-60ポンド
■本体重量:2,132グラム
■カラー:ジェットブラック、コバルトブルー、スレート、ピッチブラック、ホワイトライトニング、ウィルダーネス、バックスキン

HOYTインヴィクタのご注文はSHIBUYAアーチェリーONLINE、もしくは渋谷アーチェリー世田谷店まで。
世田谷店ではインヴィクタ40SVXカム(50-60ポンド/28.5インチ)とインヴィクタ37DCXカム(40-50ポンド/24.5-26インチ)の試射も体験できます。
試射をご希望の方は下記のリンクからご予約をお願いします。
渋谷アーチェリー世田谷店WEB予約サイト


Category: 2022年モデル, SHIBUYAアーチェリー, hoyt, お知らせ, 世田谷店, 注目の記事, 海外
Proshop Blog トップへ

2021

10

25 Mon ~コンパウンドボウの選び方のポイント

みなさんこんにちは。
渋谷アーチェリー世田谷店の種部です。

コンパウンドボウを選ぶ時に最も重要な要素のひとつがカムではないでしょうか。カムのサイズや構造によって引き尺が決まるので、自分に合ったサイズのものを選ぶのはもちろんですが、カムのデザインによってドローイングのフィーリングやエイミング中の安定感が異なるので、自分の射ち方や体力に合わせて選ぶことが快適なアーチェリーライフの鍵です。

例えばPSEのニューモデル、スープラRTXにはSEカムとEMカムの2種類が用意されています。SEカムはスムーズなドローイングとスピードのバランスが取れたカムで、インナーカムに設けられたドローストップパーツを調節することでレットオフ率を65%、70%、75%(別売のハイレットオフモジュールと交換すると80%、85%、90%)の三段階に切り替えられるのでホールディング時のカムが戻ろうとするトルクをハードにしたり、楽な感じにしたり自分の好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。

EMカムは短い引き尺でも十分なパワーが引き出せるよう設計されたカムです。カムの引き起こしはSEカムに比べて固い感じがしますが、引き尺が短いアーチャーにとってはそれほど気にならないくらいの変化かもしれないので、スピードが速いというアドバンテージが大きいと思います。ここで引き尺が長い・短いという分岐点は28インチが目安です。

コンパウンドボウのスピードについて注意しなければならないのは、カタログの数値は60ポンドとか70ポンドの弓を30インチの引尺で発射した時のものであるという点です。スピードは引尺に大きく左右され、長いほど矢を長く加速しているので当然スピードは速くなります。さらにカムの引尺設定によってもスピードが変わり、引尺調整モジュールを装備したカムでは、引尺設定が短くなるほどスピードが遅くなります。引尺が短いアーチャーにとってはカムの効率は大きなポイントになると思います。

SEカム


EMカム

私は引きやすさを重視しているので、スープラフォーカスもサイテーションもSEカムを選びました。若くて練習量も多かったころはホイットのスパイラルXカムのようなスピード系のカムを使用していたこともありますが、10年くらい前に全日本フィールド選手権の予選のきつい射ち上げのポストで引き戻されてMを射ってから、引きやすさ重視のカムを選ぶようになりました。

引きやすさを考えるときに、私が重視しているのは引き始め(カムの回り始め)がきつくないことと、カムが止まる直前の強さの変化が緩やかであることです。引き始めがきついと姿勢が崩れたり、腕に余計な力が入りやすかったりするので、毎回同じフォーム、同じ力のかけ方で弓を引き分けることが難しくなります。また、カムが止まる直前に弓の強さが急激に落ちると、カムが回りきった時に勢い余って押手や引手がぶれるので、アンカーリングやサイトが的に納まるのに余計な時間がかかってしまう恐れがあります。

スピード系のSVXカム


アメリカのトップシューターの多くが重視しているのが、ホールディング時のカムのトルクです。彼らはレットオフ率が低く(=ホールディングウエイトがあまり落ちない)カムが戻ろうとするトルクが強いものを選ぶ傾向があります。その方がしっかりテンションをかけてホールディングできるのでサイトの動きを小さくコントロールしやすいと言えます。また、伸び合いが甘いと戻されそうになり、ちゃんとホールディングできているかどうかカムが教えてくれるので、ミスショットを防ぐことができるという点が選ばれるポイントです。

デイブ・カズンズ選手はプライムの弓を使用していた時にカスタムメイドのドローストップを取り付けてレットオフ率を下げて使用していましたし、レオ・ワイルド選手やベガスシュート2連覇中のカイル・ダグラス選手はホールディングウエイトが25ポンド以上もあるようです。

レットオフ率に関連することでもう一つ重要なポイントが、ホールディング時にカムが戻ろうとするトルクの大きさです。前述のスパイラル系のカムは実は引きやすさの二つの条件をほぼ満たしているのですが、全体的に負荷が大きく、とくにホールディング時にカムが戻ろうとするトルクが大きいのです。カムが戻ろうとするトルクについては、単純にレットオフ率では比較できません。カタログ上ではレットオフ率が同じでも、カムのデザインによってバレーの幅が短いものとそうでないものがあるのです。同じ75%レットオフでもマシューズのTRXシリーズのC3XカムとHOYTのDCXカムでは、戻ろうとするトルクの感じは異なります。カムのフィーリングは実際にショップで試し引きしてみるのが一番です。

スープラRTXを使用するステファン・ハンセン選手


渋谷アーチェリー世田谷店ではHOYT、マシューズ、PSEの主なコンパウンドボウを試射できます。コンパウンドボウ選びに迷っている方、買い替えをお考えの方は世田谷店へご相談ください。


Category: 2022年モデル, MATHEWS, PSE, hoyt, 世田谷店, 注目の記事, 海外
Proshop Blog トップへ

2021

10

08 Fri ~HOYTからブレディ・エリソン選手のシグネチャーモデルが新発売!

皆さんこんにちは!
ブレディ・エリソン選手が使用しているフォーミュラXiのカスタムカラーモデルが
BE(ブレディ・エリソン)シグネチャーモデルとして発売されます。
アリゾナの荒野をイメージした「アリゾナデザート」というカラーで、
アルミの素材感が感じられる透明感のあるパウダーコート仕上げです。

ブレディ・エリソン選手と言えば70mラウンド702点を含む3つの世界記録を持ち、
ワールドカップ5度優勝、オリンピックで3つのメダル獲得など押しも押されぬリカーブのトップアーチャー。
そしてフォーミュラXiと言えば、この夏TOKYOで最も活躍したハンドルのひとつですね。
HOYT独自のバータチューンクリッカープレートやストリングテンションテクノロジーにより、
自分の射ち方に合わせて高度なカスタマイズやチューニングが可能なHOYTのフラッグシップモデルです。

カスタムカラーだけでなくBEロゴ入りグッズなども付属する特典付きのモデルとなっています。
HOYTフォーミュラXi BEシグネチャーモデルは本体価格145,000円(+税)で今日から受注開始です。
世界選手権を制したグランプリ エクシードのBEシグネチャーモデル 本体価格140,000円(+税)もあります。
どちらのモデルも数に限りがあると思われますので、興味のある方はお早めにご予約ください!

お問い合わせ、ご予約は渋谷アーチェリーONLINE店もしくは世田谷店まで!

BEシグネチャーモデルの内容
●カスタムカラー「アリゾナデザート」仕上げ
●BEロゴ入りバータチューンクリッカープレート標準装備
●BEロゴ入りグリップ標準装備
●BEロゴ入りハンドルバッグ入り
●ブレディ・エリソンのトレーディングカード付
●ブレディ・エリソン「キープドライビング」メッセージカード付




Category: 2022年モデル, hoyt, お知らせ, 世田谷店, 新商品、おすすめ, 注目の記事, 海外
Proshop Blog トップへ

2021

07

23 Fri ~TOKYO 2020開幕!

こんにちは、世田谷店の種部です。
今日からオリンピックのアーチェリー競技が始まりましたね。午前中に行われた女子の予選ラウンド(70mダブルラウンド)では、韓国のアン・サン選手が圧倒的な強さを見せつけ、680点のオリンピックレコードで首位。日本チームでは、山内梓選手 が自己ベストの665点を射って7位につけています。

PHOTO COURTECY OF WORLD ARCHERY (写真はアジアカップの時のものです)


午後は男子の予選ラウンドが行われます。
大会の結果はTOKYO 2020公式ページでリアルタイムで出ています。
下記リンクからぜひチェックしてみてください。

またエリミネーションラウンドからはライブ配信もあります。

COVID-19感染拡大防止のため様々な制限のある中で行われる大会ではありますが、
参加している選手には試合に集中して素晴らしいパフォーマンスを見せてほしいものです。
残念ながら会場で直接応援することはできませんが、みんなで応援していきましょう!


Category: Easton, MK KOREA, SHIBUYAアーチェリー, WIN&WIN, hoyt, アーチェリーの試合に出たい!観たい!, 世田谷店, 大会情報、結果, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2021

06

30 Wed ワールドカップ HOYT勢大健闘

世田谷店河本です。

ワールドカップ ステージ3 パリ
終りましたね~

今回は東京オリンピックの最後の枠取り大会になる為、たいへん盛りあがった大会でした。
枠取りの試合に関してはゴールドメダルマッチよりもブロンズメダルマッチの方が盛り上がるという不思議な現象が起きていたようです。

特筆すべきは大健闘したHOYTでしょうか。
個人戦の結果ですが
RC男子 1st HOYT 2nd HOYT 3rd WIN
RC女子 1st HOYT 2nd MK 3rd HOYT
CP男子 1st HOYT 2nd HOYT 3rd HOYT
CP女子 1st HOYT 2nd HOYT 3rd HOYT

10/12がHOYTとはさすがですね。

また全体としても男女ともHOYTの使用率が高いように感じました。)
(既に枠のある国は参加を見送りしたことも理由としてはあると思いますが、団体枠を取るためにイタリア、ロシアなど強豪も参加していました・・・)

優勝した選手の皆さま

リカーブで気になったのはFormula Xiの使用率が高いことですね。
日本ではFormulaは女子には向かない(引き尺が長い欧米人向け)という通説が根強いです。
しかし体格的にも日本人のアーチャーと大差のない女子選手も使用していることをみると、
引き尺が長くないと…というのは単なる都市伝説みたいなもののように思われます。

ハンドル重量から見ても近年重めのハンドルが目立つ中でHOYTのハンドルは
XCEED1,270gとFormulaXI1,252gという比較的扱いやすい重さも評価が高くなるポイントです。

一方で今大会には不参加だった韓国チームを見てみると
WIN&WINの使用率が高いのは言うまでもありませんが、オ・ジンヘク、キム・ウージン、チャン・ヘジンのビックな三名がグランプリ エクシードを使用しているので、エクシードの評価が高いことが言えると思います。
特にチャンヘジン選手は長年WIN&WINの弓を使用していたため、HOYTを使用したのは驚きです。

(こういう話をしていると「トップ選手はスポンサーされているから使っている」という声が聞こえたりしますが、もらえるからと言って勝てない道具は使わない、私はそう信じています。)

さてコンパウンドボウもINVICTAが大活躍しました。
ギャレンティン選手(MATHEWS)やステファン選手(PSE)を抑えての表彰台男女とも独占!!
同じ弓を使用している私としては非常にうれしい結果です。
(私が710点射てないのは完全に自分の実力不足ということが分かってちょっと辛いです。)


左から1位 2位 3位

INVICTAにはカムが2種類(SVXカム,DCXカム)用意されていますが、
やはり男子選手はSVXカムが多く、女子選手はDCXカムが多いことが特徴でしょうか。
・SVXカムは矢速は速いですが、レットオフ値が65%と低く、ホールディングに力を使う場合が多いため男子に人気がある
・DCXカムは矢速はSVXに少し劣りますが、引きやすくホールディングが比較的楽(レットオフが65%or75%に設定できる)なので女子に人気がある

またHOYTのカムは引き尺に合わせて4種類(DCXは3種類)のカムサイズが用意されていて、引き尺が短くても、弓の効率が落ちにくいというアドバンテージがあります。
回転式インナーカムモジュールは手軽に引き尺調整ができるというメリットがありますが、モジュールを引き尺が短い側に合わせて使用すると弓の効率が下がる(スピードが極端に遅くなる)というデメリットもあります。
(INVICTAは購入の際引き尺設定を間違えると、カム、ストリング、リムを変える必要があるので、弓を選ぶ際にはお近くのプロショップにご相談ください。)

渋谷アーチェリーはホイットの正規代理店です!
疑問等ありましたらお気軽にお問い合わせください!


Category: hoyt, シューター河本, 世田谷店, 注目の記事, 海外
Proshop Blog トップへ

2020

11

03 Tue ~HOYT2021年ラインナップ情報-その2-

HOYT2021年ラインナップの続きです。
コンパウンドボウも新しいモデルが出ました。

Altus アルタス
軸間距離38インチの長すぎず、短すぎない、日本のアーチャーにぴったりのサイズ感で、スピードと安定感を両立したオールラウンドモデル。
コンベンショナルなデザインでコストパフォーマンスの良い本格的な競技用コンパウンドボウです。
インヴィクタと同様、パラレルリムのような動きをするハイブリッドリムを搭載しており、
カムオプションは、マイク・シュルッサー選手をはじめ多くのトップ選手が使用するハイパフォーマンスカムのSVXカム、
スムーズな引き感のDCXカムの2種類のカムから選べます。
サイトウインドウ下部にアクセサリー取り付け用のカットアウトが設けられており、
QADウルトラレストTRI TARGET RESTがダイレクトにハンドルに取り付けられます。

QAD ULTRA TIR TARGET REST


カラーバリエーションはホワイトライトニング(光沢仕上げ)、マットブルー、マットグレー、マットレッド、ブラック。
全てペイントカラーとなります。

アルタスDCX仕様
●軸間距離:38インチ
●カム:DCXカム
●レットオフ:65%(オプション75%)
●ストリングハイト:6-7/8インチ
●スピード:322FPS
●引き尺:24.5-26 26.5-28 28.5-30(インチ)
●ピークウエイト:30-40 40-50 45-55 50-60 60-70(ポンド)
●本体重量:2,131グラム

アルタスSVX仕様
●軸間距離:38-1/4インチ
●カム:SVXカム
●レットオフ:65%
●ストリングハイト:7-1/8インチ
●スピード:328FPS
●引き尺:24-25.5 26-27.5 28-29.5 30-31.5(インチ)
●ピークウエイト:30-40 40-50 45-55 50-60 60-70(ポンド)
●本体重量:2,131グラム

インヴィクタ37、インヴィクタ40、FXコンプは2021年も残りますが、プロフォースは生産終了となります。
HOYT2021年モデルのお問い合わせ・ご予約は世田谷店、もしくはオンライン店まで!


Category: 2021年モデル, SHIBUYAアーチェリー, hoyt, お知らせ, 世田谷店, 新商品、おすすめ, 注目の記事, 海外
Proshop Blog トップへ

2020

11

03 Tue ~HOYT2021年ラインナップ情報-その1-

こんにちは。世田谷店の種部です。
毎年この時期になると各メーカーの来シーズンモデルが発表になるので、
どんなモデルが出るのか気になってそわそわしている方も多いのではないでしょうか。
今回は今日発表になったばかりのHOYTの202年のラインナップの紹介です。
リカーブ、コンパウンドともにニューモデルが出ていますが、その前にビッグニュースです。
ブレディ・エリソン選手のインスタグラムにちらっと写っているので気が付いた方もいるみたいですが、
HOYTのフォーミュラXi、グランプリエクシードに使用できる「バータチューン/アルティマレストシステム」が新発売です。
SHIBUYA アルティマリカーブレストがぴったり収まるカットアウトが設けられたバータチューンクリッカープレートです。
トップ選手からの要望で実現したHOYTとのコラボ企画です。
クリアランスが向上し大口径のインドアアローを使用する際にも効果を発揮します。
アルティマレストとバータチューンクリッカープレートのセット販売で、ハイタイプとミディアムタイプの2種類のプレートから選べます。

VERTA TUNE/ULTIMA REST SYSTEM

リカーブのラインナップ
フォーミュラXiハンドル、グランプリエクシードハンドル、ヴェロスリムとインテグラカーボンリムといった主力商品は継続になります。
リムの仕上げがマットフィニッシュに変更になります。
ハンドルには新色パーフェクトピンク(アルマイト)とホワイトライトニング(光沢のあるペイントカラー)が加わります。

2021年ニューモデル
Arcos アルコス ハンドル

最も成功したグランプリハンドル「GMX」の遺伝子を受け継ぐコストパフォーマンス重視の競技用モデル。
●サイズ:25インチ
●RH/LH
●Hoytの創業者アール・ホイット氏考案のジェオメトリーを継承
●ダイナミックフレックスコントロール設計
●リムポケット:グランプリ方式
●ティラーボルト調整機能搭載
●リム/ハンドルセンターアラインメント調整機能搭載
●ハイエンドモデルと同じプロシリーズグリップ標準装備
●ペイントカラー*:マットレッド、マットブルー、マットブラック、マットグレー、グロスホワイト
 *ホワイト以外はマット(つや消し)仕上げ
●本体重量:1,338グラム

Xakt エグザクト ハンドル

ビギナー用として人気が高かったグランプリハンドル「ホライズン」の復刻モデル。軽くてシンプルなデザインでビギナーの方にも扱いやすいハンドルです。
●サイズ:25インチ
●RH/LH
●Hoytの創業者アール・ホイット氏考案のジェオメトリーを継承
●ダイナミックフレックスコントロール設計
●リムポケット:グランプリ方式
●ティラーボルト調整機能搭載
●リム/ハンドルセンターアラインメント調整機能搭載
●ハイエンドモデルと同じプロシリーズグリップ標準装備
●ペイントカラー*:マットレッド、マットブルー、マットブラック、マットグレー、グロスホワイト
 *ホワイト以外はマット(つや消し)仕上げ
●本体重量:1,079グラム

Xakt Carbon Limb エグザクトカーボンリム
コストパフォーマンスに優れた、カーボンリムのエントリーモデル。
ウッドコアカーボンリム
●リム接合方式:グランプリ方式
●サイズ:ショート、ミディアム、ロング
●強さ:20-38ポンド(2ポンド単位)
●マット仕上げ

Xtra LongVelosグランプリヴェロス エクストラロングリム
リムポケットにしっかり収まり、リムの根本から大きくしなる楔型デザインにより、スムーズな引き感と矢速の速さを高いレベルで両立することが可能になりました。25インチハンドルとの組み合わせで73インチ(推奨ストリングハイト9.5-10インチ)、27インチハンドルとの組み合わせで75インチ(推奨ストリングハイト10-10.75インチ)の弓が組めます。23インチハンドルと組み合わせても71インチ(推奨ストリングハイト9-9.5インチ)とエクストラロングサイズの弓が組めます。
●バンブーコアカーボンリム
●サイズ:エクストラロング
●強さ:30ー50ポンド(2ポンド単位)
●リム接合方式:グランプリ方式
●マット仕上げ

HOYTの2021年モデルのお問い合わせ・ご予約は世田谷店、もしくはオンライン店まで!


Category: 2021年モデル, SHIBUYAアーチェリー, hoyt, お知らせ, 新商品、おすすめ, 海外
Proshop Blog トップへ

2020

10

22 Thu ~マシューズ2021年モデル

こんにちは。世田谷店の種部です。
今回はマシューズのコンパウンドボウのニューモデルの紹介です。
「表彰台の常連」というイメージのあるマシューズのTRXシリーズは国内でも非常に人気の高いモデルですが、
2021年には軸間38インチのTRX38G2と軸間34インチのTRX34がラインナップに追加されます。
スムーズなドローイングと張りのあるホールディングのフィーリングが特徴のC3Xカムを搭載。
2021年モデルは新たに開発された75%レットオフのモジュールがメーカー標準となるようです。

MATHEWS TRX38G2


新たに追加された75%レットオフモジュールがどんなフィーリングなのか興味深々ですね。
マシューズのスタッフシューターのレビューがまだ上がってきていないようなのでわからないのですが、
75%モジュールはしっかりレットオフするけど、カムが戻ろうとする力が強い設計になっていると見ました。
また、TRX34はハンティング用にもなるクロスオーバーモデルのようで、カラーラインナップに
「グリーンアンブッシュ」というハンティング系のカラーがラインナップされています。
レオ・ワイルドなどのトップシューター達もTRX34はハンティングで使いたいとコメントしているようです。

ウルトラレスト トライターゲットレスト

2021年モデルの特徴は、サイトウインドウのフェイス側にダブテイルの切込みが設けられ、
ULTRAREST Tri Target Restというマシューズ専用レストがダイレクトで取り付けられるという点です。
このレストは上下・左右調整はもちろんですが、トルクチューニングもマイクロ調整可能な高機能レストです。
ランチャーブレードの取り付け方式もこれまでにない画期的なデザインで、
交換時にランチャーの位置が変わらない工夫が施された再現性の高い設計になっています。

マシューズ2021年ターゲットモデルの仕様
TRX38G2
本体価格:198,000円(税別)
軸間距離:38インチ
スピード:329FPS
カム:C3Xカム
レットオフ:75%(オプション:70V、80%)
ストリングハイト:7インチ
引き尺:25-31.5インチ(モジュール交換方式/0.5インチ単位の調整が可能)
ピークウエイト:50、60ポンド
本体重量:2,209グラム
ハンドルカラー:ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、ストーン
リムカラー:ブラック、ホワイト

TRX34
本体価格:198,000円(税別)
スピード:334FPS
カム:C3Xカム
レットオフ:75%(オプション:70V、80%)
ストリングハイト:6.5インチ
引き尺:23.5-30インチ(モジュール交換方式/0.5インチ単位の調整が可能)
ピークウエイト:50、60ポンド
本体重量:2,124グラム
ハンドルカラー:ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、ストーン、グリーンアンブッシュNEW
リムカラー:ブラック、ホワイト、グリーンアンブッシュNEW

マシューズの2021年モデルのお問い合わせ・ご予約は
渋谷アーチェリー世田谷店、オンライン店へ!


Category: 2021年モデル, PICK UP, PSE, SHIBUYAアーチェリー, hoyt, 新商品、おすすめ
Proshop Blog トップへ

検 索


profile


recent entries

ONLINE
スタッフブログ

calendar

2021.Dec

«    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

recent entries

recent entries