2019

10

31 Thu 〜第61回全日本ターゲット選手権に出場しました!〜

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

先週の金曜〜日曜まで、静岡県掛川市で開催された「第61回全日本ターゲット選手権大会」に出場してきました。
実は全日本ターゲット選手権自体、4年?5年?ぶりの出場ということで選手としてはかなり久しぶりのつま恋でした。

1回目は、高校1年の時。
この時はまだシングルラウンド(70m〜30mを各距離36射で競う競技)でした。
2回目は、大学2年の時。
この時の記憶は正直ありません・・・。予選は落ちた記憶はあります。

そして、今回は久しぶりかつ今までやっていたリカーブではなく初めてのコンパウンドでの出場ということだったので、
流石に緊張しました。

今回出場した時のセッティングはこんな感じです。

・ホイット プリヴェイルFX 40−50#
・シブヤ アルティマCPXⅱサイト
・シブヤ 29mmスコープハウジング+ファイバーキット
・フェザービジョン ヴェルデレンズプラス 6倍
・シュルード レメディレスト
・ドインカー ヒーロードインカー+4−2−1ウェイト+EXOドインカー
・ドインカー マイティマウントシングル
・T.R.U.Ball フルクラムフレックス

購入時から全くもの自体は変えていませんが、引き尺を若干変えたり、
リリーサーのクリッカータイミングを変えたりとより自分に合った弓になるように調整しました。

さて、結果はと言いますと…申請順位から一つ順位をあげた11位という結果でした。
実は1本ミスしてしまいまして、それがなければ予選通過という悔しい結果に終わりました。

気持ちを切り替えて、これからはインドアシーズンということなので、今年もスーパードライブ23で調整したいと思います!
スーパードライブ23は軽量でスピードも早いのでターゲットとあまり感覚が変わらないところが好きで使っています。
私のように引き尺が短い方でも調整可能なアローになっていますので、気になっている方は新宿店までお気軽にお問い合わせください!

また、引き尺の関係もあってまだINVICTATRXは引けていないので、新宿店に入荷次第射ってレビューしたいと思います。

また次回のブログをお楽しみに!


Category: hoyt, アーチェリーの試合に出たい!観たい!, 全国キャラバン訪問記, 大会情報、結果, 新宿店, 筆者:長網 美樹, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2019

10

01 Tue INVICTA レビュー by 河本

みなさんこんにちは河本です。

INVICTAのレビューになります。
この弓は私が唯一本当に欲しいと思った弓です。
一目見た瞬間ビビット来ました。これはですか???

今回はインヴィクタ40 SVXカム 60-50ポンド 引き尺29.5inchにてテストします。

HOYTも流行パラレルリム、長めのハンドルにしてきた感じです。
弓の中心はバーガーホールです。グリップが中心より下にあります。
バーガーホールは2つ開いており、流行のオーバードローレストを使用してもずれないように変更されています。

引き心地は なめらかで程よい張りを感じます。


SVXカムはプリヴェイルから継続ですが、リムがパラレルになった事により驚くほど、戻されにくくなっていました。
同じカムですが、FPSもパラレルになった事で上がっています。

プリヴェイルのSVXはちょっとキツイ、、、と思ってた人にすごーくお勧めできます。

射った感じですが、ハンドルの剛性は非常に高いです。
このあたりはホイット流石だなって思いました。

ホイット従来の飛び出しもしっかりあります。

しかし、剛性が強いのかガツンとハンドルが止まる感じでした。
コントロール非常にしやすそうです。

ここまでネガティブな感覚はなく、完璧ですね。(恋は盲目?)

距離に出たらどうなるのか、今度射ってきたいと思います。

少しでもインヴィクタが気になった方は新宿店まで、お気軽にお問い合わせください!
ではまた次回のブログで!


Category: 2019モデル紹介, hoyt, シューター河本, 商品レビュー, 新宿店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2019

09

25 Wed ~インヴィクタ、試射したら一目惚れするかも

こんにちは、新宿店の河本です。
サンプルで入荷したインヴィクタ40SVXをさっそく実射してみました。
サラ・ロペス選手ではありませんが、一目ぼれです。

射てばわかります。

詳しいレビューはまた後ほど。
INVICTAのパフォーマンスを確かめてみたい方は今すぐ新宿店へ!


Category: hoyt, シューター河本, 新商品、おすすめ, 新宿店, 注目の記事, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2019

09

25 Wed ~ホイット 2020コンパウンドターゲットモデル

新宿店の種部です。ホイットの2020ターゲットモデルが発表になりましたね。その名もインヴィクタ(INVICTA;ラテン語で敗れざる者を意味します)。

インヴィクタ
トップシューターに絶大な人気を誇ったプリヴェイルの後継機種は、テストシュートしたシューターたちが絶賛する革新的なターゲットボウとなっているようです。
最大の特徴はエクストラロングハンドル(プリヴェイルよりも2.5インチ長くなっています!)とパラレル系のリムを搭載している点です。
今流行りのパラレルリムデザインをただ取り入れたわけではなく、リリース時に弓が的方向に飛び出すフィーリングを残したハイブリッドデザインとなっています。

インヴィクタ40
カムj:DCXカム、SVXカム
軸間距離:40-1/2インチ/40-1/4インチ(DCXカム/SVXカム)
アロースピード:316FPS/325FPS
ストリングハイト:7-5/8インチ/7-1/4インチ
本体重量:2,220グラム
引き尺: DCXカム #1(25.5-27インチ)#2(27.5-29インチ) #3(29.5-31インチ)
SVXカム* #2(27-28インチ) #3(28.5-29.5インチ) #4(30-31インチ) #5(31.5-32㌅)
ピークウエイト:30-40、40-50、45-55、50-60、60-70
*#1カムの設定はありません。

インヴィクタ37
カム:DCXカム、SVXカム
軸間距離:37-1/2インチ/37-1/4インチ(DCXカム/SVXカム)
アロースピード:324FPS/330FPS
ストリングハイト:7-3/8インチ/7インチ
本体重量:2,129グラム
引き尺: DCXカム #1(24.5-26インチ)#2(26.5-28インチ) #3(28.5-30インチ)
SVXカム** #1(23.5-25.5インチ) #2(26-27インチ) #3(27.5-28.5インチ) #4(29-30インチ)
ピークウエイト:30-40、40-50、45-55、50-60、60-70
*#5カムの設定はありません。

インヴィクタの特徴
カムオプション
定評のあるSVXカム(65%レットオフ) ソリッドなウォールのハイパフォーマンスモデル。インヴィクタ37では23.5インチから対応しています!

NEWDCXカム(65%レットオフ、75%レットオフ) スムーズなドローイングとスピードの両立。
インナーカムモジュールをスライドさせて簡単に引き尺調整が可能です。

パラレルリム
エネルギーを効果的に蓄積し、スムーズでより速いスピードを引き出す新デザイン

エクストラロングハンドル
従来モデルより2.5インチ長くて低重心設計のハンドルは慣性モーメントが大きく、トルクに強くてエイミング時に他の追随を許さない高い安定感をもたらします。

新モジュラーグリップ
従来モデルより4度低い、フラットなデザイン
弓の力をしっかり受け止め、再現性の高いグリップが可能になります。
モジュールを交換することにより0、4、8の3種類のグリップアングルから選べます。
1/8インチ引き尺を短くすることができるグリップモジュールも同梱(0、4,8の3種類)。アロースピードやサイト目盛に影響することなく、引き尺を微調整できます。

黄色の矢印の部分の厚みで引き尺を微調整

ステルスショット
ストリングから矢がリリースされるタイミングを一定にする効果があります。

アジャスタブルケーブルガード
プリヴェイルと同様の角度調整可能なケーブルガード。トルクの影響を軽減します。

ハンドルカラーバリエーション
リカーブハンドルと同じマットタイプのアルマイトカラー
ゴールドメダル、オレンジトーチ、NEWサテンチャンピオンシップレッド、エレクトリックティール、ラリーグリーン、シルバーアイス、スレート、NEWサテンコバルトブルー、NEWサテンジェットブラック

インヴィクタの試射は新宿店で
新宿店では9月25日水曜日よりインヴィクタ40SVXの試射が可能です。
トップシューターが絶賛するニューモデルのパフォーマンスを体験してください!


Category: hoyt, 新商品、おすすめ, 新宿店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2019

09

13 Fri ~HOYT2020年モデル最速レビュー~

こんにちは!新宿店スタッフの浅田です。

今回はHOYTの2020年モデル、FORMULA XiハンドルとXCEEDハンドルの最速レビューをお伝えします!

【FORMULA Xiハンドル】
昨年発表され、早くも世界中の大きな大会で次々と金メダルを獲得しているFORMULA Xハンドルがビッグマイナーチェンジを遂げて登場しました!

最大の違いは「ストリング テンション テクノロジー」と呼ばれる、ストリングのテンションを調節可能な機構が追加された事です。デフォルトの状態の「ポジションNo.1」では、最もストリングのテンションが高い状態で最高のパフォーマンスを発揮します。反対に「ポジションNo.3」では、よりスムースなドローイングと、この機構の最大のメリットである、クリッカーゾーンでのクリッカーコントロールが容易になります。

ポジションをNo.1からNo.3に変更すると、多少のポンド変化(テストでは0.4ポンド程度)はありましたが、ポンドの低下よりも明らかにスムースなドローイングと容易なクリッカーコントロールを感じることが出来ます。(No.2はその中間の印象でした。)

また、FORMULA Xが平均1260gだったのに対して、FORMULA  Xiは平均1170gと大幅な軽量化がなされています。ハンドル本体部分にはほぼ変更点がなく、ティラーボルトやアラインメントパーツの素材変更によって軽量化を実現しています。この変更点により発射音はさらに静かになっています。

※Xiに搭載された調整機構はXと互換性はありません。

【XCEEDハンドル】
続きまして、グランプリシリーズに待望の新モデルが発表されました。その名はXCEED(エクシード)ハンドルです。【フォーミュラXi】と同様に「ストリングテンションテクノロジー」を搭載しています。

このハンドルは平均1250gと近年のグランプリシリーズのH25としては軽量でとても扱い易いモデルです。しかし、FORMULA  Xiと同様にティラーボルトやアラインメントパーツで軽量化しているため、ハンドル剛性は非常に高い印象です。実際に発射音もEPIKを上回る収まりの良いハンドルでした。また、印象的だったのが、フォーミュラハンドルと比較して弓の飛び出しが良かった点です。ハンドルデザインを大幅に変更した事でハンドルの性格が変わったのだと思います。独自のウェイトシステムを搭載していますので、ハンドルの重量を重くする事も可能です。※ウェイトシステムは別売です。

両ハンドル共に非常に良いモデル仕上がっていると感じます。
皆様是非ご検討ください!


Category: 2019モデル紹介, hoyt, お知らせ, 新商品、おすすめ, 新宿店, 筆者:浅田
Proshop Blog トップへ

2019

09

11 Wed HOYT 2020年リカーブラインアップ情報解禁!

皆様お久しぶりです。海外営業担当のフィリップです。

長年の読者様は僕が投稿する意味わかっていますよね?そうです、新商品発表シーズン到来です!

例年秋に行われるホイットの新製品発表ですが、今年はひと足早く、まだまだ暑さが続く9月に行われることになりました。

そしてもう一つ、いつもと違う点があります:2020モデルはリカーブ、コンパウンド、ハンティング用品が別々に発表されます!

なので、コンパウンドお求めのお客様はもう少しご辛抱ください…僕も早く見たいです…

ちなみに、先に書いておきますが、下記の新製品はすでに入荷済みなので、ぜひ渋谷アーチェリー新宿店や近くのプロショップに見にいらしてください!

さて、来年はオリンピックも控えているので、リカーブ用品の新作が出るのでは?と考えている方も多いのではと思います。

当たりです。

新製品① XCEED (エクシード)

グランプリハンドルの新作が発表されました。

去年までのエピックハンドルよりは少しスッキリしたデザイン、昔のエランなどのハンドルの線を思い出しますね。

重さも1270グラムと重すぎず、軽すぎない程度かと思います。

センター調整はエピックのワッシャー方式ではなく、フォーミュラXと同様に左右から押し合うイモネジ方式になったので、より細かく簡単にできるようになりました。

でも一番気になるのは新調整機構「ストリングテンション・テクノロジー」。

リムの接合部分の最先端(リムが最後に当たるハンドルの部分)が前後に移動でき、ストリングにかかる力が微調整できます。それにより、リムの「引き感」が微調整できるとのことです!

ホイットのリカーブ開発責任者のダグ・デントンさんと世界選手権会場でお話した際、こう語っていました。エピックをGMXの後継モデルとして設計したとき、ハンドルの基本的な位置(ピボット、ティラーボルト、リムドウェルなど)はアール・ホイットさんがデザインした通りでGMXもエピックも同じなのに、エピックに変えた選手から「柔らかく感じる」とのフィードバックがあった、と。アメリカのナショナルチーム選手の手を借りて分析した結果、違いは「ストリングテンション」によるものであることがわかりました。

エクシードはリムに当たるロッカーの位置が三段階に前後できます。一番「外側」が「ハイパフォーマンス」(GMXに近い)、一番「内側」が「最もスムーズ」(エピックに近い)、そして真ん中が「ハイブリッド」設定だそうです。一番影響されやすいのはクリッカーまでの最後の1,2ミリなので、「奥が硬い」フィーリングを求める方は「ハイパフォーマンス」設定を試しましょう!

フォーミュラシステム(ファクター以降)同様、リムポケットにウェイトが取り付けできます。今回はリムに隠れるくぼみに入りスマートですね!

そして、エクシードにはホイット市場初めて?ベアボウウェイトモジュールが用意されています!ステンレス製、アルミ製のバージョンがあり、その一部を取り替えたりいろんな組み合わせでバランスを微調整できるとのことです。

カラーバリエーションは2019年モデルと同じ9色。今年までグロッシー仕様だった黒・青・赤の3色もマット仕上げに変わりましたのでご注意ください。

渋谷アーチェリーの公式チャンネルでホイットから頂いた紹介動画を公開しましたので、ぜひご覧ください!

新製品② Formula Xi (フォーミュラXi)

フォーミュラXもエクシードと同じストリングテンション調整機構を搭載しモデルチェンジしました。新しいティラーボルトなど、細かいところもエクシードと統一されています。

ちなみに、「エックス・アイ」と発音されるそうです。「クロッシー」ではないです。(思ったのはフィリップだけ?)

フォーミュラXiは25インチのみ、1252グラム、エクシードと同じ9色が用意されています。

新製品③ Carbon Integra (インテグラ)

Carbon 840の後継モデル。

続投となったヴェロスのいいところを受け継いで、よりスリムでスピードアップを実現。

デザインが少しレトロでシックですね。840は安定したパフォーマンスを出し耐久性もいいので期待します。

本来ここからカタログをお見せしたいところですが、コンパウンド発表の後に公開されるとのことなので、今度までお預けです。ぜひまた当ブログをご確認お願いします!


Category: hoyt, 新商品、おすすめ, 海外
Proshop Blog トップへ

2019

05

01 Wed ~夢の島オリンピック会場オープニングイベントにいってきました!~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

いよいよ新年号、「令和」になりましたね!
平成生まれの私は、初めての年号の切り替わり。昭和から平成になったのとはまた違う雰囲気なのでしょうか。
令和も「楽しい」「面白い」「新しい」「役に立つ」情報を皆様にお届けできるよう頑張ります!

さて、先週の日曜日お店を臨時休業にして「夢の島オリンピック会場オープニングイベント」に参加してきました。

会場は、大きく横に広く伸びた開放感にあふれた射場。この屋根の形、「」を表しているそうです。
東京オリンピック当日は、アーチェリー競技の「予選会場」として利用されます。

シューティングライン上は、照り返しの少ない素材になっているかつ、前方は芝でおおわれているので砂ほこりの心配はなさそうです。

当日は、選手としてONLINE富田店長、新宿店種部店長、浅田、岩崎、河本、長網が参加しました。
試合は、36射の点取りののち、ミックス戦が実施され、普通の試合では体験できないことがたくさんありました。

コンパウンド部門では富田店長が準優勝
河本が3位でした。

残念ながら、種部・長網ペアは4位・・・。
もっと練習頑張ろうと思います。

当日渋谷アーチェリー株式会社の社員も会場に応援にきてくれました!
みんなでおそろいのHOYTシュータージャージでパシャリ

素材はつるつるとした素材で、汗をかいてもすぐに乾きますよ。
アメリカンサイズのため、日本のサイズより、1サイズ下のものをご購入することをお勧めいたします。

本日より新宿店でご購入いただけます。気になる方はお早めに!

また次回のブログをお楽しみに!


Category: hoyt, 大会情報、結果, 射場紹介, 新宿店, 注目の記事, 筆者:長網 美樹, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2018

11

25 Sun 〜HOYTアウトレット商品のご注文について~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

HOYTの新製品ハンドル「FORMULA X」新製品リム「VELOS」、そして新カラー「ゴールド・スレート・ラリーグリーン」が発売されるにあたり、

●「FAKTOR / FAKTOR HP」各色・各サイズ
●「EPIK:廃盤カラー(ハーヴェストブラウン・ミーングリーン・ビクトリーバイオレット・パールホワイト・ブラックアウト)」

以上の商品を現品限りでアウトレット価格で販売しております。

展示品のカラー、在庫のカラー・サイズについては、プロショップまでお問い合わせくださいませ。

皆様のご来店をお待ちしております。


Category: hoyt, キャンペーン・セール情報, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2018

11

22 Thu ~今週末は江戸川インドアにブース出店します!~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。
突然ですが、ひとつお知らせです。
明日10:00に皆様おまちかねのあの情報がアップされます!ぜひチェックしてくださいね!

さて、今日は11月22日
「いい夫婦の日」に制定されているのが有名ですが、もう一つの日としては「小雪(しょうせつ)」でもあります。
「小雪」とは、「立冬」と「大雪(たいせつ)」の間に当たる日で、この頃から寒くなり雨が雪に変わるころとされています。
確かに今朝の東京の気温は5.3度と寒かったですね。
風邪を引かないように気を引き締めていきたいです。

さて、そんな寒くなる今週末は「江戸川インドアオープン」にブース出店!
最新機種のHOYT 「FORMULA X」「VELOS」はもちろんのこと、コンパウンドの最新機種も持っていきます

私長網がブースの看板娘として(?)商品もたくさん持っていきます。
お得にお買いものができるこのチャンスをお見逃しなく!
(※現金・クレジットカードもご利用いただけます。)

いつもよりお得にお買いものができるチャンスですので、ぜひ会場にお越しくださいませ

<第9回江戸川インドアオープン大会>
詳細はこちら:江戸川インドア要項

<江戸川区体育館所在地>

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


Category: hoyt, お知らせ, アーチェリーの試合に出たい!観たい!, 全国キャラバン訪問記, 大会情報、結果, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2018

11

07 Wed ~11月新キャンペーン・HOYTアウトレットセールのお知らせ~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

11月の新キャンペーンのお知らせです。
11月13日(火)~11月30日(金)まで、【競技用リム買い⇔替えキャンペーン】を開催いたします。

HOYT・WIN&WIN・MK KOREAの3社から、競技用リム(¥30,000-以上)をご購入いただいた方に、
お好きなストリング(BCY-X・FF)をプレゼント!

新しいリムにして、新しいストリングをゲットしてみませんか?

もちろん、先日発表された【HOYT VELOSリム】も対象です!
買い替えキャンペーンをご利用の方は、ご注文時にスタッフまで利用の旨をお伝えくださいませ。

【キャンペーン概要】
対象:新宿店にて競技用リムをご購入の方全員
期間:2018年11月13日(火)~11月30日(金)<お支払が11月中のみ>
内容:競技用リム(¥30,000-以上)をご購入の方に、お好きなストリング(BCY-X・FF在庫品のみ)をプレゼントいたします。
ご希望のストリングの種類・お色をスタッフまでお申し付けください。
また、通常調整費¥5,400-のところ本キャンペーン利用の方は無料にてアライメント調整をさせていただきます。
※72サイズの方は、FFのみとなります。ご了承ください。

そして、HOYT新製品発表のため廃盤になった「ファクター/ファクターHPハンドル」「エピックハンドル(廃盤カラーのみ)」「Xツアー(フォームコア/バンブーコア)リム」アウトレット商品として
新宿店でも販売を開始いたします。

アウトレット価格になり、とてもお買い求めいただきやすい価格になっておりますのでぜひこの機会にご利用くださいませ!

皆様のご利用を心よりお待ちしております。


Category: MK KOREA, WIN&WIN, hoyt, キャンペーン・セール情報, 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

検 索


profile


recent entries

ONLINE
スタッフブログ

calendar

2019.Dec

«    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

recent entries

recent entries