2017

01

22 Sun ニームヨーロッパインドア②

皆様ボンジュール、ニーム滞在中のフィリップです。

今回のヨーロッパインドアも残すは決勝戦のみになりました…始まれば速いものです。

金曜日からブース営業を開始し、大会も同時進行で行われています。ブースが忙しくなると試合の様子がほとんど見に行けないことは毎回の心残りです… 今回は大会に出ることも諦めましたので、遠くからブザーと弦音が聞こえる程度でした。
そんな中、昨日の夕方に携帯で 点数を確認すると、ブレイディ・エリソン選手の点数が前半終了間近にもかかわらず、満点のままだったことに気づきました!ブース営業が終わった瞬間駆けつけました。
残念ながら前半の最終射が9点に外れましたが、エリソン選手は僕らの隣に座っていた義理のお父さんに向かって「大丈夫、後半は外す気がしないよ」といい、余裕の表情を見せました。 そしてその言葉の通り、後半も立て続けに30金を繰り出しました。9エンドめの前に、一緒に来てもらっている宮原(世界学生6位入賞など、トップ選手の経験を持っています)と顔を合わせると、「今回外さなければ行くね」と言われました。
そして9エンドめも30金をマーク。
「決まりだね。」

ブレイディ・エリソン選手、自らの世界記録を塗り替え599点をマーク!やはり目の前で見ると感動的です。

お父さんのメル・ニコルスさんとポーズをとるブレイディ

因みにエリソン選手は最近アパレルブランドを立ち上げ、その帽子に直筆サインをいただきました。帰国したらまた皆様に差し上げる企画を考えたいと思います。

更に、 エリソン選手と同じ部で銀メダリストのジャンシャルル・ヴァラドン選手が後半299点の594をマークしていました。ローカルヒーローなだけあって、注目している観客もかなり多かったように感じました。韓国のGYE Dong Hyun選手と同点の3位通過です。予選通過ラインは575点。

女子の方では去年同じニームで世界記録を樹立したPark Sehui選手が1位通過。やはり韓国選手が上位を占めていました。予選通過ラインは551点。

そしてコンパウンドでは「ミスターパーフェクト」と呼ばれているマイク・シュルッサー選手が首位通過。2位と3位はステファン・ハンセン選手(同じく598点)とイーストン社員のスティーブ・アンダーソン選手。因みに予選通過ラインは589点(8名でシュートオフ)。
CP女子では去年の優勝者であるフランキーニ選手が591点で1位。予選通過ラインは573点。

そして本日は予選の第3、4部と1/16~1/2のトーナメント。
ですが、こちらはまずブース営業!

今回も大盛況でした。アルティマIIサイトを多くの選手や一般ユーザーに見ていただき、ご好評頂けたのが嬉しいです。 そして今回も多くのトップ選手がブースに寄ってくださいました!

リオオリンピック金メダリストのク・ボンチャン選手とか…

パラリンピック銀メダリストのアルベルト・シモネリ選手とか… (パラのメダル、ブライユ点字が書いてあったり、振ると音がしたりで興味深かったです!)

オリンピック出場5回の経験を持つカトゥーナ・ローリッグ選手など!

本日(土曜日)はブースがかなり忙しく、気づいたら夕方でした…大会は既に準々決勝に入っていました。
エリソン選手はなんとロンドンオリンピック金メダリストのオー・ジンヘク選手と準決勝で当たり、両者一歩も譲らずにずっと同点のままでした。ブースから離れられずで見れませんでしたが、近くにいた宮原に聞くと盛り上がりがすごかったそうです!因みにシュートオフでオー選手の勝ちになりました。明日の決勝戦ではヴァラドン選手と争うことになります!

ブースと同じパーク・エクスポジション会場ではコンパウンドの準決勝までの試合が行われました。こちらもデイブ・カズンズ対ステファン・ハンセンなどハイレベルな対決ばかりでした!

ニーム・ヨーロッパインドアはあと一日、3位決定戦と決勝戦と、ニーム独自の予選非通過者のみ出場できるセカンダリー・トーナメントが行われます。こちらも相変わらずブース営業を頑張ってきます!


Category: 大会情報、結果, 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2017

01

12 Thu ATAトレードショー!

インディアナポリスからこんにちは、海外営業担当のフィリップです。

今年は久々にATA(Archery Trade Association)のトレードショーに来ています。アーチェリー業界最大の見本市で新発見がいっぱい!今年はもちろん、先日日本でもやっとお見せできたアルティマIIサイトを初披露しに来ました。おかげ様で好評で、新色のオレンジもかなり人気が出そうです!

ATAトレードショーはアーチェリーのみのトレードショーですが、アメリカではアーチャーのほとんどがハンティングしているので大半が狩猟道具です。迷彩柄の服、木に取り付ける椅子、鹿肉ジャーキー調味料… 会場の奥から鳥の鳴き声(おびき寄せるための偽物)が聞こえてきます。

でももちろん、シブヤと同様に新製品を展示しているターゲットメーカーもいます。その中でいくつか新製品を紹介させていただきます。

先日ONLINEの山本からもお伝えしましたEXOドインカーを実際に触ってきました。見た目はAボムに近いですが、実は外側のシェルがかなり硬い樹脂でできています。(メーカーのFacebookで、金属にぶつけても割れない動画がアップされています)その両端からつながって、硬さの異なるゴムダンパーが2個入っていて、目ねじの役割をも果たすスチールの心材が詰め込まれています。因みに心材も2つに分かれていました。
コンセプトとしては、振動吸収性能が優れているAボムと、多数のウェイトをつけても負けないスプリームの間を取った感じだそうです。名前の由来は、虫などの外骨格(Exoskeleton)だそうです!
見た目も格好いいうえ、振動吸収もよさそうなので期待できる商品だと思います。
サンプルをいただきましたので、気になった方は来週から新宿店で 手に取ってみてください。

TRUBallのブースでフルクラムフレックスを触ってきました。薬指と(4Fの場合)小指が角度調整可能なフルクラムの進化版。メカニズムはどんな感じかなと気になっていましたが、いたってシンプルでセットスクリュー1個で止まります。

主力商品になると思いますので、既に在庫分を発注してあります。来月辺りに入荷するのではと思いますので、気になった方はぜひご相談ください。

因みにフルクラムの開発にかかわったジェシー・ブロードウォーター選手もATAにいらしていたので、マシューズの担当者の協力を得て、ブロードウォーター選手が今後使う予定のTRXの紹介動画を撮らせていただきました!次のブログ更新に合わせてアップしようと思いますのでお楽しみに!

ATAは基本的にメーカーと代理店の商談の場ですので、試合はもちろんありませんが、ブロードウォーター選手のようにメーカーの宣伝塔として何人か参加しています。TRUのブースにて、オリンピック銀メダルのブレディー・エリソン選手、ザック・ギャレット選手、ジェイク・カミンスキー選手がサイン会をしていました。サイン入りポスターを何枚かいただきましたので、もしかしたらお客様も手に入れる機会があるかもしれません…!

最後に一枚、自慢させてください。

ワールドアーチェリーのブースで、リオオリンピックの聖火リレーに使われていた聖火トーチを持たせていただきました!重量がかなりあって、持ちながら走るのが大変そうですが、感動しました。(目の下が…今回の時差ぼけが中々辛いです)


Category: 新商品、おすすめ, 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

06

19 Sun アンタリアワールドカップ、遂に最終日

おはようございます、アンタリアのフィリップです。
いよいよ最終日です。本日はリカーブの決勝戦が行われます!またインスタでお届けしたいと思いますのでよろしくお願いします。

昨日は午前中は練習会場で主にリカーブの選手、午後はコンパウンドのミックス戦、個人決勝を見てきました。相変わらずの晴天で気温が40度を超え、陽射しが強い… 黒い靴を履いたら痛いほど熱くなり、ソールが剥がれるのではと思いました。

image

ワールドアーチェリーの写真や動画で何度も見た決勝会場の裏側に入れた!感動的な瞬間でした。あのカメラクレーンの裏側、こんな感じになってるんだ、とか、あの車をどうやって台に乗せてるんだろう、とか色々と興味深かったのです。

image

競技の結果に関しては、WA のホームページからも確認できますが、やはり個人的には先日も書いたブーデン選手の銅メダルが印象に残っています… 中学生の頃からサポートしてきた彼がマイク・シュルッサー選手を破って表彰台に立つと涙が出そうでした。「親バカ」というやつですかね(笑)

image

あとは何と言っても、トルコの活躍!メダルを取ったことが無いとの事でしたが、今回は男子の金・銀、そして女子の銅メダル獲得!

image

そしてサラ・ロペス選手の優勝(ミックスも個人も)で、今年全ステージ優勝という偉業が達成。レオ・ワイルド選手に続いて、史上2人目だそうです!

image

先日のオリンピック予選で、取材の合間に弓具調査も行いましたが、面白いと思った点をいくつか紹介したいと思います。

① 弓は相変わらずホイットが多いですね。やはり長年培ってきた信頼の表れでしょう。最近は韓国の選手もホイットを使用したりしますが、オリンピック最終予選で特に多かったアジアや東ヨーロッパの選手にも愛されていますね。割合はホイット5:WIN3:ハンドルがホイットでリムがWIN1:MKとFIVICS1という感じでした。
また、面白いのが、男子の方にWIN使用者が多かったこと。女子は圧倒的にホイットが多かったのが印象的でした。
あくまでもオリンピック最終予選の個人戦の数なので、全体とは傾向が違うかもしれません。が、既に枠を獲得しているトップの国と違って、提供されていない選手が多いので、ある意味素直という気もします。

② サイトピンは圧倒的にごく普通な丸いタイプが多い!僕も練習中にロシアの選手に声をかけられ、サイトに付属するシブヤサイトピンがないかと聞かれました。(幸いいつも持ち歩いている修理キットに一本入っていました)
次に多いのはバイターやスピギャのような四角いタイプ。そのうち4分の1ほどはファイバーを使用。最近発売されたFIVICSのカラーサイトピンやタイタンのリカーブスコープサイトピンの使用者も数人見かけました!

③ 約100名の選手がいる中、スーパーレストが4名、旧式の金属レストが4名、残りは全てアルティマリカーブレスト… 売れている実感はあったものの、オリンピック出場を目指す選手にもこれほどご使用頂いていることを見て感謝しかありません。ありがとうございます…

さて、本日はリカーブ決勝戦の取材を頑張ってきます。陽射しにやられないよう気をつけます!またインスタグラムやツイッターで速報を上げさせて頂きますのでよろしくお願いします!


Category: 大会情報、結果, 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

06

17 Fri ワールドカップ&オリンピック予選

こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

実は現在、トルコのアンタリア市におります!毎年恒例のアーチェリーワールドカップに加え、実はリオオリンピックの最終予選も行われています! アーチェリー競技の出場枠を獲得するのは今大会が最後のチャンス。男子の方ではまだ個人1人分の枠が確保出来ていない日本代表にとっては大事な大会です。 火曜日の夜に出発し、昨日(水曜日)の朝に現地入り。空港で偶然会ったアメリカの協会関係者と同行しましたが、行き先がホテルではなく、会場に直行!同じ大陸を跨ぐ長距離移動で疲れているはずなのに、流石なパワーです。同じくオリンピック予選のためにいらしていたグレッグ・イーストン会長とワールドアーチェリー服局長トム・ディーレンさんと一緒にスリーショット!身長差…

というわけでホテルのチェックインもせず、早速挨拶回りと観戦!実は今回ブース出店がなく、選手のサポートと交流、そして大会の取材がメインの出張です。 渋谷アーチェリーのインスタグラムやツイッターで更新していますので、ぜひチェックしてください! 個人的に一番嬉しい選手の活躍は中学生の頃からサポートしてきたドマゴイ・ブーデン選手!3位決定戦進出だけでなく、ワールドカップファイナルの出場まで決めてくれました!素晴らしい成長ぶりで感動しました…

会場で挨拶(英語できないため本当に挨拶だけ)もできたキ・ボベ選手ですが、残念ながらエリミネーションで敗退し、決勝戦へ進出できませんでした… でもオリンピックの出場はもう決定していますので頑張って欲しいですね。実は彼女のために特別に作った非売品のシブヤ製品を渡してあるんですが…わかりますか?)

そして肝心なオリンピック予選。#6シードの日本は#11のイギリスと対戦。シードも順位は低いものの、力の差はなく、強い対戦相手です。 一日よく方向が変化する、読みづらい風が吹いて、午前の個人戦でもかなり荒れていました。そしてオリンピック予選もそう。隣でやっていたメキシコ(普段はかなり強いチーム)が呆気なくカナダに敗れる。

そして日本も苦闘が強いられました… 1セット目では48点、イギリスが49点でギリギリセットポイントを獲得。しかし、2セット目は日本が53:48で勝ちセットタイへ!残念ながら、そのあと48、47と低めの点数が続き、まさかの初戦敗退に…
どうせなら日本を倒してしまったイギリスに勝ってほしい!そう思いましたが、残念ながら彼らの出場も実現出来ませんでした。日本と同じく、男子は個人1人の出場に。そして同様に、ドイツの男女、アメリカ女子、フランス女子などの強豪チームも次々と敗退。会場が歓喜と涙でいっぱいに…

最終的に、団体枠を獲得したのは

男子
マレーシア
フランス
インドネシア

女子
ウクライナ
イタリア
台湾(チャイニーズ台北)でした。

オリンピックの枠取り大会の観戦は初めてだったので、取れなかった選手のショック、取れた選手の喜ぶ姿がとても印象的でした。

明日は個人の出場枠がかかっています。
見応え充分な試合、楽しみにしています!


Category: 大会情報、結果, 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

02

03 Wed 世界一周の旅④ ベガスシュート

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。少し遅くなりましたが、世界一周の旅の最終回をアップさせていただきます!本日はビル・マレー主演の映画「恋はデジャ・ブ」(おすすめ!)で有名なグラウンドホッグ・デイ。ジリスが檻から顔を出して自分の影を見ると、冬があと6週間続くという占いの行事です。

毎年恒例のベガスシュートに行ってきました。

今年は50回めとのことで、いつもに増して主催者が気に入っていたようで、会場のカジノホテルがアーチェリー色に染まっていました。エレベーターのドアまで!

試合前日、トップ選手のスティーブ・アンダーソン選手、リンダ・オチョア選手と練習会を開き、射ち方やチューニングのヒントを頂きました。

今年は参加者数がなんと3000人を超え、CP男子の賞金が50周年に合わせ5万ドルになっていました!そのプレッシャーのせいか、いつもより満点を達成できた選手が少し少なかったような気がします… 初日は34人、最終日に残ったのがたった5人と異例の状況でした。

そして899点をマークした選手が敗者復活戦で「ラッキードッグ」と呼ばれるシュートダウンの最後の出場者を決定!シュートオフの末、現インドア世界チャンピオンのセルジオ・パ二選手がラッキードッグを掴みました。

そしていざ、ベガスシュート名物のシュートオフ!出場者は3度の優勝経験を誇るチャンス・ボウボフ選手、レオ・ワイルド選手の弟であるローガン・ワイルド選手、アーチェリーラーニングセンターで有名なジョージ・ライアルズ選手、若手のジャスティン・ハナ選手、イラン出身のレザ・ザマニネジャド選手、そしてラッキードッグのセルジオ・パ二選手!

パ二選手がシブヤ使用選手であることもあり、スポンサー席から応援しました。

今年はいつもと違って、最初からインナーテンのシュートオフ。一エンド目が終了し、会場がざわつきました。もしかして…?

そうです。敗者復活戦で出場を決めたセルジオ・パ二選手だけが30点を決め、1エンド目で優勝を決定!ラッキードッグが優勝するのも初めてであり、観客席から大きな歓声が上がりました!

そして、実はシブヤ使用選手が優勝するのも初めてで、僕も今までにないくらい嬉しく心臓がバクバクしていました!しかも、僕が入社してすぐの最初の出張で、最初に知り合って最初にスポンサーを決めた選手で、9年間の長い付き合いで本当に大切な選手なので、改めて海外営業の仕事にやりがいを感じる瞬間でした。

そうして2016年度ベガスシュートと、3週間の海外出張が幕を閉じ、現在成田空港に向かって移動しています。日本に帰り皆さんに会えるのが楽しみの反面、次に海外の大会が見られて選手たちに会えるのが来年になると思うと甘酸っぱい気分です。

また来年、海外の大会から色々と報告させていただきますのでよろしくお願いします!


Category: 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

01

24 Sun 世界一周の旅③ ランカスタークラシック

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

いよいよ世界一周の営業の旅の3か所目に到着しました。
シブヤのアメリカ代理店であるLancaster Archery Supplyが主催者のランカスター クラシックにきました!

ランカスターとはペンシルベニア州の地方で、主に農場やメーカー工場が多く位置している場所で、アーミッシュという民族の集落もいっぱいあります。
ここで1983年に店舗を構えたのがランカスター・アーチェリーサプライ。アメリカ最大級のショップ・卸業者であり、特にターゲットアーチェリーに力を入れてきました。

ランカスタークラシックはランカスターのショップで2004年から開催されている大会で、今年は900人をも超える世界レベルの参加者数に成長しました。今までショップの施設を使用していたのも、今年は遂に大きなイベント会場を借りることになりました。

メインの射場が2か所、プラクティスレンジが2か所、そしてメーカーブースが20社以上。ラスベガスシュートやニームヨーロッパインドアにも劣らない規模に感じました!サッカーなどに使われる施設らしく、足場が人工芝でふかふか。長時間立ちっぱなしのブース営業には大変嬉しい会場です!

もちろんアメリカの選手が中心になっていますが、マイク・シュルッサーやモーガン・ランディンなどのヨーロッパの選手も数多く参加しています。

ベガスシュートと違って、ランカスタークラシックではアウターテンが10点、インナーテンが11点とカウントされます。60射で660点満点になります。

RC男子ではブレイディ・エリゾン選手が643点をマーク。11点が45、10点が13、9点が2。つまりワールドアーチェリーの大会であれば598点、という驚異的なスコアです!女子の部では同じアメリカのマッケンジー・ブラウン選手が603点でトップ。
CPではレオ・ワイルド選手、アレックス・ウィフラー選手、クリス・シャッフ選手が658点で同点のトップに立ちました。ワールドアーチェリースコアでは598点です!強い…
女子の方ではトーヤ・チェルネ選手、サラ・ランス選手が645点でトップ。

そして、昨日はブース営業終了後、ランカスターのショップにも顔を出してきました!  実は9年前に、入社直後にも一度訪れましたが、更に規模が拡大し、世界有数の立派なショップに成長しました。

アメリカのアーチェリーショップには欠かせないハンティング用品もいっぱいで、社員が仕留めた鹿などのトロフィーが飾ってあります。

ショップには射場も併設され、その場で道具を試したり、チューニングを行うことができます。

1階には更に大きな射場があり、アメリカとカナダのナショナルチームメンバーが練習していました!

入り口には様々な雑誌記事や、社長のロブ・カウフホルドさんが所属していたアメリカのナショナルチームの名簿が飾ってありました。

そして今朝窓の外を見たら…

20年に一度と言われる大雪嵐にはまってしまいました… 本日予定していた競技の全過程が中止となってしまいました。ホテルから出ることすら困難な状況です。オーストリア出身の身としては懐かしい光景ですが、仕事への影響は大きいですね…主催者も可哀そうです。
でも、明日予定しているシュートオフは予定通り行われる見込みなので、楽しみです。

また報告させていただきます!よろしくお願いします。


Category: 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

01

21 Thu 世界一周の旅② ニューヨークのアーチェリーショップに行ってきました!

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。先日も書いた通り、現在世界一周の旅中です。現在ニューヨークから、アメリカ最大級のアーチェリーショップのLancaster Archery Supply のあるペンシルベニア州に向かっています。

昨日までは休日でしたが、せっかくなので、仲良くしているニューヨークのアーチェリーショップに顔を出してきました!

夜の11時まで営業しているとのことで、7時に向かう約束をしていました。宿泊していたマンハッタンからA線でクィーンズに向かう!が、乗っている電車が何らかのトラブルで各駅停車のC線に変更され、調べていた路線と違う駅名が続く。えっ?えっ?大丈夫か?と思いながらもそのまま向かいました。そうしたらいつの間にか寝てしまい(ニューヨークの地下鉄では自殺行為!でもそこそこ混んでいて女性も多かったためかなにも取られずに済みました)、起きたらRockaway Aveに着いていましたので慌てて降りました。が、よく考えたら行き先はRockaway Blvdでした!微妙に違う!

という、慣れない土地で色々と迷いながらの感じですが、幸い無事に最寄り駅に到着しました。真夜中のように真っ暗なクィーンズの路地を辿って行きました。道はわかりやすかったです、グーグルマップさまさま!

本当に暗かった!

でも5分ぐらいしたら見えてきました、Pro Line Archery Lanes。

ここのショップのオーナーの一人は長年仲良くしてくださっているリカーブ選手のジョー・マックグリンさんで、以前から、ニューヨークに来たら寄ってねと誘われていました。

アメリカのアーチェリーショップらしく、鹿の頭が外に飾ってありました。入るとこんな感じです:

アメリカのショップでは一般的ですが、射場と一体化しています。販売も行っていますが、初心者の指導や、ちょっとした大会も行っているそうです。最近は、未婚者の男女が二人きりになるのが禁止されているオーソドックス・ユダヤ教徒のデートスポットとしても人気だそうです!

初回の利用は初心者講座(射型の説明がメイン)を受けてからレンタル弓具で実射。2時間で20ドルだそうです。常連客になって自分の弓を購入する方は5~10パーセント程度だそうですが、それでも初心者の利用は収入の大きな部分を占めるそうです。

因みに自分の弓具を持っている方は25ドルで時間無制限で利用できるそうです。

軽食やソフトドリンクもあり、アットホームな射場でした!僕も何人かベガスなどで会ったことのあるアーチャーと再会できて楽しかったです。

ニューヨークの滞在、出張の合間にいい息抜きできました。ランカスターでもフルパワーの営業できそうです!また報告しますのでお楽しみに!


Category: 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2015

12

08 Tue 先端材料技術展2015
ブログをご覧の皆さん、ご無沙汰しております、こんにちは!
SHIBUYAオリジナル製品の開発をしている梅澤です。
もの作り、とりわけ今までにない物を作るとなると
新しい素材、新しい加工方法などの情報を常にバージョンアップし取り入れていかないと
広く長く受け入れられる弓具を作るのは難しいです。
ということで、私や私の職場のスタッフは
しばしば工業系の展示会を見に行き、従来と異なる知識を持つことを心がけています。
先週、東京ビッグサイトにて、“先端材料技術展2015”という展示会が行われており
私も見に行って参りました!
“アーチェリー×先端材料 と言えば何といってもまずはカーボンということになると思います。
カーボン製部品の製作に携わって頂いている、複数の協力企業が出展しています。
そんなつながりから、アーチェリーの弓一式を展示させてもらえませんか?との依頼があり
今回、会場に展示をさせて頂きました!
同じコーナーには先端材料を使ったレーシングカーやカヌー
有名メーカーのテニスやバトミントンのラケットやゴルフクラブなどが展示されていました。
他のスポーツの最新の用具にはどんな素材がどんな使われ方をしているのか?
などを一度に見ることができるので、こういった展示会はとても興味深いですし
新しい弓具に使えるかもしれないヒントももちろん転がっています!
先端材料の技術を近い将来、SHIBUYAの製品に生かして皆さんにお届け出来るよう
日々取り組んで行きます。

Category: 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2015

11

26 Thu 村田さん結婚式に行ってきました

みなさん、こんにちは。

シューター島田です。

11月22日、弊社通販スタッフ村田の結婚式に出席するため名古屋へ行ってきました!!

仕事上「村田」と言ってますが、島田からすると同じ日体大の2つ上の先輩になるので

「村田先輩」とちゃんと呼んでます

さて、そんな村田先輩ですが11月22日【いい夫婦の日】という非常にゴロが良い日取りでした。

是非いい夫婦になってくださいね~

お相手は市川さんは、近畿大学アーチェリー部で村田先輩とは学年が同期の方です。

当時、私達の代で部長をされていた清田先生は、日体大と近大の二人がどこで仲良くなったんだ

と非常に不思議がっていました

さて、以前のブログで村田明日香ダイエット計画の記事を書きましたが、(記事はこちら

実はこの結婚式で綺麗にドレスを着るためだったんです!!

村田先輩には7月上旬から毎朝島田に体重を写メする、ということを実行してもらいました。

これで、毎日体重計に乗るという習慣をつけてもらい、

何を食べてどう動いたら体重が減るかということを認識してもらいました。

毎朝6時30分に決まってLINEが送られてくるのですが、

明らかに増えていたら、会社に出社した際に「昨日何食べたんですか?どういうつもりですか?」と

問い詰め、減量ができていたら褒めるという、アメとムチ作戦で意識を変えてもらい、

結果、、、5kgの減量に成功しました

綺麗なウエディングドレス姿ですね~

毎日6時30分に携帯が鳴る事もなくなり、寂しい限りですが

リバウンドしないように見張っていきます

結婚式では日体大OBによるエッサッサを余興で行いましたが、

裸の男子の写真を晒すのはちょっとアレなので掲載しません

でも安心してください、穿いてますよ。(ただ言いたいだけです、すみません

ということで、社内で「市川さん」っていうと

「なに??」って嫌な顔されるんですが、

慣れるまで言い続けようと思います。

渋谷アーチェリーファミリーも大集合でした!(写真提供:関一也さん)

お二人の将来に幸あれ~


Category: 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2015

11

09 Mon ~WIAWIS~CYCLE MODE 2015

こんばんは。土屋です。
普段は渋谷アーチェリーの卸売り(全国のショップ様を担当させていただいております)担当として、
新宿店の奥にあるオフィスで働いています。

ごくまれに、大会などでなじみのお客様より、お店に行ったのにいつもいませんね、お休みですか、
などと聞かれることもあるのですが、
運がいいと(悪いと?)ふらっと店内などでも見つかるかもしれません。
その際にはよろしくお願いいたします。

さて、心機一転、これからもこうやって不定期で登場してみようかなと思っております。
今週末には埼玉県の宮代にある、関東のアーチャーさんにはつま恋と同じくらい有名な「はらっパーク」にて、
関東選抜大会の応援に行く予定です。参加される高校生の皆さん!頑張ってください!

そんな土屋ですが、先週末は、新宿から、地元でもある船橋を通り過ぎて、
幕張メッセに行ってきました。お目当てはというと、

これです!
皆さんももう頻繁に見たことのあるロゴですよね!WIAWIS!
そう、この日は幕張メッセで催されていた「CYCLE MODE 2015」に、
WIN&WIN社がアーチェリー事業とは別に世界で展開している「WIAWIS」ブランドとして、
ナノカーボンバイクを日本初出展されるということで、代表して私土屋と相川でお邪魔してきました。

アーチェリー会場でもきっと有名なこのお二方、
軽々と持ち上げているのが今回の目玉でもあるナノカーボンバイク「CUL6」です。

当然本職でもない私が細かく説明するのもお門違いなので、アーチェリーに結び付く部分だけ簡単に記すと、
ロードバイクでは最も胆となるフレーム部分に、
現在のWIAWISシリーズに使われているナノカーボン素材はもちろん、
これまでのリム開発で培ってきたカーボン/フォーム加工技術を搭載し、
世界一の軽さと、しなり、を実現しているそうです。まさに高性能なリムとつながるワードですね!

気になるお値段は・・ご興味のある方がいたら土屋まで!

会場では、WIN&WIN社の朴社長も来日しており、
私もおよそ二年ぶりにご挨拶することができました。

朴社長のアイディアとバイタリティには私もいつも驚かされるばかりなので、
自転車事業もあっという間にアーチェリーと並ぶトップブランドに成長するのではないでしょうか。
僭越ながら、今後のご発展を期待しております!

実は私も、この「CLU6」ではないのですが、当日会場内の外周コースにて、
WIAWISブランドのロードバイク「LIBERTY」に試乗させていただきました!
初めて乗る高性能自転車の軽さとなめらかさ、静かさにはびっくり。ちょっと怖かったですが・・
貴重な体験をありがとうございました。


Category: 注目の記事, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ