2017

01

05 Thu シューター島田のインドアセッティング紹介

みなさん、新年あけましておめでとうございます。

シューター島田です。

昨年から使用しているWIN & WIN のドラゴンフライ40のインドアでの使用アクセサリーとセッティングをご紹介します。


●ハンドル

WIN & WIN ドラゴンフライ40 (カラーは特注です)

ドローレングス:30インチ

ポンド:53.6ポンド

レットオフ位置:60%

●サイト

本体:シブヤ アルティマ 365-6

スコープ:CRスコープ 35mm

レンズ:35mm用ヴェルデプラスレンズ

ドット:ガンスタードットパッケージ レッド 2mm

ピープ:Nトム チューブピープ

ピープインサート: 3/32

●レスト

本体:サムシングワイルドCPレスト

板バネ:ベストランチャーワイド .10

板バネの先端:レスト取り付け穴の中心から1/8インチ上 1インチ後ろ

(ノッキングポイント:レスト取り付け穴の中心から0)

ランチャーの位置:矢の中心がハンドルの内側から1+1/8インチ

●スタビライザー

センター:FUSEカーボンXテーパー30インチ ウエイト(特注品)4オンス

サイド:FUSEカーボンX15インチ ウエイト(ドインカー4-2-1)12オンス+ヒーローダンパー

●ストリング

メーカーデフォ

●矢

シャフト:カーボントライアンフ350 ノック溝からポイント先まで32.5インチ

ポイント:175gr

ノック:3Dスーパーノック(スーパーユニに変更)

ベイン:Dベイン380 ノック溝から1 3/8インチが貼り始め ヘリカル

●チューニング

ペーパーチューニング:やや横向き(矢2本分)

板バネの擦れ:右側の先端に羽根の跡ガッツリ

●その他

グリップにSEVのシールを貼っています。

また、手首が弱いのでSEVのバンドを手首に巻いています。

(SEVの効果に関するお問い合わせ、お試しは島田まで)

*************************************************

インドアは好きではないんですが、ドラゴンフライ40がかなりしっくりきているのでとても嬉しいです。

昨年末の東京インドア町田大会と東京都選手権で589点の日本記録タイの自己ベストが出たので、

北海道の全日インドアと世界インドアの選考会の点数についてはホッとしています。。。

2013年ぶりに、また世界インドアに行きたいです。頑張ります。





セッティングはご参考まで!!

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

インドアのコツをこっそり紹介します。

まあ、アウトドアとそこまで変わらないのですが、、、

「リリーサーを絶対に切りに行かない」です。

18m先の直径2センチの10点に入れるためには

少し繊細なエイミングが必要です。

なので、まずはリリーサーを「切る動き」をしないことです。

切りに行こう、と意識した瞬間に余計な力・トルクがうまれて外します。

なので、切れるであろう方向に「ジワーーーー」っと力を入れることがポイントです。

また、エイミングに関しては、ドットの動きを追わず、「黄色の中心だけ見続ける」ということを意識すれば、

余計なグリップでの左右トルクにならないので、ドットを合わせに行くのではなく、

「真ん中を見続けてそこに力をかける」ということをやってみてはいかがでしょうか!

こっそり島田的ポイントをお送りしました!!


Category: シューター島田
Proshop Blog トップへ

2016

09

18 Sun WIN&WIN ドラゴンフライ40のレビュー

みなさん、こんにちは。

シューター島田です。

手首を怪我してしまったので、最近までリカーブを射っていましたが、

8月頭からコンパウンドを射ち始めました~

せっかくなので、WIN&WINから日本では今年から発売されたドラゴンフライ40を本気で使ってみよう!!

ということで、まじめにちゃんと使いましたので、レビューしたいと思います。

http://www.shibuya-online-cp.com/shopdetail/000000000922/ct107/page1/order/

127,872 円(税込)

54ポンド(50-40) 30インチEZ-3カム カラーは日本未発売モデル(海外モデル)

●重量

重量はデータ上は2.177kgですが、実際に島田の手元にあるのは2.01kgで、150gもデータより軽いモノでした。

2.177といえばホイットのポディウム40と同じ重さですが、それに比べれば軽いよな~と思ったので

測ってみたら150gも違いましたね。軽くてラッキーです。

他の商品を計測していないので分かりませんが、これは軽くていいです。

●グリップ

丸みのあるグリップ。

個人的には、ホイットの角ばったグリップに慣れていて、最強だと思っています。

角が丸まっていて少し平面のあるプライムのグリップだと全力のトルクを掛けてしまい真っすぐ飛ばないのですが、

じゃあ、全体的に丸みのあるグリップはどうなんすか、ってことで全力で疑ってましたが、

これがまた綺麗にグリップできて、トルクもかからないんスよ。

計算してるのかどうかは分かりませんが、びっくりぽんでした。

●リム

DF40はスプリットリムで(37はソリッド)本体に「カーボン」ッて書いてあるので

カーボンだと思います。

スピードが遅いとは感じていませんが、測ってないのでなんともいえません。

なぜそんな中途半端な言い方をするかというと、サイトがめちゃくちゃ落ちたからです。

サイトのマウントからレスとの中心までの距離は、

ホイットのポディウム40が2.5インチで、DF40は2.75インチで微妙に距離があったので、そのせいと

弓の長さに対してレストの位置がポディウム40よりDF40のほうが半インチほど高かったので矢が下に発射されやすいのかなと思いました。

●カム

引き尺調整からレットオフの調整までレンチ一本でできるタイプ。

一番引き尺が短いところでも、引きやすく戻されにくく、また戻されやすいと感じたらレットオフの調整ができるという

そのところはホントに優秀です。

ただ、モジュールがカムを挟んで受けるパーツをネジで止めるタイプなので、

緩みやすく壊れやすいかなと感じました。

最初に色々設定したら、ネジロックで半固定したほうが安心安全です。

●射ち感

トルクがあまり掛からない構造なので、弓が真っ直ぐ出る感じがあり

挙動もナチュラルです。

ただ、ノーマルのケーブルスライダーだと発射時の弓の振動にスライダーの音が加わり、

かなり音が大きくなってしまうので、ホイットのスライダーを使用しています。

ですが、本当に真っ直ぐ弓が飛び出る感じは抜群ですね。

◯まとめ

・軽くてコストパフォーマンスの良い弓としてはマシューズのコンクエスト4以上に素晴らしい弓

・射ち感が良い

・音がうるさいのでちょっと工夫が必要

・調整がとても簡単にできるカムだが、ちょっと破損が心配

・シューター島田がこのままずっと使いたいと思った弓

以上、WIN&WINが日本でも本格的に始めたコンパウンドは、

とても良い弓でした。

皆様からのご注文お待ちしております!!

↓↓オンラインでのご注文はこちら!!

http://www.shibuya-online-cp.com/shopdetail/000000000922/ct107/page1/order/


Category: WIN&WIN, シューター島田, 新商品、おすすめ, 新宿店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2016

08

18 Thu 【新宿店】交通系IC・楽天Edy・iD
・中国銀聯ユニオンペイ使えます

みなさん、こんにちは。ニーハオ。シューター島田です。

北京オリンピックから8年たちましたね。

みなさん、その時に覚えた中国語は覚えていますか?

私は加油(ジャーヨ):頑張れ、しか覚えていません。

さて、新宿店ではそんな中国からのお客様にも安心してお買い物ができる

「中国銀聯ユニオンがご利用可能となりました。

全力の日本語でお送りしているこんなブログですが、

13.5億人の中国の方に届けばいいなと思います。

また、日本の皆様にも朗報です。

交通系ICカードがご利用いただけます。

・Kitaca、Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PASMO、manaca、PiTaPa、はやかけん、nimoca、Shimada

上記のShimada以外全ての交通系ICカードがご利用いただけます。※店頭でチャージはできません
(但、Shimadaのエネルギーチャージはできます)

また、docomoが中心になっていて、専用カード・カード一体型・携帯端末がある「iD」

そして、楽天Edyが使えるようになりました。

是非、皆様が使いやすいごお支払い方法でご利用くださいませ。

ご利用、お待ちしております。

今までどおり、現金でのお支払い

VISA・MasterCard・アメリカンエキスプレス・JCB・ダイナーズのクレジットカードもご利用できます。

謝謝。


Category: お知らせ, シューター島田, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2016

07

29 Fri リカーブ射ってきました-全日本実業団アーチェリー大会-

こんにちは、シューター島田です。

ちょっと2週間ほど経ちましたが、7/16~17に愛知県で開催された

全日本実業団アーチェリー大会に参加してきました。

島田個人のSNSで散々煽りましたが、リカーブを射ってきました。

多分10年ぶり。

参加理由は、リカーブの団体が組めない!!となったので、

「じゃあ、僕やります」と1人上島竜兵状態で、どうぞどうぞ的なアレです。

ノリで手を上げた感が否めませんが、巻き込み事故的にオンライン店長 山本もリカーブを射つことに。

山本(リカーブ国体個人優勝)・商品センター清水(インターハイ団体2連覇)と島田(実績なし)

と、団体では完全に足を引っ張るフラグが全力で立ってしまったので、練習するしかないっすよね。

リカーブ練習初日は6/25。弓はION-X H27にクアトロフォームコア70-44で練習。

感想:指がもげる(ほど痛い)、引手の肩がもげる(ほど痛い)

と、10年のブランクを痛感。しかも1時間も練習できない。

ああ、終わったわぁ、、、心のなかで(むしろ声に出ていたかもしれませんが)呟いたことは言うまでもありません。

と、まあ、なんやかんや練習はするわけですが、その中で引き肩が痛いというのも2週間でなんとかなり、

学生の時から気になっていたクリッカーコントロールができないのも、アンカーに入れる時にクリッカーチェックという技を習得し(現役の時もやればよかった)

なんとか試合1週間前までに4ラウンドくらいは射ち続ける事ができるようになりました。

・・・

事件が起こったのは7/11夕方

島田、クロスバイクを運転中にコケます。(全力の単独)

左膝をアスファルトですりおろして、そしてコケるときに左手を着いてしましい、、、

捻挫です。

ああ、終わったわぁ(とリカーブ再開2回目)と呟きながら、なんとか試合当日にはリカーブのグリップを持つことは大丈夫になりました。

そして結果は287-299/586の予選22位(おっと、予選通過してしまった)。

1回戦は4-6で敗退(人生初リカーブマッチ戦・初ポイント→超絶うれしい)。

団体戦は先に4ポイントを取りましたが、立て続けに4ポイントを取られ、シュートオフの結果敗退でした。。。

いやー、エンジョイアーチェリーしました。ただ、超絶悔しかったのと、手首が痛くてコンパウンドのグリップできないので

しばらくリカーブでリハビリしようと思います。

コンパウンドやって10年前と違うポイントは

・ドローレングスが1インチ伸びた(30.5インチ)

・押し肩が上がっていたのが落ちた

・サイトピンが全く動かない

・リムがすごく進化してミスをカバーしてくれた

・クリッカーチェックを身についけた

です。上の3点はコンパウンドをやった成果かと思います。

是非、このような悩みを抱えている方はコンパウンドをやってみてはいかがですか??

****

さて、今回は要項にテントを持参のこととあったので普通に売っているレジャーテントを持って行きました。

↑写真の選手の後ろにあるような角に支柱があって、ガバッと広げてズズッと上げて組み上げるのが一般的ですよね。

最近、富田さんの影響でよく見ることになったアウトドア用品ですが、

前もオススメしましたがsnow peakっていうブランドを見ていたら、

「タープ」っていうのを発見しました。

富田さん曰く、キャンプやBBQなどの日除けに使われるらしいです。

軽くてコンパクトになるので、持ち運びも比較的に楽なんだとか。

持って行ったテントはペグも無くなり、幕もヤバそうだったので、

これを参考に新しく買い替えを提案してみようかと思います。

Your Outdoor LifeもYour Archery Lifeもこんな素晴らしいもので豊かになりそうですね。

それではまた~(笑)

※写真提供:中村和音様


Category: シューター島田
Proshop Blog トップへ

2016

06

23 Thu あーあ、また負けました(社会人ターゲット)

こんにちは、シューター島田です。

お店のブログを使わせて頂き、

先日の土日に行われた社会人ターゲットの反省をしたいと思います、、、ハァ、、、


結果は山本がオンラインブログに書いた通りっす。

ランキングラウンドは2位(342-338/680点)でしたが、

決勝ラウンドは準決勝で負けて、3位決定戦で負けて4位。

以前、指導していただいた方に「トーナメントで2回も負けるのは4位の選手だけだ」と言われ、4位だけには絶対になりたくないんですが、

なっちゃいましたね、4位。

いつも、風の記録会や試合は風の勉強をさせてもらっているんですが、

ターゲットパニックを克服した後の試合で、こんなに風が強かったのは初でした。

MからMまで流されるドット(レンズ8倍)、そして緩む引手の肘。。。

無意識にエイムオフできずに中心を狙って射ってしまい、流される矢。。。

なんか太い矢でも、X10でももう変わらないだろうレベルでしたけどね(投げやり)。

まあ、風の日の対策の基本として

①エイムオフをする

②風上にスタンスし、矢を風に流すように射つ

③風下に射たない(エイムオフしてそのまま飛んでもしょうがない)

が島田的な風の基本ですが、、、

全力で左右のサイトを変えてしまったので、正直どこが真ん中なのかもわからなくなりました。ミス!!!!!!

では、今回の残念な結果をどう活かすか考えた時に、

①エイミングの精度を上げるためにレンズの倍率を下げる

②風に流されない「下半身」作り

をしようとおもいます。

まずは、サイトのエクステンションを下げて倍率を下げようかと。

うまくいかなかったら7倍のレンズを発注っすね。(当てようとするとお金がかかります…)

そして、膝の調子が悪くて上半身ばかりトレーニングしていたのでびっくり足が細くなってしまったんですが、、、

スクワットとデットリフトとレッグプレスをガンガンやって、バランスボールも使いながらトレーニングしたいと思います。


↑の写真を見てガックリ、、、せっかくウエストより胸筋大きくなるようにトレーニングしたのに、

腹筋が使えず、体が反って、タダの太ってる人に見える。

…じゃなくて、体が反って腹筋が伸びて肩に力が入ってる

こんなんじゃダメっすね…もっと頑張ります。

超個人的な話ですが、この試合に島田の母親が見に来ました。

アーチェリーを高校で始めて10何年ですが、両親は自分がアーチェリーをしている姿を一度も見たことがなかったんです。やっと観てもらえてよかったです。優勝したらカッコ良かったんですけどね。競技をバリバリやっていると、親孝行も全くできないのでとても心苦しいですが、とりあえず成績でお返しするしかないですかね…

このような大きな大会では後ろに応援に来てくれるのって嬉しいですよね。

ただ、観客席がないので(国体は別)椅子を持っていくしかないんです。

最近、オンラインスタッフの富田さんの影響でアウトドアブランドをよく見るようになったんですが、

snow peakっていうブランドがカッコよくて大好きです。




ここのこんな椅子↓を次回も両親に来てもらうためにプレゼントしたいと思います。



これで折りたたみができるので、小さな車にも乗りますね~。

応援は本当に力になりますね。ほんとうに感謝です。

ということで、今後も頑張ります。

SHIBUYA -Your Archery Life-



Category: シューター島田
Proshop Blog トップへ

2016

05

24 Tue あのターゲット用大口径シャフトを射ってみました

みなさん、こんにちは。

点数はお金で買う主義のシューター島田です。

最近流行ってますね、競技用大口径シャフト。

っていうことでテストで使ってみました、VICTORYのCP204(same 3DHV?)。


(※弊社では今後もお取り扱いはしません。ビクトリー社 CP204。CPの機種に同じ名前があって分かりにくい世の中です)

最初に大口径シャフトを使ったのはいつだったでしょうか、、、

まあ、全力で覚えているのですが思い出したくなかっただけです。

さて、最初にターゲットにも使えるオールカーボンの大口径シャフトを使ったのは

2010年の全日本フィールド(世界フィールド選考会)です。

使った矢はイーストンの「ライトスピード3D」です。


(イーストン ライトスピード3D。Made in USA。イーストンのカーボンも日本のやつだから日本製っすかね。なんて)

イリミネーションをシュートオフで通過し、ファイナルにまで行くことができました。(選考点を射ち且つファイナル1位が代表っていう時代)

つまり、あと2回勝てば代表でした(結果4位)。いやー思い出したくない。

それで、敗戦の原因の1つは「風」でした。いやー、風に流される流される。

どのくらい吹いてたかは6年前なので覚えていませんが、

佐伯国際のファイナル、60メートルのフラットでこんなに行くかーー?って言うくらいでしたね。。。

これで止めました大口径シャフトは(負けたし)。

あと、ライトスピード3Dはチューニングが大変でした。グルーピングさせるのがとても大変でしたね。

そこで、CP204の登場ですよ。

皆さんお使いなので、使ったら島田ももっと点数出るかなーと思って使ってみました。

スパイン、シャフトの長さ、ポイントの重さ、羽、そしてノックと全て今使っているX10 350番と同じで作成しました。

軽いというのでどこまでサイトが変わるかなーと思ってノンチューニングで同じ的に射ちましたが、

結果はこれ↓↓


(なんで羽とノックの色を一緒にしたんだ!!見づらいだろ!!と思いますよね、ゴメンナサイ)

えーと、、お分かり?の通り、アップ9点辺りでグルーピングしているのがCP204で、

真ん中のグルーピングがX10です。

すこしサイトが高くなるようですね。

グルーピングに関しては、「性能が悪いからラインカットでいいや~」レベルではなく、

ちゃんとガッツリ!見事なグルーピングします(もちろん50mです)。


(腕がいいのではなく、道具が良いんです)

なんですが、、、、
この日は若干風が吹いていて、X10だとしっかり矢飛びも綺麗に飛んでいったのに、CP204だと、普通スコアにそんなに影響しない そよ風 なのにここまで飛ぶの!?っていう矢飛びでした。

無風の試合なんてめったに無いですし、(なんか最近風強くないですか??)

むしろ「風が吹いたからダメだった…」なんて道具のせいにしたり言い訳したくないので、

島田は相変わらずX10を使いたいと思います。

そして再来年のつま恋(ゴルフ場で風が強いという噂)で行われる世界フィールドの選考会をクリアするように頑張ります!!

シャフトに関してのご質問は島田まで!!


Category: シューター島田
Proshop Blog トップへ

2016

05

19 Thu シャーウッド ループストリンガー

みなさん、こんにちは。

今日はシャーウッドから新しく出た「ループストリンガー」をご紹介いたします。


(シャーウッド ループストリンガー ¥1,200-税抜き 色見本はこちらと一緒です)

今までのシャーウッドストリンガーは、リムチップの大きさに合わせて、上リム用のレザーが2種類のタイプが有りましたが、

このループタイプはチップが大きい小さいのどちらでもご使用可能です。

レザーのところがループに変わり、ループの下からストリングを掛けるタイプになりました。


(高負荷が掛かっても切れない丈夫なロープ)

詳しくはこちら↓の説明書をご覧ください。

(とーーーーーっても分かりやすい説明書)

実際に使っている動画を撮ってみましたので、ご覧下さい。



Category: お知らせ, シューター島田, 入荷情報, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2016

04

30 Sat PSEのコンパウンド 試射できます☆

みなさん、こんにちは。

シューター島田です。

PSEのコンパウンドボウですが、下カムのインナーカムモジュールの変更で引き尺の調整が、

トルクスレンチで簡単に調整ができます。

なので、実は、、、渋谷アーチェリー新宿店では試射ができちゃいます。

試射出来るのは、コンパウンド転向応援セットでお馴染みのフェノムSD(50ポンド・23-28.5インチ)をはじめ、

エクスプレッション3D(60ポンド・25-30.5インチ)↓

エクスプレッション(60ポンド・26-31.5インチ)↓

スープラEXT(50ポンド・25-30.5インチ)↓

この4機種が試し射ちができます。

スタッフまでお気軽にお声がけくださいね!!

引き尺とポンドをサクッと調整させていただきます。

ちなみに、、、試射に用いるレストは一番手軽なレストでお馴染みのビスケット型。

このフッサフサしている中を羽根がクリアするタイプです。

競技には全く向いていないので用途といえばハンティングと試射弓用くらいしか思い浮かびませんね。。。笑

ベガスシュートのホイットのブースで全機種試し射ちできたのですが、こちらのビスケットが付いていました。

こんな感じでホイットも試射出来る弓が増えたらいいのですが、、、ドローレングスはカム交換でしか出来ないので難しいですね。。。

カムの特徴は、、、
インナーカムで調整できる↓
メリット:調整が簡単!!
デメリット:カムが重い。引き尺の短いところで効率が悪い・引き戻されやすい

カムの大きさが変わる↓
メリット:効率がいい。軽い。初速が良い
デメリット:大きな引き尺の調整が出来ない

ご参考まで〜。。。


Category: シューター島田, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2016

04

22 Fri PSEエクスプレッション3Dレビュー

こんにちは。

シューター島田です。

昨年末から、PSEのエクスプレッション3D、SUPRA、ELITE VICTORYと今年は色々な弓を試しました。

結果、HOYTのポディウムXエリート40を選んだ、というのは先日のブログでお知らせしたとおりです。

また、今後も先日届いたマシューズのハロンXと、Win & Win のドラゴンフライを試す予定です。

さて、今年はPSEのラインナップが優れているので渋谷アーチェリー新宿店に展示して皆さんに触って頂く機会を増やしてみました。


(左からエクスプレッション3D、エクスプレッション、スープラEXT、フェノムSD。すべてPSE)

そこで、エクスプレッション3Dの方をテストしてまいりましたので、ちょっとだけですがご紹介させていただきたいと思います。

エクスプレッション3Dは太めのグリップですが、ハンドルが短いため中心にギュッと重さが集まっている感覚。

なので、軸間が長い(普通のエクスプレッションなど)弓が的方向のモーメントで射ってくれるような感じは40インチほどではありませんがそこそこ感じられ、

かと言って手元でコントロールしなければならない感覚が強いかといえばそこまでではない、という印象でした。

射った感触と当たりのバラバラ感はなく、むしろ、しっかり集まってくれます。

ただ、重量が2100gを超えるので、ずっしり重い、という印象でした。

チューニングに関してはとても簡単でした。

レストのセンター出しや、カムリーン調整はとても難なくでき、なんでこんな矢飛びなんだ!?みたいなことはありませんでした。

リムのセンター調整機能が付いているリムポケットはとても便利で、調整次第でトルクの軽減ができます。

また、DMハイブリットカムの調整もトルクレンチが有れば簡単にドレーレングスが調整できます。

島田は30インチですが、引きやすく、戻されづらいカムでした。インナーモジュールが付いているので、スピードは遅いです。

リリースした瞬間に変なブレを起こすようなレットオフでもないので、非常に素直といった感覚でしょうか。

このレビューが、エクスプレッション3Dと運命のマッチングを起こす人に届きますように!!

ちなみに新宿店では、PSEのフェノムSDのセットを販売しております!!

リーグ戦が終わった4年生の皆様にオススメです!!

ご参考までに。。。


Category: お知らせ, シューター島田, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2016

04

20 Wed 雑誌アーチェリー5月号発売中

みなさん、こんにちは。

本日雑誌アーチェリー5月号の発売日です。


雑誌アーチェリー5月号(表紙は慶應義塾大学 大井選手)

さて、今回の内容は、新宿店スタッフの種部がジョージ・ライアルのコンパウンドセミナーを訳して解説したり、

シューター島田が、有志で行ったコンパウンド合宿の報告が掲載されています。

今月号も見所たくさんの雑誌アーチェリー5月号は、¥907-(税抜き)で発売中です。


Category: お知らせ, シューター島田, 入荷情報, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ