2020

10

23 Fri 河本が全日に向けて取り組んでいること ~トルクチューニングについて~

みなさんこんにちは!

渋谷アーチェリー河本です。

10月30日から11月1日にかけて行われる第62回全日本ターゲットアーチェリー選手権に当社からは山本、坂本、河本の三人が参加することになりました。

皆様に会えることを楽しみにしています。

さて今回私が全日に向けて取り組んでいることをお伝えしたいと思います。
試合の前には弓の状態をチェックしたり、チューニングしたりするものですが、その中でも私が重視しているのがトルクチューニングです。
トルクチューニングとは、弓を射つときに弓にかかるトルクの誤差を打ち消すチューニングなのですが、そもそもトルクってなに?という方もいるかもしれせん。

トルクとはグリップを押そうとしたときに弓が左右へ回転しようとする力を指します。
自分では自然に真っすぐ押しているようでも、人によって親指側から押し込んでいたり、人差し指側で押し込んでいたりと、人によって変わってきます。
また風が吹いている状況だと弓に風が当たることで。自然とトルクがかかります。
試合ではちょっとしたミスが勝敗を分けることがありますが、このトルクが勝敗を分けるミスにつながるかもしれません。
トルクの影響を最小限に抑えるためのチューニング方法「トルクチューニング」を紹介します。

調整手順
①    レストの前後を調整する。
②    サイトの前後を調整する。

確実に黄色に入る距離で行ってください。
弓に自ら左右のトルクをかけながらグルーピングを見ます。
チューニングがあっていない状態だと左右で2つのグルーピングができるはずです。


グルーピングが1つになる用にレストの前後かサイトの前後を調整してください。

スイートスポットを見つけると幸せになりますので是非お試しくださいませ。

※セッティングを見直した時(特に矢の長さが変わった時は要注意)見直すことをお勧めします。

チューニングにお悩みの方は渋谷アーチェリー世田谷店にご来店くださいませ!


Category: シューター河本, 商品レビュー
Proshop Blog トップへ

2020

07

26 Sun ~Get a girp!

こんにちは、世田谷店の種部です。
四連休最終日も朝から雨が、と思っていたら開店時間には世田谷は青空が広がっていました。

世田谷店ではWIN JAPANさんの協力によりWIN&WIN/WIAWISの製品の展示や試射を充実させていきます。
今日ご紹介するのは、ウッドグリップ。

弓とアーチャーが接する部分で、重要なパーツです。
グリップの良し悪し(正確には自分に合うか合わないか、と言うべきですね)は、
単に握ってみた時の感触で判断すべきではありません。
グリップの形状は押手の肘や肩のライン位置関係に影響します。
実際に弓を引く時、クリッカーを切る伸び合いの時に押手のラインを作りやすいかどうかが重要なのです。

世田谷店では実際に射って試して違いを実感していただけるよう、
WIN&WIN/WIAWISのウッドグリップを各種取り揃えてお待ちしています。
店内の試射用の弓でもお試しいただけますが、
ご自分の弓をお持ちいただいてグリップをセットして試していただくこともできます。
近射スペースには限りがございますので、試射ご希望の際には事前にご予約をお願いします。
ご予約はこちらから↓↓↓
WEB予約ページ
お電話、メールでも受け付けております。


Category: SHIBUYAアーチェリー, WIN&WIN, 世田谷店, 商品レビュー, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2020

05

31 Sun SHREWD RevX レビュー

みなさんこんにちは。
SHIBUYAアーチェリー新宿店の岩崎です。

最近発売した、SHREWD RevX スタビライザーを物流の坂本が使用しているようですので、どのようなスタビライザーなのかレビューをしていただきました!
【ONLINE商品ページはこちら】

スタビライザーの重さは
・8インチ 4オンス
・10インチ 4.2オンス
・12インチ 4.5オンス
・15インチ 5.1オンス
・26インチ 7オンス
・28インチ 7.4オンス
・30インチ 7.7オンス
・32インチ 8オンス
(1オンス=28.35グラム)

直径は、0.630インチ(約16mm)でやや細めでアンチウィンド設計です。
ウェイトはタングステンウェイトと黒いアルミウェイトが3個ずつ付属します。

HiLo-S Slide-Over Passive Vibration Damperは、するする簡単に動かせるので好きな位置に移動できます。

↓坂本レビュー↓
射ち感としてはONYXと比べて硬い印象です。
僕が思う良いスタビライザーの特徴は、雑にウォールにあてて引いても、サイトスコープに振動が来ないようなスタビです。
RevXは雑にウォールにあててもサイトスコープはほとんど揺れません。
もちろん射ったあとの衝撃もONYXより少なくなっています。
ONYXとRevXは重さはそんなに変わらないので、純粋に硬さの変化が大きいです。
※ウェイトは前8オンス、後ろ16オンスでの感想

私、岩崎はまだ試射もしたことがないので、コンパウンドスタビライザーはモデルによってどう変化があるのか気になるところです。
試射用が入荷しましたら、ブログやSNSで告知しますのでお楽しみに!


Category: 2020年モデル紹介, シューター坂本, シューター岩崎, 商品レビュー, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2020

05

22 Fri ~PSE セントリックスSD 初心者にも扱いやすいコンパウンドボウ

こんにちは。新宿店の種部です。
少し明るい兆しも見えてきたようですが、まだまだ外出自粛ということで練習に行けない日が続いています。
練習しないと弓が引けなくなるのでは、という不安をお持ちのリカーブアーチャーも多いはず。
室内でできるトレーニングもありますが、コンパウンドボウという選択肢もあります。
コンパウンドボウは滑車の効果でフルドローすると初心者の練習用弓ぐらいの負荷になり、
身体的な負荷が軽いので練習の間隔が空いても楽に、しかも良いフォームで引くことができます。

そんなコンパウンドボウの中でも、初心者にも扱いやすいPSE セントリックスを紹介します。
モデルとしては2019年までの「フェノム」の後継機種に当たりますが、
センタープル方式のバイナリーのカムを搭載した本格的なターゲットモデルです。
引き尺調整はPSE得意のインナーモジュール回転式。ボウプレスなしで簡単に調整できて調整範囲も広いので、
引き尺が変わる可能性があるコンパウンドビギナーも安心です。


ハイエンドモデルのEVOシリーズに近い、ほぼストレートなハンドルは
スピードとコントロール性のバランスが取れた扱いやすいデザインといえます。
本体重量は1,600グラム台と軽量なので、アーチェリービギナーの方にも無理なく扱えます。

PSE セントリックス SD
軸間距離: 33インチ
ストリングハイト: 6.375インチ
ATAスピード:305-297FPS (引き尺26.5インチで計測)
カム:SBカム 75%レットオフ
本体重量:1,630グラム
引き尺: 23- 26.5インチ(0.5インチ単位/回転モジュール式)
ピークウエイト: 40ポンド、50ポンド(約15ポンドダウンできます)
ハンドルカラー:プラチナムチタニウム、パープル、ローズゴールド、ブラックチェリー、ホワイト、ブラック


コンフォートグリップ・システム:フルカバーのプラスチックグリップを取り外した状態でも違和感なく使用できるデザインになっています。


ハンドル下部にはカウンターバランスを取り付けるためのネジ穴が設けられているので、
ハイエンドモデルと同等のスタビライザーセッティングが可能になります。


SBカムは短い引き尺でも効率よくパワーを引き出せるデザイン。
回転式インナーカムモジュールを搭載しており、引き尺調整が簡単で確実。

引き尺が長い方にはロングドローモデル(引き尺調整範囲26.5-32インチ)のセントリックスLDもあります。

PSEのコンパウンドボウに関するお問い合わせご注文は渋谷アーチェリー新宿店もしくはONLINE店まで
渋谷アーチェリー新宿店のお問い合わせメールはこちら→members@shibuya-archery.com
ONLINE店はこちらをクリック


Category: 2020年モデル紹介, PSE, お知らせ, 商品レビュー, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2020

02

09 Sun ベガスシュート 訪問記 第三話

みなさんこんにちは!

河本です。

ベガスシュート二日目の様子をお伝えします。

渋谷アーチェリーブースは今日もたくさんの方が来てくださいました!

スタッフシューター セルジオパニ選手は今日も300点!サインありがとうございます!

ベガスシュートが盛り上がるもう一つの要因 2020インドアシリーズファイナルが行われます。
私も直接見るのは初めてのブレイディエリソン選手などいつも画面上で見ている選手の試合を間近にみることができます。

うまい。。。。。

エリソン選手は1日目2日目とパーフェクト300点をマーク。
ということは600点世界新記録が出たということになりますが、ベガスシュートは公認試合にはならないため、世界記録にはなりません。
明日300点が出るとリカーブで史上初Club900になることになります。
※Club900とはベガスシュート満点を射った人たちの事です。

明日も頑張って伝説を作っていただきたいです。

インドアファイナルシリーズの結果は詳しくはWAのホームページをご覧いただきたいと思いますが、特筆すべきはマイクシュルッサー選手でしょう。

149-150-150-150で優勝しています。

驚異的な強さだと感じました。

こういったトップ選手と同じ空間にいるだけで、刺激になります。

明日は最終日頑張ります!

では次回のブログで。


Category: SHIBUYAアーチェリー, アーチェリーの試合に出たい!観たい!, シューター河本, 商品レビュー, 大会情報、結果, 海外
Proshop Blog トップへ

2020

01

26 Sun 新宿店にULTIMA OKULUSスコープ、ULTIMAスケールマグニファイヤ入荷しました。

こんにちは。新宿店の坂本です!
新宿店にULTIMA OKULUSスコープとULTIMAスケールマグニファイヤが入荷しました。

ULTIMA OKULUSスコープ




(写真はフロントサンシェイド、デカールリング取り付け時)

グラビティシフト
付属の部品を使うことによってスコープの重心位置を変えることができるのがこのスコープの特徴。
最適な重心位置にスコープをもってくることで不良振動やスコープ本体の傾きの発生を軽減します。

また、ハウジング内部にグルーブ加工を施しており、且つ、つや消し仕上げにすることで内部反射を最小限に抑えます。

デカールリングフロントサンシェイドバックサンシェイドファイバーキット、レンズ(ヴェルデヴィトリヴェルデプラス)は別売りです。

スコープ有効内径は29mm(フロントサンシェイド使用時27mm)(32mmレンズ使用)
ちなみに、OKULUS(OCULUS)という名称はラテン語の「目」からとっています。

ULTIMA CPXⅡ スケールマグニファイヤ


レンズでサイトチャートを拡大させ、フィールドや3D競技において確実な調整を可能にします。また、レンズカバーで目盛りを隠すことも可能です。
重量 4,7g
倍率 約2倍
調整範囲 6mm

お問い合わせは新宿店まで!


Category: 2020年モデル紹介, SHIBUYAアーチェリー, シューター坂本, 商品レビュー, 新商品、おすすめ, 新宿店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2020

01

14 Tue MZS試射できます!

みなさんこんにちは!
河本です。

MZSの発表から時間がたってきていますが、皆さんに好評いただいています!

どんな射感なのか、自分に合うのか?

是非試射してみてはいかがでしょう!
きっと驚きがまっていますよ!!!

新宿店では

MZSセンター
30インチ・28インチ・26インチ

MZSサイドロッド
15インチ・12インチ・11インチ

ULTIMAエクステンダー
6インチ・5インチ・4インチ

以上を試射用としてご用意いたしていますので、ご気軽にお立ち寄りくださいませ。


Category: 2020年モデル紹介, SHIBUYAアーチェリー, シューター河本, 入荷情報, 商品レビュー, 新商品、おすすめ, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2019

12

18 Wed WIN&WIN WIAWIS ACSカーボンアッパー入荷!!

みなさんこんにちは。新宿店の坂本です!

先日入荷した WIN&WIN WIAWIS ACSカーボンアッパーについての紹介です。
カラーは画像左からグロッシーレインボー、マットブラック、グロッシーゴールド、マットブルー、グロッシーシルバー、マットレッドです。

重さ 125g
高さ 110mm
ネジサイズ 5/16インチ

このアッパーは「カーボンバー」「アルミボディ」「マルチダンパー」の3つの部品から構成されており、効率的な振動とトルク制御が可能になっています。

マルチダンパーのネジ穴は片方が1/4インチ、反対側は5/16インチです。(変換ネジは合計2つ付属しているのでダンパー直付けも可能です。)

ATFにつけるとこんな感じ!


かっこいいですね!
WIN&WIN WIAWIS ACS カーボンアッパーは新宿店で発売中!!ご来店お待ちしております。


Category: 商品レビュー, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2019

12

13 Fri シューター河本の弓具 ~2019年度インドア~

こんにちは!

新宿店河本です。

インドアシーズンが始まり皆様いかがお過ごしでしょうか。

RC CP 共にチューニングをしっかりと行ういい時期だと思います。

RCの方も太い矢で出てみてはいかがでしょうか?(有利な太い矢を使うことはルールの範囲内なので、ずるいとかないですよ!)

今年のアウトドアは、全日社会人、全日本ターゲット共に準優勝(悔しい)

インドアでの優勝を目指して頑張りたい。そんな河本の今季インドアのセッティングをご紹介します。

【コンパウンド本体】

HOYT INVICTA40 SVX  60lbs ジェットブラック(サテン)
関連記事 インヴィクタレビュー

マットな質感になったジェットブラック カラーリムで青色を選択してみました。カッコいいです。。。
リムのカラーはデフォルトのブラック以外に、ホワイト、ブルー、レッドが選択できます(追加料金がかかります。お問い合わせください)

【サイト】

アルティマCPXⅡ 365-9

言わずと知れたCPXⅡ調整機構が進化したココロオドルモデル。長いものを使っているのは、チューニング上必要があったからです。
そのうち記事書きます。

【スコープ】

CRスコープ&8倍レンズ(6倍に変えるかも?)

【スタビライザー】

HALCYON 33inch 15inch (ウエイトいっぱい)

固くて軽くて細い!!カッコいいです。

【クイックディスコネクト】

アクセル センターロック クイックディスコネクト8°

【サイドマウント】

アクセル トライロック アジャスタブルオフセットマウント

【リリーサー】

スコットアセント
関連記事  SCOTT ASCENT入荷!

メインどころはこんな感じです。

この道具たちを使って、インドア頑張ります!!!

河本の使用の道具について何か質問がありましたら、河本までお気軽に!


Category: 2020年モデル紹介, hoyt, シューター河本, 商品レビュー, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2019

10

01 Tue INVICTA レビュー by 河本

みなさんこんにちは河本です。

INVICTAのレビューになります。
この弓は私が唯一本当に欲しいと思った弓です。
一目見た瞬間ビビット来ました。これはですか???

今回はインヴィクタ40 SVXカム 60-50ポンド 引き尺29.5inchにてテストします。

HOYTも流行パラレルリム、長めのハンドルにしてきた感じです。
弓の中心はバーガーホールです。グリップが中心より下にあります。
バーガーホールは2つ開いており、流行のオーバードローレストを使用してもずれないように変更されています。

引き心地は なめらかで程よい張りを感じます。


SVXカムはプリヴェイルから継続ですが、リムがパラレルになった事により驚くほど、戻されにくくなっていました。
同じカムですが、FPSもパラレルになった事で上がっています。

プリヴェイルのSVXはちょっとキツイ、、、と思ってた人にすごーくお勧めできます。

射った感じですが、ハンドルの剛性は非常に高いです。
このあたりはホイット流石だなって思いました。

ホイット従来の飛び出しもしっかりあります。

しかし、剛性が強いのかガツンとハンドルが止まる感じでした。
コントロール非常にしやすそうです。

ここまでネガティブな感覚はなく、完璧ですね。(恋は盲目?)

距離に出たらどうなるのか、今度射ってきたいと思います。

少しでもインヴィクタが気になった方は新宿店まで、お気軽にお問い合わせください!
ではまた次回のブログで!


Category: 2019モデル紹介, hoyt, シューター河本, 商品レビュー, 新宿店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

検 索


profile


recent entries

ONLINE
スタッフブログ

calendar

2020.Nov

«    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

recent entries

recent entries