2011

10

30 Sun ティルトテーマー

 

新商品のご紹介です。
先日、クランク型のケーブルガードで弓のトルクを軽減するというお話をしましたが、今回ご紹介するティルトテーマーはさらに進化しています。< ?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

tilt-tamer-on-my-alpha-elit.gif

既存のケーブルガードバーに取り付けるだけで、クランクタイプと同様かそれ以上の効果が得られ、ベインに対するクリアランスも確保されます。

金属部分はアルミ、バーはカーボンなのでクランクタイプのケーブルガードのように重くないのもうれしいですね。

 

ケーブルガードバーが斜めにセットされているので、静止状態ではケーブルは矢からかなり離れています。

写真では分かりにくいですが、ケーブルとベインのクリアランスは十分すぎるほどあります。インドア用の大きなベインもOK です。より精度が求められるインドア用にいかがでしょう?


tilt-tamer@rest-position.gif

フルドローするとケーブルスライドが弓の中心に向かって動くので、ケーブルを右に引っ張るテンションが最小限に抑えられます。


tilt-tamer@full-draw.gif
個人的には弓に余計なアクセサリーをつけるのはあまり好きではないのですが、練習での結果もよかったので実際に試合で使ってみました。

結果は…


とにかく、トルクが小さくなる分、サイトやレストが弓の中心に近づきます。ケーブルへのストレスも小さくなるので長持ちします。


 


Category: 新商品、おすすめ, 秋葉原店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

29 Sat 情報を探ってみましょう

こんばんわ、店長です
今日は全日本選手権の第一日目ですね
天候にも恵まれたようで、なかなかの
高得点が出ているようですね
選手の皆さんも、さまざまなツールで
情報を発信しているようでツイッターやFacebookなどでは
結構、情報が出ていますよ
普段ご利用の方は、Checkしてみてはいかがでしょうか
注目の大会は明日も引き続き、熱戦が期待されます
実際、見に行けない方も最新の情報で
バーチャル観戦してみてください


Category: 新宿店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

29 Sat 全日コンパウンド会場の様子

 昨日からつま恋全日が行われています
cPCA3J0304.jpg
今年からコンパウンドの試合は別会場で行っております
コンパウンドオンリーの試合は見たことないので見に行ってみたいです
めちゃくちゃ天気良いですね~風は強いのでしょうか?
カーボンブレードの本領発揮は出来ているのでしょうか?
CPCA3J03050001.jpg
BGMはなんと世代に合わせて(?)Queenが流れているそうですよ
コンパウンドもリカーブの皆さんも応援してます


Category: 大会情報、結果, 秋葉原店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

28 Fri 重要!!!!新宿店は12/1より新店舗に移転します!!!!


◎◎◎詳細はコチラ!!(大きくなります)◎◎◎

新店舗は現在よりさらに広く、陽射しの差し込む明るいお店になります

SHIBUYA、HOYTなどの人気ブランドはじめ様々なアーチェリー用品の展示はもちろん、
おすすめ商品や手に取れるサンプルの充実、
近射スペースもより安全に、使いやすくなる予定

広くなった店内はお買い物コーナーとご相談コーナーを独立させ、
最も要望の多かった、お客様のお待たせ時間の短縮を目指します

さらにさらに、
新宿店の拡大OPENに伴い、AKB店より新たにあの人気スタッフも仲間入り

and more…
場所は上記地図でおわかりになるでしょうか。
有名なサッカーショップのあるビルの4階となります
新宿駅南口から徒歩5分と便利な立地はそのままに、
雨の日にも、すぐそばの出口(京王新線、都営線7番出口)へ地下道から直結となります

今後詳細が決まり次第、こちらにどんどんアップしてまいります。
日頃から新宿店をお使いの皆様には多大なるご迷惑おかけいたしますが、
末永くご満足いただけるショップ作りのため、
何卒ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。
新宿店一同


Category: お知らせ, 新宿店, 注目の記事, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

27 Thu 全日本ターゲット選手権。

こんにちは、10月の皆勤賞を昨日逃してしまいました。
気を取り直して今日から頑張ります
さて、明日28日からは、
全日本ターゲットアーチェリー選手権大会が、おなじみ静岡県のつま恋にて行われます

リカーブ部門はロンドンオリンピックへの代表候補選考もかかった今年の大会、
渋谷アーチェリーからも、総勢4名の選手が選ばれております。
宮原(RC男子)
早川(RC女子)
種部(CP男子)
島田(CP男子)
また、先日の国体に引き続きブース出展も行います
HOYTの新製品、HPX、F7
SHIBUYAカルノVバー

その他展示はもちろん、販売コーナーもございます。
皆様からのご声援、ご来店、お待ちしております→(誰?)
新宿店も通常営業中ですよ~


Category: 大会情報、結果, 新宿店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

27 Thu 明日から全日本選手権ですね

こんばんわ、店長です
新宿店の裏方ではそろそろ冬の雰囲気が
漂う時期になってきました
今まではとっても暑かった裏方が
ここ2,3日で急に冷気がでてきて
窓際では寒いくらいになりました
というわけで明日から、静岡県掛川市で
全日本選手権が始まりますね
明日から出場の皆さん、がんばってくださ~い
なお、明日のブログは重大発表がございます
お時間の許す方はぜひご覧ください


Category: 大会情報、結果, 新宿店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

25 Tue ホイット2012年ニューモデル

今年は(も)新しいカムが出ます。新製品のベクター・シリーズの他にカーボンマトリックス、エレメント、アルファエリートなどにも搭載されます。
今日は、注目のニューモデルを2機種紹介します。

ベクター32
ベクター32はアクセル間距離が32インチ、引き尺26インチ前後で使うのに手ごろなサイズで、引き尺が短い日本のアーチャーが効率よくパワーを引き出せるモデルです。

新しく開発されたRKTカム(ロケットカム)はよりスムーズなドローイングのフィーリングを実現した(毎年似たような話を聞かされている気もしますが…)ということなので期待大です。
引き戻しもスムーズに行えるというので、レットオフの際に急激なポンドの変化が出ないようなデザインになっているということなのでしょう。どうやってドローイングしてくるかを重視しているアーチャーにとってはグッドニュースですね。
Vector_32_Black.gif
ベクター32

ベクターターボ
ベクターターボはベクターのスピードを強化したバージョンです。
アクセル間35インチあるので引き尺が27~30インチのアーチャーの競技用として使えそうです。
ATA規格で初速が340fps(時速に直すと約380キロ)あり、フィールド競技や風の中でのアウトドアなどスピードが要求されるシチュエーションで威力を発揮します。
Vector_TurboBlack_Trad.gif
ベクターターボ


Category: 新商品、おすすめ, 注目の記事, 秋葉原店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

25 Tue EASTONの新製品はCPモデル中心。詳細は・・・

一部で早くも噂されております、
A/Cプロフィールドシャフトに関する詳しい入荷予定や価格は、まだ未定となっています。

詳細はこちら
http://shibuya-staff.jugem.jp/?day=20111021
http://shibuya-staff.jugem.jp/?day=20111024 
手前味噌ですみません
コンパウンド情報も満載、AKB店のブログもよろしくお願いいたします(→これいいのかな。)


Category: 新商品、おすすめ, 新宿店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

24 Mon A/Cプロフィールドシャフト

コンパウンドアーチャー注目の新製品A/Cプロフィールド
シャフトサイズや重量はACEと同等で、シャフト形状はX10プロツアーと同じく、ポイント側はテーパーがかかっていてノック側はストレートになっているコンパウンド専用シャフトです。
X10プロツアーのような細くて重いシャフトは、矢の軌道のダウンレンジでのスピードを確保するためのデザインであるのに対し、プロフィールドは50m~60mまでの距離では初速を上げて的までの到達時間が短くなった方が外的要因の影響を受けにくくなるということから、超軽量設計になっています。また、少し太い外径はラインカットが期待できるので、新しいコンパウンドラウンドやフィールド競技の距離で大きなアドバンテージとなります。ポイント、ノック、ピンインサーとなどのパーツはACEと共通です。

重量公差:±0.5グレイン
真直度:±.0015”
シャフトサイズ:620、570、520、470、420、380
シャフト重量
サイズ   シャフト重量/インチ 
620     6.1 
570     6.4 
520     6.7 
470     7.0 
420     7.5 
380     7.8 
プロフィールド用パーツ
ポイント:
ACEステンレスブレークオフポイント
ACEスクリューインポイント&インサート
ノック:
Gノック,バイターACEインサートノック
ACEピン+ピンノック,Gピンノック,バイターピンノック

 


Category: 新商品、おすすめ, 秋葉原店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2011

10

23 Sun ケーブルガードバー

ケーブルガード・バーと言えば今やストレートのカーボン・バーが一般的ですが、数年前まではステンレス製のクランク型のバーもありました。
カーボンのケーブルガード・バーが主流になったのは軽量化のためですが、パフォーマンスを考えるとクランク型の方が良いと私は思っていました。
コンパウンドボウはドローイングすると(上から見ると)右向きに回転します(右射ちのアーチャーの場合)。ケーブルガード・バーがケーブルを引っ張るテンションが小さければ、この右方向のトルクも小さくなると考えられます。
そこで現在使用しているアルファエリートにプロエリートで使用していたクランク型のケーブルガード・バーをセットし、50mでストレートにした場合とバーを内側に入れてベインのクリアランスがとれるギリギリにセットした場合で射ち比べてみました。
ノーマル.gif
ストレートの状態(ベインとケーブルの間が離れているのが分かりますか?)
オフセット.gif
バーを内側に入れた状態(ベインとケーブルの隙間はほんのわずかです。)
point of impact.jpg
左がストレートのグループ               右がバーを内側に入れた状態のグルーピング
50mで8㎝くらい左右が変わっています。バーを内側に入れた時はその分だけ弓に生じるトルクが小さくなっているということがわかります。
あ、バーを内側に入れた時のグルーピングが小さいのは、たまたまだと思います;-)

でも多くのトップ選手がストレートのケーブルガード・バーを使用しています。クランク型を使っているのはジェシー・ブロードウォーター選手(今シーズンは世界記録を射ったり、全米選手権で優勝したりと大活躍ですね)くらいでしょうか。
トルクが一定であればグルーピングは変わらないので気にしない、ということなのでしょう。

トルクが小さい方がサイトやレストのセンターショットは弓のセンターに近づくので、弓へのストレスは少なくなると考えられます。
そのことが競技のパフォーマンスにどうプラスになるか、というともっと射ち込んでみないとわからないのですが、おそらくマッチ戦の1点差で勝敗が決するような場面でアドバンテージになるのではないかと期待しています。


Category: 新商品、おすすめ, 秋葉原店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ