2012

02

13 Mon ベガスその3 あの新製品の情報も

最終日を迎えたベガスシュートですが、今日もブースは賑わっていました。< ?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

実はSHIBUYAのブースでは商品の販売はしていません。地元のディストリビューターやディーラーを尊重して(当たり前のことではありますが)、お買い求めはアメリカの代理店でとご案内しています。


フィリップ君は今日もアルビナ・ロギノバ選手からの要望やフィードバックを聞いたり、イーストンのシェーン・ミシェーリ新社長と日本の市場について説明したり、大忙しでした。


私の今回のベガス出張の最大の目的は
G5プライムのセールスマネージャーの方とミーティング。パラレルカムボウについていろいろ話を聞き、実際に手にとってみて、G5プライムを2012年のラインナップに加えることに決めました。


パラレルカムは基本的にはバイナリーカムですが、ドローサイクルはスピードカム系で非常にソリッドなウォールを持っています。と書くとボウテックのパクリっぽいですが、画期的なのはケーブルがカムの真ん中を通っているため、水平方向の弓のトルクがかなり小さくなっている点です。
これはコンパウンドアーチャーの多くがペーパーチューニングを行った時に悩むあの問題を解決してくれるかもしれないのです!。

ウォールの感覚はドローストップによって調整できて、伸び合いでトリガーを切るタイプのシューターのために少し曖昧な部分を残すこともできるようです。


ハンドルは
70系のアルミを鍛造して機械加工しているため、軽くて非常に剛性が高いものとなっています。

 

出荷前に100回ドローサイクルテストをして、カムタイミングと引き尺、ピークウエイトをチェックしてから箱詰めして出荷するという厳重なクオリティコントロールに加え、購入から2年後に無償のストリング/ケーブルセットの交換サービスを行うとのことで、代理店としてコンパウンドのメンテナンス・調整がちゃんと行える体制にあるのかどうかを確認されました。同席していたスタッフ・シューターのデイブ(カズンズ)にこいつなら大丈夫だと言ってもらって、ちょっと嬉しかったです。
そうです、アウトドアターゲットとフィールドの世界タイトルを持ち、ベガスシュートの優勝経験もあるデイブ・カズンズが長年契約していたホイットを離れ(まぁいろいろあったみたいですが)、
2012シーズンからG5プライムのスタッフ・シューター/アドバイザーに加わったのです。

デイブからパラレルカム・ボウの特徴や実際に使ってみての感想・調整のポイントなどを聞くことが出来ました。
G5プライムのセントロイドLRとシフトLRは近日渋谷アーチェリーに入荷予定です。


そんな気になるG5プライムのセントロイドLRとシフトLRのスペックは
-CENTROID LR-

  • IBO (FPS):332
  • AXLE TO AXLE (IN):34.25″
  • BRACE HEIGHT:7″
  • MASS WEIGHT (LBS):4.0
  • DRAW LENGTH:27″ – 31″
  • DRAW WEIGHT (LBS):50, 60, 70

-SHIFT LR-

  • IBO (FPS):332
  • AXLE TO AXLE (IN):30″
  • BRACE HEIGHT:7″
  • MASS WEIGHT (LBS):3.7
  • DRAW LENGTH:26″ – 30″
  • DRAW WEIGHT (LBS):50, 60, 70


Category: 海外, 秋葉原店, 過去ログ
Proshop Blog トップへ

2012

02

13 Mon Las Vegas Shoot全日程終了!

こんばんは、アメリカ・ネバダ州のラス・ヴェガス滞在中のフィリップです!

現在夜中の2時半ですが、6時には日本に向けて出発します!

本日を持ちまして、Las Vegas Shootの競技が無事終了となりました。
今年もやはり、CP男子(Championship Unlimited)の決勝、名物のShoot Offが大変盛り上がりました!
昨年よりも多い18人の選手が3日間の合計点でパーフェクト(900点)をマークし、
敗者復活戦を勝ち抜いた「Lucky Dog」1名を含め19人で優勝を争いました。
先日、世界室内アーチェリーの王者になったReo Wilde選手、
ターゲットの世界チャンピオンのChristopher Perkins
ワールドカップ総合2連覇中のSergio Pagni選手などの豪華メンバー。
会場のArenaのスタンドには数百人もの観客が集まり、我々も熱い声援を送りながら試合を見守りました。
残念ながら、会場の関係で今回は前回のように横からの写真が撮れませんでした…
Greg Eastonさん、WA関係者などと共にスポンサー席から見守りました。
勝負は8エンド!
その内、最初の2エンドは通常のVegas Shoot得点方法で行われます(アウターテンが10点)。
3エンド目以降はインナーテンのみが10点となります。
ほとんどの場合、30点を射てなかった選手はその時点で試合が終了します!
1エンド目は当然の全員30点。どの選手も譲る気もありません。
出場選手の中にはシブヤサイト使用者のモーガン・ランディン、セルジオ・パニなどの姿も。
インナーテン得点に変わっても中々減りません!
最後の2人に絞られ、1対1の「決勝戦」になるまでは6エンドもかかりました。
そんな最後の2人は…
Vegas Shoot、ニーム・ヨーロッパインドア等数多くのメジャー大会を優勝した経験のある大活躍のアメリカ人アーチャーのJesse Broadwater!
そして同じくVegas Shoot優勝経験があり、アメリカのアーチェリー界で知らない者がいないほど知名度の高いChance Beaubouef!
7エンド目。両者が30点!
8エンド目。10、10… ここで会場がざわめく。
インナーテンから外してしまった選手がいるようです。
3射ずつ射ち終えて審判が点数をアナウンスします。
Jesse Broadwater 30点!!
Chance Beaubouef 29点!!!
2012年度Las Vegas ShootのCP男子優勝者は、
つい先日ニームから返って来た、Jesse Broadwaterに決定!
やはりヴェガス優勝者は他の大会よりも注目されます。
インタービューや記念撮影が続き、挨拶に向かうまでかなりの時間がたってしまいました。(もちろん祝福の言葉をお伝えしましたよ
ちなみに女子CP優勝は899点をマークしたErika Anschutz選手!
他の部門ではBrady Ellison選手や片腕アーチャーのJeff Fabry選手が優勝に輝きました!
Fabry選手もシブヤのアルティマCPXサイトを愛用しています
最後に、ヴェガス全部門優勝者のグループ写真!

Category: 新宿店, 海外, 過去ログ
Proshop Blog トップへ