2013

10

31 Thu 【新宿店限定】11月リムセールのご案内

※新宿店限定のセールです。

※フォーミュラF7は在庫放出特価セールの対象外です。

※グランプリF7のセールは渋谷アーチェリーの在庫のみ対象になります。

※在庫のあるサイズ・ポンドはスタッフまでお尋ね下さい

※グランプリF7のMyリム買い替えの場合は、定価より30%引きになります。

※2013年11月末日までにお支払いください。

※2013年12月末日までにお受け取り下さい。

皆様のご来店、お待ちしております!!


Category: お知らせ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2013

10

29 Tue 第55回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会

みなさん、こんにちは。
先週末、全日本ターゲット選手権が静岡県掛川市ヤマハリゾートつま恋で行われました。

台風が東の海上を通過する中、25日の公式練習・26日の午前中までは強い雨のなかでの全日本選手権でした。

コンパウンドでは、毎度おなじみ島田と山本の渋谷アーチェリー対決が3位決定戦で実現!!

山本が勝利し3位、島田は4位となりました。

【コンパウンド結果】

ー男子ー

1位 森本紘文選手

2位 安治直人選手

3位 山本

4位 島田

ー女子ー

1位 熊澤徳代選手

2位 秋山なるみ選手

3位 前田尚美選手

☆男子優勝の森本選手は大学4回生での優勝です!(昨年の全日本選手権はリカーブで出場し60位でした)

☆女子優勝の熊澤選手は、今年度の全日フィールドも優勝しているので、メジャー大会2冠を達成しました!!おめでとうございます!!

リカーブで出場した渋谷アーチェリーの宮原は1/8マッチで負け9位でした。


【リカーブ結果】

ー男子ー

1位 古川高晴選手

2位 本間薫選手

3位 山内敬介選手

ー女子ー

1位 蟹江美貴選手

2位 平美香選手

3位 早川漣選手

みなさん、おめでとうございます!!

じつは、ブースではカルノスタビライザーの先行販売が行われていました☆

HOYT2014モデルのカーボンスパイダーも展示!!

画期的なニューモデルでした☆

詳しくは渋谷アーチェリーのfacebookをチェック↓

https://www.facebook.com/Shibuya.Archery.Online

アルバム「カーボンスパイダー30!」に情報載ってます。

是非、いいね!おねがいします。


Category: 大会情報、結果
Proshop Blog トップへ

2013

10

28 Mon カルノスタビライザーテクニカルノート②

第二話 ~ちょうどよい硬さって?~

スタビライザーの硬さが変わると、どんなことが起こるのでしょうか?
アーチャーの皆さんが“硬さ”と聞いたら“矢のスパイン”が真っ先に浮かぶのではないかなぁと思います。
ACEの430と1100を手に取って少し曲げてみれば硬さの違いははっきり分かると思います。
スタビライザーは矢に比べればずいぶん太いので手で曲げてみてもなかなか分かりませんが、
メーカーや種類によって硬さの違いはあります。

この↓動画を見て下さい

2本の針金はスタビライザー、黄色と白のクリップはウェイト、指で弾くのはリリース と思って下さい、
左側の針金の太さは0.5mm、右側は1mmです、右の方が硬いです、
かなり揺れ方が違います、柔らかい方は大きくゆっくりで、硬い方は小さいが速く揺れます。
このモデルは見た目に硬さの違いを分かり易くしているので極端ですが、
柔らかめのスタビと硬めのスタビでも揺れ方の違いはこの動画のような傾向になります。
これだけ見ると硬い方が良さそうに見えますが、過去のテスト結果から、硬すぎるスタビライザーは
振動が逃げてくれないので弓で発生した振動の多くがアーチャー側に伝わってしまうことが分かっています。
この動画のモデルだと下にある金属製の土台を手で持っていたらどんな感じが伝わってくるか?に当たります。

柔らかいと揺れが大きくなる→真っすぐ飛び出す感じは得られ難い
硬すぎるとアーチャーに振動が伝わってくる→フィーリングが悪くなる、弓具へのストレスもかかる

のではないか?と考えました、やっぱり曲げに対するちょうど良い硬さを見つける必要があります。
またもう一つ“ねじれに対する硬さ”も考えないといけません。

さあどうしよう?まずは売られている主なスタビライザーの曲げとねじりに対する硬さを調べることにしました。

とあるスタビ(A)は曲げに対する硬さが(170.3)、ねじりに対する硬さが(36.85)
またあるスタビ(B)は曲げに対する硬さが(126.1)、ねじりに対する硬さが(48.48)
さらに別のスタビ(C)は曲げに対する硬さが(202.8)、ねじりに対する硬さが(10.98)
(全てセンターロッドです)
こんな結果が出ました、数字は大きい方が硬いことを意味します。(実際にはもっとたくさんの種類を調べています)
かなりバラつきがありますが…出てきた数字と、そのスタビを実射テストした結果に基づき
まず最初の希望の数値を決めて試作してみることにしました。

軽くする工夫もしないとなりません
センターロッドはこんな↓断面形状を考えました。

(注:この図は分かり易くするため実際よりもデフォルメされています)
根元側は厚さがあり、当然硬さもあります
途中で斜めの部分がありここで厚さが変化し薄くなります
先端側の薄い部分は厚い部分よりも柔らかくなるのでここがある程度揺れて振動を逃がし
厚い根元側はあまり揺れない、そして全部を厚くするよりも軽く出来る。
そういう狙いです。
これをDDST(Dual Diameter Spine Tuning)と呼ぶことにしました。

センターロッドのちょうど良い硬さは、根元側と先端側で違うのでは?!
がこの時点での予測になります。

—————————————————————-
第二話のものすごく短いまとめ
◇スタビは硬すぎも柔らかすぎも良くない、今あるスタビの硬さを調査した。
◇曲げに対する硬さはもちろん、ねじりに対する硬さも考えよう。
◇センターロッドは“根元は厚く、先端は薄く”し硬さ・軽さ・静かさの3つを狙う!
—————————————————————-

〔次回 第三話~エクステンダーとサイドロッドは?~ に続く。〕


Category: カルノテクニカルノート, 新商品、おすすめ
Proshop Blog トップへ

2013

10

24 Thu カルノスタビライザーテクニカルノート①

第一話 ~どんなスタビが良いのかな?~

ブログをご覧の皆さん、はじめまして、こんにちは!
SHIBUYAオリジナル製品の開発をしている梅澤です。

シブヤのスタビライザーとしては8年ぶりの新作となります、
カルノスタビライザーについて詳しく紹介していきます。
(発売は11/2~となります)

皆さんはどんなスタビライザーがあったら良いな、と思いますか?
自分は「それに換えたら、グルーピングがいきなり良くなる」スタビライザーがあったら良いなぁと思いますが・・・

スタビライザーの役割は(みなさんご存じかとは思いますが)
①〔ドローイング→エイミング→リリースし矢が弦やレストから離れるまで)この間の弓の姿勢を安定させる。
これが第一で、これに加えて最近では
②弓の飛び出しを良くする。
③弓の振動を逃がし、アーチャーが感じる振動を少なくする。

この2つも求められます。

矢が弦やレストから離れてから、スタビが振動し弓が手から飛び出していくので
②と③は的中には直接の関連は無いと思いますが
良い射が出来た時に真っすぐ飛び出す感覚が得やすいスタビライザーであれば
上手に打てた時の感覚が分かり易くなり次の良い射につながります。
振動が少ないスタビライザーであれば何よりフィーリングが良いですし
他の弓具へのストレスが減り、弓具が長持ちするかもしれません。

これらを元に新しいスタビライザーを開発するにあたり、シブヤのスタッフにヒアリングしたところ
“軽くて硬いスタビライザー”
“硬さ感が損なわれない範囲で振動・音が少ない”
“太さ18mm前後のストレートシャフト形状は継承”
“普及しているセンター、Vバー、サイドロッド、エクステンダーの組み合わせスタイルは守る”

こんな意見が多く、この方向で開発を進めることになりました。

軽くて硬いは→弓の姿勢の安定や飛び出しの良さに
振動・音が少ないは→フィーリングの向上と弓具の耐久性に
現在の形状・スタイルの継承は→アーチャーの皆さんの受け入れ易さに
それぞれつながるはずです。

“硬い”といってもどれくらいの硬さが良いのか?
曲げに対する硬さだけで良いのか?ねじれに対しては?
目指す“硬さ”にしたときにどれだけ軽く出来るのか?
軽くするために何か新しい工夫は出来ないか?

こんなことを考えて行くところから開発作業が始まりました。

—————————————————————-
第一話のものすごく短いまとめ
◇スタビライザーは弓の姿勢を安定させるためにある。
◇軽くて硬くてちょっと静かなスタビを目指せば弓が安定し飛び出しも良くなるハズ!
◇じゃあどのくらいの硬さがちょうどいい感じなんだろう?
—————————————————————-

〔次回 第二話~ちょうどよい硬さって?~ に続く。〕


Category: カルノテクニカルノート, 新商品、おすすめ
Proshop Blog トップへ

2013

10

24 Thu 【新宿店限定】カルノスタビライザー発売記念キャンペーンに関して

みなさま、こんにちは。

カルノスタビライザー発売記念キャンペーンを発表いたしましたが、

下取りキャンペーンについて、ご説明いたします。

☆下取り対象のスタビライザーは2013/4/1以降に渋谷アーチェリー新宿店で、

スタビライザーをご購入していただいたお客様を対象にしております(対象にならない商品が一部ございます)。

☆レシートを保管されている方は、レシートをお持ちください。

☆また、新宿店で弓セットでご購入していただいたお客様は履歴をご確認いたしますのでその旨をスタッフまでお伝え下さい。

☆スタイライザー下取りキャンペーンは、カルノスタビライザーセットをご購入していただいた方のみになります。

※下取りした商品の中古販売はいたしません。

以上の点にご注意いただきまして、下取りキャンペーンをご利用ください☆


Category: お知らせ, 新宿店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2013

10

23 Wed カルノスタビライザー発売記念キャンペーン

1.通常キャンペーン↓


2.下取りキャンペーン↓

合わせてご利用ください!!


Category: お知らせ, 新宿店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2013

10

22 Tue ~臨時休業のお知らせ~

みなさん こんにちは

ONLINE店ブログにて既に紹介されていますが、

今月30日(水)・31日(木)は棚卸作業の為、

渋谷アーチェリーは全店で臨時休業になります。

ご利用いただきますお客様には大変ご迷惑お掛けいたしますが、

ご理解いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


Category: お知らせ, 新宿店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2013

10

18 Fri 2014年度 HOYTコンパウンド

こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

CPアーチャーの皆様、お待たせしました!2014年度HOYTのコンパウンドラインアップを紹介します。

まずは話題の新製品から!

CARBON SPYDER

先日のブログにてティザー広告を紹介しました、新発売のカーボンボウ「カーボンスパイダー」。2013年のハンティングモデルSpyderの名前を受け継ぎ、同じくアクセル間が30”と34”、そしてスピード重心に設計されたTurboモデル(アクセル間33”)と長い引き尺に特化したLDモデルの4種類があります。
廃盤となったCarbon MatrixとCarbon Elementと同じく、軽さと振動吸収性が大きな特徴で、かなり扱いやすい弓だと思います。
スピードは30”=332fps、34”=330fps、Turbo=340fps、LD=340となります。(@70ポンド・30”)

Carbon Spyderはターゲットモデルと同じくAir Shoxダンパーと、FUSEのアクセサリーでお馴染みのShockrodzダンパーを採用。ダンパーとグリップは8色にカスタマイズできます!(別売)

因みにこのCarbon Spyderはターゲットペイント色の白、青、赤もございます!短い引き尺でターゲットカラーを待ち望んでいただいたお客様には嬉しいお知らせですね

PROCOMP ELITE FX

日本の市場には特に大きな需要がある短い引き尺に特化したターゲットモデル。
今年大ヒットしたプロコンプ・エリートシリーズに登場しました!
単なるプロコンプエリートのスケールダウンモデルではなく、短い引き尺でも効率よくパワーを引き出せるようモデイファイされたコンパクトなハンドルです。

XT2000 リムではGTXカム・スパイラルXカムが存在、23”~29.5”(スパイラルXは30.5”)まで使用できます。そしてXT1000リムのGTXモデルはなんと22”の引き尺から!
シュートスルーハンドルにしては重量も2,085グラムと軽めです。アルミハンドルなので、新色のパープルもお求め頂けます!

PRO EDGE ELITE

スピードと精度を高次元で両立した競技用モデル。人気の高いアルファエリートの基本的な特徴を受け継ぎ、シュートスルーの部分がより幅広くなった事により安定性が増したとのこと。カムは新作のZ5カム(モジュール交換により調整可能)で26”~31.5”!アクセル間35”、矢速は321fpsとのことです。

FREESTYLE

そして最後に紹介するのは中級者向けのFreestyle!
テックデザイン、スプリットリム、インテグラルグリップなどハイエンドモデルのハンドルデザインを継承。引き尺調整が簡単なGTXカム&1/2を搭載し、これから競技を始めるビギナーからワンランク上を目指すアーチャーまで対応した本格的な競技用モデルです。
基本設計は今でも愛用している選手が多いほど大成功した、あの「ウルトラテック」の基本設計を受け継ぎ、ターゲットにもフィールドにも使いやすい弓に仕上がっています!
アクセル間39” 、重量1,905グラム、24.5~30で矢速は308fpsです。

廃盤モデルはContender、Vantage Elite Plus、Alpha Elite、Carbon Matrix、Carbon Element、Spyder、Vector、Pro Hawkになります。

以上、簡単ですが2014年度HOYTコンパウンドラインアップの紹介でした!詳細な情報や価格に関しては、また後日紹介させていただきますので、お楽しみに!!


Category: お知らせ, 新商品、おすすめ
Proshop Blog トップへ

2013

10

18 Fri 2014年度 HOYTリカーブ

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

今朝も書きましたが、ついにHOYTの2014年度ラインアップが発表されました。予定より1日早くなり、正直少し戸惑いましたが… リカーブの新商品をご紹介します!


まず、今年は廃番商品は無く、従来品は全て存続します。馴染みのあるフォーミュラRXも、GMXも、2014年にもご注文いただけます。

そのうえ、新商品がドサドサと。まずは、一番注目の新しいリムの方から紹介します。

HOYT QUATTRO(クアトロ)リム

ホイット史上最も速く、最もタフで、最もスムーズ、そして最もねじれに強いハイパフォーマンスリムの誕生!
フォーミュラもグランプリ(HDS) バージョンもありますので、ほとんどのハンドルとご使用いただけます!更に、F7と同様にウッドコア、フォームコアの2パターンがあります。

そしてサイズに関しては、去年から約束されていたSSサイズがついに発売開始!フォーミュラで64”の弓が組めるようになり、短距離のサイトがリムポケットに隠れることで悩んでいた選手は27”ハンドルで66を組む、という選択肢が増えました。

既に生産が始まっているので、ディレイなくお届けできる見込みです。

このリムの特徴は、まず非常に強いねじれ剛性です。現在発売中のリムの中では一番硬いそうです!ただし、引き味も非常に硬くなったわけではありませんので、今までのホイットリムの使い心地が気に入っているお客様はご安心ください。新宿店と商品センターの社員によりテスト中ですが、かなり好評価です!
見た目から気づいたお客様もいらっしゃるかもしれませんが、このリムは表面にグラスファイバーなどを使用せず、表面までカーボンです。全面カーボンウィーブが格好いいですね…

来週から新宿店にて展示する予定なので、ご興味のある方は是非お立ち寄りください!

そしてもう一つ、噂のHDS(従来のリムが使用できる)ハンドルです。

HOYT GPX ハンドル

GMX以来のHDS新作ハンドル!GPXは「グランプリエクストリーム」との略で、HDSハンドルの最高峰を目指して開発されました。

ロンドンやワールドカップのゴールドメダリスト、オー・ジンヘク選手が使用するION-Xのパフォーマンスを従来型ハンドルで体感してください。ダイナミックな飛び出しとアロースピードをもたらすHPXタイプのハンドルジェオメトリーにハンドル剛性とエイミング時安定性を向上させるテックデザインを融合した究極の競技用ハンドルです。

つまり、ION-Xに憧れたHDSアーチャーにチャンスです!格好いいテックハンドルがついに登場しました。25”のみ、1,315グラムだそうです。


そして、上記の写真 でもわかるように、色ラインアップにも新しい選択肢が登場。長年ラインアップから消えていた、パープルがついに復活!その上、ペイントの赤色「キャンディーレッド」も復活。

最後に、リカーブグリップのラインアップに異変が…ちょっと衝撃的ですね。弓に色のアクセントを追加したい方は是非、こちらをご検討ください!

続いてこれからコンパウンドのラインアップも紹介する予定です!CPアーチャーの皆様、お楽しみに!


Category: お知らせ, 新商品、おすすめ, 注目の記事, 海外
Proshop Blog トップへ

2013

10

18 Fri HOYT2014年度ラインアップ発表!

皆様おはようございます、海外営業担当のフィリップです!

一足早く、HOYTの新ラインアップが公開されました。下記のリンクでカタログがご覧になれます!

HOYT2014カタログ

今年はコンパウンドに新しいカーボンボウと短い引き弱の競技用モデル、リカーブはHDSシステムの新作ハンドルのGPXと、驚くほどねじれ剛性の高いQuattroリムが新しく加わり、コンパウンドもリカーブも嬉しい新商品が満載!一部入荷済みなので、近日中新宿店にて展示させていただきます!


Category: お知らせ, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ