2016

01

29 Fri 新宿店より大事なお知らせ。

プロショップブログをご覧の皆様、
日頃より渋谷アーチェリー新宿店をお使いの皆様、
こんばんは。土屋です。

本日はスタッフを代表して大事なお知らせがございます。

突然ではございますが、2月一杯を持ちまして、
秋葉原店、そして現在の新宿店で店長を務めておりました木村が、
退職することになりました。

~以下、木村よりご挨拶~

皆様、こんにちは!新宿店店長の木村です。
この度、一身上の都合により2月末にて渋谷アーチェリーを退職することになりました。

今日までこのお店で無事に働いてこられたのも、多くのお客様のおかげだと思っております。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。本当に今まで、ありがとうございました!

またお店での勤務は2月13日(土)までとなります。残り短い間ですが一生懸命頑張りたいと思います。

今後につきましてはアーチェリー業界とは違う仕事になりますが、
アーチェリー自体は続けていこうかと思っております。
店頭でお会いすることは出来なくなりますが、大会などでお会いすることがあるかもしれませんので、
その際は宜しくお願い致します。

最後に、今までもそしてこれからも、渋谷アーチェリーを宜しくお願い申し上げます。

~渋谷アーチェリー新宿店店長
木村正純~

・・びっくりされた方も多いと思います。私もその一人です。

募る思いは書ききれぬほどございますが、もうひとつお知らせがございます。
3月からの新宿店ですが、大変僭越ながら私土屋が店長となります。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
木村のようにアーチェリーの経験も実績も全くございません。
なので、新リーダーの吉島以下、種部、島田、そのほかのアルバイトスタッフともども、
新宿店をまた別の魅力で支えていけたらと思っております。

不安もありますが、楽しみでもあります。
皆様に直接ご接客させていただく機会はあまりないかもしれませんが、
これからの新宿店を心よりよろしくお願い申し上げます。

まずはご挨拶までとなりますが、機会があれば、私の自己紹介なども次回させていただきます!

さて、明日の東京は雪も予想されておりますが、
渋谷アーチェリー新宿店はお知らせしている通り臨時休業となり、
スタッフは町田市で行われる東京インドア町田大会で特設ブースを出店しております。
木村も二日間会場にいる予定です。
よろしければ皆様のお立ち寄りをお待ちしております!





Category: お知らせ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2016

01

29 Fri 東京インドア町田大会ブースのご案内(再掲載)

みなさん、こんにちは。

今年から開催される東京インドア町田大会。

新宿店はブース出店するため、臨時休業いたします。

東京インドア町田大会は、町田市の「町田市立総合体育館」(←地図が開きます)で開催されます。

HPはこちら(http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/sport/sport/sport07.html

最寄り駅は、JR横浜線の「成瀬駅」です。

ブースではもちろん、商品の販売をいたしますので、

選手、応援でご参加・ご来場された皆様は、是非お立ち寄りくださいませ!!

お待ちしております!!!!


Category: 大会情報、結果, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2016

01

26 Tue 明日からラスベガスに行ってきます。

みなさん、こんにちは。

シューター島田です。

明日からベガスシュートに行ってきます。
新宿店は種部・島田。
ONLINEから山本が参加します!

50周年記念大会を渋谷アーチェリースタッフで盛り上げてきます☆

新宿店では、コンパウンドの調整などは吉島・木村が行いますので、ご安心ください。
念のため、お店に一回ご連絡いただければ嬉しいです。

ベガスシュートに初挑戦する方へ、パッと思いつく程度のアドバイスを
2年前のフィリップのfacebookから引用してご紹介します。

→ インドア用シューズは不要。

→ 的は適当に貼ります。1マット4枚(マルチと同様)で、毎日半分(5エンド)で上下が入れ替わる。的紙はトライアングル。

→ 上下の射つ順番は下的に張っている人が先に射ちます(2014,2015はそうでした)

→ マットの下から床までは40cmぐらいしか無いので、気をつけないと下の的がえらい低く付いちゃう…早めに行って、下の的を少し高めに貼るといい。

→ 1エンド2分です(2年前から短くなった、ベテランの方もご注意!)

→ 夜は肌寒くなるので軽めの上着を持っていったほうがいい。

→ カジノやるなら(ほどほどに!)ホテルのクラブカード作ればポイントが貯まってて便利。

→ 「How are you doing」はただの挨拶でまともな返事は不要。「Fine、how are you?」で返すのがベスト

→ South Pointからメインのカジノホテル街まではタクシーで、20ドルほど(もっとだったかも?)かかるので、3,4人で行ったほうがお得。

→ お酒を頼む際(場合によってはレストランに入っただけでも)は本人確認されるので、パスポートは常に持ち歩くといい。コピーを取ってホテルに残すとよりいいかも。

※アメリカの入国審査で突然別室へ連行されることがあります。僕は約10回アメリカに行き、フィリップは1回やったことがあります。
理由は教えてくれませんし、そのまま結構長く(45分ぐらい?)放置される(された)。
これは完全にランダムな調査で、結局は面接で「アメリカに住み着く意思はあるのか」とか「帰りのチケットは取ってあるのか」と聞かれるだけですぐ開放されるので、
万が一どなたか連行されたらあせらずについて行って、冷静に聞かれたことを答えたほうがベスト。

って感じです!!
ご参考までに!!


Category: お知らせ, シューター島田, 新宿店, 海外
Proshop Blog トップへ

2016

01

24 Sun 世界一周の旅③ ランカスタークラシック

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

いよいよ世界一周の営業の旅の3か所目に到着しました。
シブヤのアメリカ代理店であるLancaster Archery Supplyが主催者のランカスター クラシックにきました!

ランカスターとはペンシルベニア州の地方で、主に農場やメーカー工場が多く位置している場所で、アーミッシュという民族の集落もいっぱいあります。
ここで1983年に店舗を構えたのがランカスター・アーチェリーサプライ。アメリカ最大級のショップ・卸業者であり、特にターゲットアーチェリーに力を入れてきました。

ランカスタークラシックはランカスターのショップで2004年から開催されている大会で、今年は900人をも超える世界レベルの参加者数に成長しました。今までショップの施設を使用していたのも、今年は遂に大きなイベント会場を借りることになりました。

メインの射場が2か所、プラクティスレンジが2か所、そしてメーカーブースが20社以上。ラスベガスシュートやニームヨーロッパインドアにも劣らない規模に感じました!サッカーなどに使われる施設らしく、足場が人工芝でふかふか。長時間立ちっぱなしのブース営業には大変嬉しい会場です!

もちろんアメリカの選手が中心になっていますが、マイク・シュルッサーやモーガン・ランディンなどのヨーロッパの選手も数多く参加しています。

ベガスシュートと違って、ランカスタークラシックではアウターテンが10点、インナーテンが11点とカウントされます。60射で660点満点になります。

RC男子ではブレイディ・エリゾン選手が643点をマーク。11点が45、10点が13、9点が2。つまりワールドアーチェリーの大会であれば598点、という驚異的なスコアです!女子の部では同じアメリカのマッケンジー・ブラウン選手が603点でトップ。
CPではレオ・ワイルド選手、アレックス・ウィフラー選手、クリス・シャッフ選手が658点で同点のトップに立ちました。ワールドアーチェリースコアでは598点です!強い…
女子の方ではトーヤ・チェルネ選手、サラ・ランス選手が645点でトップ。

そして、昨日はブース営業終了後、ランカスターのショップにも顔を出してきました!  実は9年前に、入社直後にも一度訪れましたが、更に規模が拡大し、世界有数の立派なショップに成長しました。

アメリカのアーチェリーショップには欠かせないハンティング用品もいっぱいで、社員が仕留めた鹿などのトロフィーが飾ってあります。

ショップには射場も併設され、その場で道具を試したり、チューニングを行うことができます。

1階には更に大きな射場があり、アメリカとカナダのナショナルチームメンバーが練習していました!

入り口には様々な雑誌記事や、社長のロブ・カウフホルドさんが所属していたアメリカのナショナルチームの名簿が飾ってありました。

そして今朝窓の外を見たら…

20年に一度と言われる大雪嵐にはまってしまいました… 本日予定していた競技の全過程が中止となってしまいました。ホテルから出ることすら困難な状況です。オーストリア出身の身としては懐かしい光景ですが、仕事への影響は大きいですね…主催者も可哀そうです。
でも、明日予定しているシュートオフは予定通り行われる見込みなので、楽しみです。

また報告させていただきます!よろしくお願いします。


Category: 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

01

23 Sat 24日の営業について

みなさん、こんにちは。

24日(日)ですが、通常通り(11:00~17:00)の営業予定ですが、

本日23日から予想されております全国的な天候不良により

公共交通機関の状況によっては

営業時間を変更する場合がございます。

その際は、各SNSでお知らせをいたしますので、

ご確認の上ご来店頂きますようお願い申し上げます。

Twitter : https://twitter.com/shibuya_archery

facebook :  https://www.facebook.com/Shibuya.Archery.Online/

新宿店 スタッフ一同


Category: お知らせ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2016

01

23 Sat イーストンの新色ノック「レモンライム」

みなさん、こんにちは。

イーストンからピンノックとGピンノックに新色「レモンライム」が追加され

本日新宿店に入荷しました。

ちなみに、バイターのグリーンのピンノックと比べると、、、

こんな感じでーす。。。

イーストンの方が透明感がありますが、

そこそこ似てますね!!

色味は写真なので実際見た感じと微妙に違うことがありますので、

是非新宿店でご確認下さいませ〜〜〜


Category: Easton, 新商品、おすすめ, 新宿店
Proshop Blog トップへ

2016

01

21 Thu 世界一周の旅② ニューヨークのアーチェリーショップに行ってきました!

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。先日も書いた通り、現在世界一周の旅中です。現在ニューヨークから、アメリカ最大級のアーチェリーショップのLancaster Archery Supply のあるペンシルベニア州に向かっています。

昨日までは休日でしたが、せっかくなので、仲良くしているニューヨークのアーチェリーショップに顔を出してきました!

夜の11時まで営業しているとのことで、7時に向かう約束をしていました。宿泊していたマンハッタンからA線でクィーンズに向かう!が、乗っている電車が何らかのトラブルで各駅停車のC線に変更され、調べていた路線と違う駅名が続く。えっ?えっ?大丈夫か?と思いながらもそのまま向かいました。そうしたらいつの間にか寝てしまい(ニューヨークの地下鉄では自殺行為!でもそこそこ混んでいて女性も多かったためかなにも取られずに済みました)、起きたらRockaway Aveに着いていましたので慌てて降りました。が、よく考えたら行き先はRockaway Blvdでした!微妙に違う!

という、慣れない土地で色々と迷いながらの感じですが、幸い無事に最寄り駅に到着しました。真夜中のように真っ暗なクィーンズの路地を辿って行きました。道はわかりやすかったです、グーグルマップさまさま!

本当に暗かった!

でも5分ぐらいしたら見えてきました、Pro Line Archery Lanes。

ここのショップのオーナーの一人は長年仲良くしてくださっているリカーブ選手のジョー・マックグリンさんで、以前から、ニューヨークに来たら寄ってねと誘われていました。

アメリカのアーチェリーショップらしく、鹿の頭が外に飾ってありました。入るとこんな感じです:

アメリカのショップでは一般的ですが、射場と一体化しています。販売も行っていますが、初心者の指導や、ちょっとした大会も行っているそうです。最近は、未婚者の男女が二人きりになるのが禁止されているオーソドックス・ユダヤ教徒のデートスポットとしても人気だそうです!

初回の利用は初心者講座(射型の説明がメイン)を受けてからレンタル弓具で実射。2時間で20ドルだそうです。常連客になって自分の弓を購入する方は5~10パーセント程度だそうですが、それでも初心者の利用は収入の大きな部分を占めるそうです。

因みに自分の弓具を持っている方は25ドルで時間無制限で利用できるそうです。

軽食やソフトドリンクもあり、アットホームな射場でした!僕も何人かベガスなどで会ったことのあるアーチャーと再会できて楽しかったです。

ニューヨークの滞在、出張の合間にいい息抜きできました。ランカスターでもフルパワーの営業できそうです!また報告しますのでお楽しみに!


Category: 海外, 行ってきました!
Proshop Blog トップへ

2016

01

20 Wed ターゲットパニック講座 リカーブ編②

大前提として、練習不足(週に600射できていない)や自分の道具が使いこなせいていないことによる不調を除くこととします。

前回の連載をきっかけに、ターゲットパニックという言葉がかなり浸透し、自分はターゲットパニックだったのか!!と気づいてくれる人と、ターゲットパニックだから射てない、と言い訳のように使う人の2パターンがでてきました。

症状によりますが、リカーブは殆どの場合、射ちながら直していけると思っています。

なので、しっかりとリハビリのつもりで、着実にゆっくりと直していきましょう。

近射では上手くいくのに距離に出るor点取を始めると、急にダメになってしまうのはどのような原因があるのかを考えていきたいと思います。

多くの場合、パフォーマンスの直前の動作に原因が有ります。アーチェリーで言うパフォーマンスとはリリースする瞬間で、直前の動作とは「アンカリング」からの「エイミング」×「伸び合い」です。

アンカリングの方法でエイミングと伸び合いの動作に影響を与え、また、エイミングと伸び合いは同時に行っているので、それぞれが動作に影響します。

どのような’動き’をすると的を狙えなくなり、そして伸び合いができなくなってしまうのでしょうか。

ポイントは’動き’です。

では、パフォーマンスから動作をプレイバックして考えていきましょう。

まずはエイミングです。なぜ、真ん中が狙えなくなるのか?

1,伸び合いが「ズレ」の伸び方のため

2,狙いに集中してしまっているため

ざっくり言うと、エイミングは静止しなければなりません。距離を射ったり、試合になって的を狙ったりする時、当たり前ですが、ピンやドットはある程度は止めなければいけません。しかし、クリッカーを切らなければいけないので「伸び合い」という動きが入ります。でも動いてはいけないんです、ピンが止まらないから、、、

そう、そこです。その「動き」が「ズレ」なんです。

あなたの伸び合いは「ズレ」になっていませんか?

〈次回に続く〉


Category: シューター島田, ターゲットパニック講座
Proshop Blog トップへ

2016

01

19 Tue 世界一周の旅① ニームより

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

実は現在、世界一周の旅に出ています。

毎年ブース出展しているニーム・ヨーロッパインドアに来ていますが、これから直接アメリカに渡り、アメリカの代理店が主催者であるランカスタークラシック、そして今年が50周年のラスベガスシュートにも行ってきます。いつもよりも長期の滞在となっていますので、ドキドキします。

初めてなのは長期滞在だけではありません!実は先日初めて、ニーム・ヨーロッパの主催者であるクラブのArc Club De Nimesにお邪魔しました!フランスではアーチャーのほとんどがレジャーとして楽しむ社会人や子供で、クラブで練習しています。中には数千人も所属しているクラブもあるとか・・・

ニームの練習場 はアウトドア、インドアに分かれて、室内の練習場は特に設備がよかったです。外は温度が一桁台でしたが、ヒーターが効いていて過ごしやすいです。的は藁の圧縮されたもので、深く刺さりすぎると少し抜きづらいです…が、ヨーロッパの各地でまだまだ使われているストラミットよりは使いやすそうでした!

アルティマCPXサイトを愛用しているスティーブ・アンダーソン選手、リンダ・オチョア選手、トマ・オベール選手の練習にちょっとだけ付き合ってから、大会の会場へ移動しブースの設営。今回も各国のターゲットアーチェリーメーカーがブースを展開していました!

もちろんシブヤもその一社。アルティマサイト、カルノスタビライザーなどの製品、特に去年国内先行発売していたグリーンカラーをアピールしてきました。フランスの代理店とタッグを組んで販売したこともあり、3日間大盛況だったことは大変うれしかったです!

また、数多くのトップ選手も挨拶に来てくれました!営業の合間をぬって、スペインのアンドレア・マルコス選手と予選593点のイタリアのアルベルト・シモネリ 選手とツーショットを撮りました。

参加者1200人を超える世界最大級のニームヨーロッパインドアは今年もさすがの盛り上がりでした。

成績は

CP女子

1位 Linda Ochoa-Anderson選手 (予選588点・4位)
2位 Irene Franchini選手 (予選583点・7位)
3位 Toya Cerne選手 (予選589点・1位)

シブヤ使用選手のオチョア選手が逆転優勝!サイトを変えたばかりで早速大きな成果を残してくれてうれしかったです。しかしフランキーニ選手も上手かった…

CP男子

1位 Braden Gellenthien選手 (予選599点・2位)
2位 Mike Schloesser選手 (予選594点・5位)
3位 Jesse Broadwater選手 (予選599点・1位)

ブレイデン・ゲレンティーン選手が優勝!予選は2位でしたが、明らかに勢いが凄かったです。今年のシーズンは大注目ですね。マシューズの2016年ターゲットモデルを使っています。ブースで少し見せていただきましたが、リムアングルが少しパラレルから戻り、ターゲットと3Dに使いやすそうな弓です。カムも以前のタイプとノーカムの合間を取って引きやすさとスピードを両立させたとのことです!近日中に新宿店へ入荷する見込みなので、気になる方はお問い合わせください。

RC女子

1位 Guendalina Sartori選手 (予選581点・6位)
2位 Park Sehui選手 (予選594点・1位)
3位 Elena Tonetta選手 (予選582点・5位)

イタリア強し!予選で世界記録を更新した朴選手をも下し優勝をつかんだサルトーリ選手、3位のエレナ・トネッタ選手のほかにも予選2位(592点)のMandia選手もいましたし、今年のインドアはイタリア勢が大変優勢に思えますね。入賞3者ともアルティマサイトだったことも、営業としてうれしかったです!

RC男子

1位 Luca Melotto選手 (予選590点・5位)
2位 Alexander Kozhin選手 (予選581点・19位)
3位 Brady Ellison選手 (予選595点・1位)

決勝戦では両者とも30金連射で一歩も引かない、圧巻なパフォーマンスを繰り広げました。最終的にはそれぞれ1点だけ落とし、シュートオフでメロット選手が優勝。背が低いのに筋肉ムキムキで男らしく、弊社の山本も目指している(であろう)ような選手です!格好良かった。またエリゾン選手お相変わらずスター扱いで観客の歓声がすごかったです!
(写真提供・ワールドアーチェリー)

そしてニーム・ヨーロッパインドアを無事終え、僕は今2日間の休暇をとりニューヨークにいます!木曜日にはシブヤ代理店のランカスターが主催のランカスターアーチェリークラシックの応援に行きます。
ニューヨークの第一印象は、高層ビル街が格好いいのと、「寒っっ!!」 の一声。

それでは、まだまだ旅は続きます!


Category: 大会情報、結果, 海外
Proshop Blog トップへ

2016

01

19 Tue ターゲットパニック講座 リカーブ編①

ターゲットパニック講座 リカーブ編

こんにちは、シューター島田です。

ここ最近、お客様から色々な相談を受けます。まずは、ダイエット。合わせてトレーニング方法の相談を頂きます。そして一番多いのはリカーブ選手からのターゲットパニックの相談です。

以前連載していた「ターゲットパニック講座」が未だに多くの方に読まれているようなので、皆さん悩まれている方が多いということでしょうか、、、

さて、私のところに寄せられるターゲットパニックの種類が何種類か有りますので、ご紹介したいと思います。

1,真ん中を狙えない

2,クリッカーが切れても緩んで射ってしまう。

3,伸び合いができない(フリーズ)

この3つが主な症状です。

この3つの主な「原因」、そしてその「改善する方法」と「やっていはいけない改善方法」をご紹介できたら、と思っています。

前の連載にも書きましたが、これはシューター島田の個人的な考え方なので、その点ご了承いただきたいと思います。

「近射、なんともない距離練習、気持よくクリッカーが切れ、そこそこ当たる。さあ、点取りだ!試合開始だ!!…あれ、、、狙えない、、、伸びれない、、、射てない、、、ああああああああああーーーーーーーー、、、ビヨーーーーン(戻りリリース・クリチョン)」

思い当たるフシがある選手はいらっしゃいますか?

〈次回に続く〉


Category: シューター島田, ターゲットパニック講座
Proshop Blog トップへ