2017

01

05 Thu アルティマⅡRCサイト発表!!

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします!

皆様の楽しいアーチェリーライフをしっかりサポートできるようスタッフ一同頑張ります!!

新宿店は本日より通常営業しております。

皆さまのご来店をお待ちしております。

あっという間に新年が始まりましたね!初射ちはされましたか?

わたくし村田は今週末、射ちに行ってきます

さて、タイトルにどーんと書きましたが

アルティマⅡRCサイトが発表されました!!

詳細はこちら→ 【渋谷アーチェリー PRODUCT アルティマⅡRCサイト紹介ページ】

多くのアーチャーから高い評価を得ているアルティマサイトがより進化しました
従来のアルティマサイトの218gから204gへと軽量化し、振動をより軽減する設計となっています
また、左右調整部分に目盛りが刻印され、正確な調整が可能!
その他にもサイトピンを固定する機構の改良など、洗練されたモデルとして生まれ変わったアルティマⅡRCサイト

詳細はアルティマⅡサイト紹介ページをご覧ください!

新宿店では明日1月6日から商品を展示します!

ご来店の際はぜひお手に取ってご覧ください


Category: お知らせ, 入荷情報, 新商品、おすすめ, 新宿店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2017

01

05 Thu シューター島田のインドアセッティング紹介

みなさん、新年あけましておめでとうございます。

シューター島田です。

昨年から使用しているWIN & WIN のドラゴンフライ40のインドアでの使用アクセサリーとセッティングをご紹介します。


●ハンドル

WIN & WIN ドラゴンフライ40 (カラーは特注です)

ドローレングス:30インチ

ポンド:53.6ポンド

レットオフ位置:60%

●サイト

本体:シブヤ アルティマ 365-6

スコープ:CRスコープ 35mm

レンズ:35mm用ヴェルデプラスレンズ

ドット:ガンスタードットパッケージ レッド 2mm

ピープ:Nトム チューブピープ

ピープインサート: 3/32

●レスト

本体:サムシングワイルドCPレスト

板バネ:ベストランチャーワイド .10

板バネの先端:レスト取り付け穴の中心から1/8インチ上 1インチ後ろ

(ノッキングポイント:レスト取り付け穴の中心から0)

ランチャーの位置:矢の中心がハンドルの内側から1+1/8インチ

●スタビライザー

センター:FUSEカーボンXテーパー30インチ ウエイト(特注品)4オンス

サイド:FUSEカーボンX15インチ ウエイト(ドインカー4-2-1)12オンス+ヒーローダンパー

●ストリング

メーカーデフォ

●矢

シャフト:カーボントライアンフ350 ノック溝からポイント先まで32.5インチ

ポイント:175gr

ノック:3Dスーパーノック(スーパーユニに変更)

ベイン:Dベイン380 ノック溝から1 3/8インチが貼り始め ヘリカル

●チューニング

ペーパーチューニング:やや横向き(矢2本分)

板バネの擦れ:右側の先端に羽根の跡ガッツリ

●その他

グリップにSEVのシールを貼っています。

また、手首が弱いのでSEVのバンドを手首に巻いています。

(SEVの効果に関するお問い合わせ、お試しは島田まで)

*************************************************

インドアは好きではないんですが、ドラゴンフライ40がかなりしっくりきているのでとても嬉しいです。

昨年末の東京インドア町田大会と東京都選手権で589点の日本記録タイの自己ベストが出たので、

北海道の全日インドアと世界インドアの選考会の点数についてはホッとしています。。。

2013年ぶりに、また世界インドアに行きたいです。頑張ります。





セッティングはご参考まで!!

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

インドアのコツをこっそり紹介します。

まあ、アウトドアとそこまで変わらないのですが、、、

「リリーサーを絶対に切りに行かない」です。

18m先の直径2センチの10点に入れるためには

少し繊細なエイミングが必要です。

なので、まずはリリーサーを「切る動き」をしないことです。

切りに行こう、と意識した瞬間に余計な力・トルクがうまれて外します。

なので、切れるであろう方向に「ジワーーーー」っと力を入れることがポイントです。

また、エイミングに関しては、ドットの動きを追わず、「黄色の中心だけ見続ける」ということを意識すれば、

余計なグリップでの左右トルクにならないので、ドットを合わせに行くのではなく、

「真ん中を見続けてそこに力をかける」ということをやってみてはいかがでしょうか!

こっそり島田的ポイントをお送りしました!!


Category: シューター島田
Proshop Blog トップへ