2017

11

18 Sat ~リム選びのアレコレ<HOYT編>~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

11月18日、本日は「雪見だいふくの日」そして、「カスピ海ヨーグルトの日」というおいしい記念日!
「雪見だいふくの日」は、11(いい)と、雪見だいふくと付属の棒が18に見えることから制定されたそうです。
そして、「カスピ海ヨーグルトの日」は日本にカスピ海ヨーグルトをもたらした家森幸男教授と、製品化をしたフジッコが、
11月18日に純正種菌の頒布が100万人を超えたことを記念して本日11月18日を「カスピ海ヨーグルトの日」に制定したそうです。
寒い日といえば、コタツで雪見だいふく・・・情景が目に浮かびますね。
寒い日にぴったりの白いものの記念日の紹介でした。

さて、アーチェリーで白いものといえば「リム」!今は黒地のものも増えてきましたが、やはり王道は白地のリムではないでしょうか。
今回は11月競技用リム購入プラスキャンペーン開催中ということで、HOYTのリムについて特徴を紹介したいと思います。

HOYTとといえば、フォーミュラー規格・グランプリ規格ですよね。
フォーミュラー規格のリムは、リムの全長が長いことで引きやすく、安定したシューティングが実現できます。ただし、フォーミュラー規格のハンドルにしか使用できません。
そして、グランプリ規格ですが、こちらは他メーカーのハンドルと互換性があるため、WIN&WINやMKのハンドルとの組み合わせも楽しめます。

さて、リムの規格の説明が済んだところで、2018年も原稿モデルとして活躍する
【Xツアー】【カーボン840】のリムについて紹介します。

いかがでしたか?
競技用リムでも、フォームコア・ウッドコアそして、ホイット独自のバンブーコアとリムによって様々な特徴があります。
予算や体力、どのように射ちたいかなど1本目のリムや次のリムの購入の参考になれば幸いです。

次は、<MK編>をお届けします。
また次回のブログをお楽しみに~


Category: hoyt, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ

2017

11

18 Sat ~アーチェリーのインドア競技、何変える?サイトピン編~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

本日11月18日は埼玉県はらッパークにて第三回高柳杯兼SHIBUYAアカデミックカップの個人戦が開催され、静岡県掛川市では2018年ナショナルチーム選考会が行われています。
第三回高柳杯兼SHIBUYAアカデミックカップには明日1日限定のブースが出店されますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください!
ブース限定で、いつもよりお安くお買い求めいただける商品を多数ご用意させていただきましたので、この機会にぜひお買い求めくださいませ。

さて、ターゲット競技としては11月は殆どがシーズンオフになり、じわじわとインドアシーズンの開幕です。

皆様、インドアシーズンへの準備はお済みでしょうか?

インドア競技の紹介をいたしますと、
インドア競技(インドアターゲット)は、全種目(CP・RC・BB)全種別(成年・ジュニア・初心者)関係なく、体育館やアリーナなどの室内で18m先の的を、
2分3射×20回の合計60射(600点満点)を競う競技です。
的の大きさは40cm。大会によって異なりますが、40cm的・20cm×3の縦三つ目的を使用します。

インドア競技は、室内で行うため天候に左右されないので自分自身のフォームや道具の感覚などをチェックしたり、新しいことに挑戦するのに最適な競技です。
初心者の方でも出やすい試合ですので、初めての大会にするのもいいかもしれませんね。

さて、インドア競技でできる新しい挑戦としてすぐできることとして、【道具の変更】があります!
天候に左右されず、自分の感覚が研ぎ澄まされるので、試したいもの・変えてみたいものに挑戦するいい機会です。
今回は、スタッフおすすめの【サイトピン】を紹介いたしますので、気になったものがあれば、この機会にぜひお試しください!

さて、インドア競技の会場は、広いところだとアリーナや広めの体育館、武道館などで行われますが、狭い場所だと学校の体育館等で行われるため、
明るさが足りないことがあります。
もちろん、今まで通りのサイトピンでも射てますが、暗くて見えづらいな・・・という方は、【ファイバーサイトピン】に変更してみるのはいかがでしょうか。

このように、サイトピンひとつでもそれぞれ特徴があります。
ファイバーサイトピンは、インドア競技でもターゲット競技でも、フィールド競技でもどれにでもお使いいただける商品です。

インドアで使ってみたらよかったので、ターゲットでも使うようにしたらあたるようになった!などの事例もございますので、
ちょっとお試し・・・という感覚で挑戦してみてはいかがでしょうか?
サイトピンを変える時は元の位置を忘れないよう気をつけて、セッティングしてくださいね。

今回は【サイトピン】をご紹介いたしましたが、今後インドアシーズンにおススメの様々な商品を随時ご紹介する予定です。
また次回のブログをお楽しみに~


Category: 新宿店, 筆者:長網 美樹
Proshop Blog トップへ