2020

10

28 Wed 試合に出る時はノックを変えましょう

みなさんこんにちは
世田谷店河本です。

全日本ターゲットも迫ってきて、出場される皆さんの調整は終った頃でしょうか?
悔いのないように、お互い頑張りましょう!

さて本日は「試合に出る時はノックを変えましょう。」というお話です。


皆さんはノックをいつ交換していますか?
実はノックは200射ごとに交換したほうが良いというのはトップアーチャーの中ではよく聞く話です。アメリカのブレディエリソン選手もインタビューで答えています。

理由として、ノックは樹脂製の製品ですので、シューティング時の高い負荷で変形してしまいます。
そのため、良い状態を保つには200射ごとにノックを変更する必要があります。

私の場合は全日本選手権などの自分が力を入れる試合では試合前に必ずすべてのノックを新しいものに変えています。
些細な違いかもしれませんが、その判断で勝敗が決まることがあるかもしれません。

1点の大切さはすべてのアーチャーがご存知のはずです。
この記事を読んでくれている方々にも、自分が少しでも良い記録を出したい、そんな試合があると思います。
今後の試合は、準備の一つとしてノックを新しいものに付け替えてはいかがでしょうか?

※ピンを使用している方
変形したピンをやすりで削って再利用していませんか?
めんどくさがらず交換しましょう!

ではまた次回のブログで!


Category: シューター河本, 世田谷店, 注目の記事
Proshop Blog トップへ

2020

10

27 Tue ~世田谷店臨時休業のお知らせ~

こんにちは。世田谷店の種部です。

11月1日(日)の営業に関して、スタッフ河本が全日本ターゲット選手権に選手として参加し、種部が講習会で講師を務めるため終日外出となります。スタッフ不在の為、世田谷店は臨時休業とさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いします。

大会の模様につきましてはSNS、ブログにアップして行きます。
また、講習会の内容も後日ブログで取り上げたいと思いますのでこちらもお楽しみに!


Category: 世田谷店
Proshop Blog トップへ

2020

10

23 Fri 河本が全日に向けて取り組んでいること ~トルクチューニングについて~

みなさんこんにちは!

渋谷アーチェリー河本です。

10月30日から11月1日にかけて行われる第62回全日本ターゲットアーチェリー選手権に当社からは山本、坂本、河本の三人が参加することになりました。

皆様に会えることを楽しみにしています。

さて今回私が全日に向けて取り組んでいることをお伝えしたいと思います。
試合の前には弓の状態をチェックしたり、チューニングしたりするものですが、その中でも私が重視しているのがトルクチューニングです。
トルクチューニングとは、弓を射つときに弓にかかるトルクの誤差を打ち消すチューニングなのですが、そもそもトルクってなに?という方もいるかもしれせん。

トルクとはグリップを押そうとしたときに弓が左右へ回転しようとする力を指します。
自分では自然に真っすぐ押しているようでも、人によって親指側から押し込んでいたり、人差し指側で押し込んでいたりと、人によって変わってきます。
また風が吹いている状況だと弓に風が当たることで。自然とトルクがかかります。
試合ではちょっとしたミスが勝敗を分けることがありますが、このトルクが勝敗を分けるミスにつながるかもしれません。
トルクの影響を最小限に抑えるためのチューニング方法「トルクチューニング」を紹介します。

調整手順
①    レストの前後を調整する。
②    サイトの前後を調整する。

確実に黄色に入る距離で行ってください。
弓に自ら左右のトルクをかけながらグルーピングを見ます。
チューニングがあっていない状態だと左右で2つのグルーピングができるはずです。


グルーピングが1つになる用にレストの前後かサイトの前後を調整してください。

スイートスポットを見つけると幸せになりますので是非お試しくださいませ。

※セッティングを見直した時(特に矢の長さが変わった時は要注意)見直すことをお勧めします。

チューニングにお悩みの方は渋谷アーチェリー世田谷店にご来店くださいませ!


Category: シューター河本, 商品レビュー
Proshop Blog トップへ

2020

10

22 Thu ~マシューズ2021年モデル

こんにちは。世田谷店の種部です。
今回はマシューズのコンパウンドボウのニューモデルの紹介です。
「表彰台の常連」というイメージのあるマシューズのTRXシリーズは国内でも非常に人気の高いモデルですが、
2021年には軸間38インチのTRX38G2と軸間34インチのTRX34がラインナップに追加されます。
スムーズなドローイングと張りのあるホールディングのフィーリングが特徴のC3Xカムを搭載。
2021年モデルは新たに開発された75%レットオフのモジュールがメーカー標準となるようです。

MATHEWS TRX38G2


新たに追加された75%レットオフモジュールがどんなフィーリングなのか興味深々ですね。
マシューズのスタッフシューターのレビューがまだ上がってきていないようなのでわからないのですが、
75%モジュールはしっかりレットオフするけど、カムが戻ろうとする力が強い設計になっていると見ました。
また、TRX34はハンティング用にもなるクロスオーバーモデルのようで、カラーラインナップに
「グリーンアンブッシュ」というハンティング系のカラーがラインナップされています。
レオ・ワイルドなどのトップシューター達もTRX34はハンティングで使いたいとコメントしているようです。

ウルトラレスト トライターゲットレスト

2021年モデルの特徴は、サイトウインドウのフェイス側にダブテイルの切込みが設けられ、
ULTRAREST Tri Target Restというマシューズ専用レストがダイレクトで取り付けられるという点です。
このレストは上下・左右調整はもちろんですが、トルクチューニングもマイクロ調整可能な高機能レストです。
ランチャーブレードの取り付け方式もこれまでにない画期的なデザインで、
交換時にランチャーの位置が変わらない工夫が施された再現性の高い設計になっています。

マシューズ2021年ターゲットモデルの仕様
TRX38G2
本体価格:198,000円(税別)
軸間距離:38インチ
スピード:329FPS
カム:C3Xカム
レットオフ:75%(オプション:70V、80%)
ストリングハイト:7インチ
引き尺:25-31.5インチ(モジュール交換方式/0.5インチ単位の調整が可能)
ピークウエイト:50、60ポンド
本体重量:2,209グラム
ハンドルカラー:ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、ストーン
リムカラー:ブラック、ホワイト

TRX34
本体価格:198,000円(税別)
スピード:334FPS
カム:C3Xカム
レットオフ:75%(オプション:70V、80%)
ストリングハイト:6.5インチ
引き尺:23.5-30インチ(モジュール交換方式/0.5インチ単位の調整が可能)
ピークウエイト:50、60ポンド
本体重量:2,124グラム
ハンドルカラー:ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、ストーン、グリーンアンブッシュNEW
リムカラー:ブラック、ホワイト、グリーンアンブッシュNEW

マシューズの2021年モデルのお問い合わせ・ご予約は
渋谷アーチェリー世田谷店、オンライン店へ!


Category: 2021年モデル, PICK UP, PSE, SHIBUYAアーチェリー, hoyt, 新商品、おすすめ
Proshop Blog トップへ

検 索


profile


recent entries

ONLINE
スタッフブログ

calendar

2020.Oct

«   »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

recent entries

recent entries