2018

07

22 Sun ~熱中症にならないために【塩】を摂るのはなぜ?~

みなさん、こんにちは
SHIBUYAアーチェリー新宿店長網です。

皆様、厳しい暑さが続いていますが体調は崩していませんか?

先日の全日本実業団に行く前に、行きつけの接骨院の方から「汗をかきすぎて体調が悪くなったら、直接【塩】を舐めるとすぐよくなるよ!」と教えていただいた
ことを思い出しました。
なぜ水分でなくて【塩】なのか、気になりますよね。余計のどが渇くんじゃないか・・とか。

今回は、【塩】と【発汗】の関係性、そしておススメの水分の摂取方法についてお話したいと思います。

【人が汗をかいた時に水ばかり飲むと・・・】

まず、人は汗をかく時に水分とナトリウムなどの塩分・ミネラルも同時に体外へ排出しています。
塩分や水分が体外から大量に排出されると人は脱水症状になってしまい、【めまい】【頭痛】【吐きを催すそうです。
この時、水分しか摂取していないと体内の塩分濃度が下がってしまうため人は【さらに体外に水分を排出しよう】とします。
こうなることでどんどん脱水症状が進んで行ってしまう・・ということです。

なので、大量の汗をかいた時には水分だけでなく【塩】をなめるといいと言われているそうです。

【塩と水分だけでいいのであれば、スポーツドリンクはいらない?】

さきほど、人の体は【塩(ナトリウム)】と【水分】でバランスを取っているとお話しましたが、
それだけではスポーツドリンクなんて飲まないで、ただ塩水を飲めばいいのでは?となりますよね。
実は、運動時に大量の汗をかいた時には同時に糖分(糖質)を摂取することで、水分の吸収が促進されたり、パフォーマンスの低下・疲労が蓄積しにくくなるんです。

仕組みとしては、ブドウ糖が体内(腸内)に吸収されるときにナトリウム(塩分など)が同時にあると速やかに吸収され、またそれらに引っ張られて
水分も吸収されやすくなります。
これにより水分の吸収がされやすく、水分のみの補給時より疲れにくい体になるというわけなのです。

また普段皆さんが飲むポカリスウェットとアクエリアスでは、このような違いがあります。

大量の汗をかいた場合や熱中症にはポカリスウェット、スポーツ中は必須アミノ酸が入ったアクエリアスが適していると言われています。
ポカリスウェットには、アクエリアスよりも多く塩分や金属イオンが配合されているので汗で失われた成分を補給することができます。
アクエリアスには、ポカリスウェットには入っていない必須アミノ酸が配合されているため、運動中のエネルギー代謝の手助けをしてくれます。

休憩時間にはポカリスウェット、練習中にはアクエリアス・・・など飲み分けてもいいかもしれません。

【私長網のおすすめの水分の摂取方法】


スポーツドリンクのお話をしましたが、私あまりスポーツドリンクの味が好きではないんです。
運動中だとどうしても舌に残る後味が気になってしまって・・・。

なので私はこんな水分の摂取方法を取り入れています。

【水分】の摂取は、水(ペットボトル)とお茶(利尿作用の少ない麦茶)
【塩分】の摂取は、大好きな干し梅や、塩タブレット
【糖分】の摂取は、新宿店で取り扱っている【低GIチョコレート】
前回のブログでもご紹介してから、実際に試合などで食べていますが、これかなりおススメです。
まず、緩やかな血糖値上昇によって空腹になりにくいため集中力が途切れづらい
次に、常に体の中にエネルギーがあるため疲労が蓄積しにくい
そしてなんといっても、後味がすっきりしているので試合中に食べても口の中が気にならない!という私の個人的な感想です。

スポーツドリンクの味が苦手な方はぜひ、【低GIチョコレート】試してみてはいかがでしょうか?
絶賛発売中ですので、スタッフまでお気軽にお声掛けください!ひやりと冷やした状態で提供いたします。

ということで、今年の夏はながーーーーく暑いそうですので、皆様水分補給・塩分補給、そしてほどよい糖分の補給を心がけて
アーチェリーを、仕事を、学校を、夏休みを、楽しみましょう!

また次回のブログをお楽しみに~


Category: 新商品、おすすめ, 新宿店, 筆者:長網 美樹

検 索


profile


recent entries

ONLINE
スタッフブログ

calendar

2018.Aug

«    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

recent entries

recent entries