2012

02

12 Sun ベガスその2

種部のべガス報告その2
Booth area

< ?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

ベガスシュート名物のブースエリア。メーカーやショップのブースが並び、多くの人で賑わっています。

 

With elzinga


SHIBUYA
のブースにはSHIBUYAサイトを使用しているシューターだけでなく、他社のスタッフシューターも立ち寄って話し込んで行きます。

写真は海外担当のフィリップ君がオランダのピーター・エルジンガ選手とスコープについて話しているところです。

語学力も大切ですが、アーチャーであることで話しやすい部分も大きいようです。

 

with morgan lundin


モーガン・ランドン選手はアウトドア・フィールド・インドア全ての世界タイトルを取っているスウェーデンのトップコンパウンドシューターです。

 

with eric griggs


ターゲットの選手だけでなく、アメリカで盛んな
3D競技のトップ選手もサイトやスコープ談議に花を咲かせています。

 

選手だけでなく、リリーサーメーカーの「カーター」の社長(?)、ジェリー・カーターさんもやってきて、モノづくりにこだわりのある方ならではの視点でSHIBUYAサイトへの称賛の言葉をいただきました。ブースを訪れた他のメーカーのスタッフの方からも、SHIBUYAサイトの作りの良さに高い評価をいただくことが多かったです。そういえば、ライバルメーカーのSURE LOC創始者、ギブスさんが元気だったころはよく私たちのブースにやってきてサイトの話をしたものでした。

 

今回久々のベガスシュートだったのですが、昔からの知り合いにもたくさん会えて、いろいろ話ができました。コンパウンドを始めたばかりのころ、リビエラホテルのバーで射ち方やチューニングについていろいろな話をしてくれたデイブ・カズンズ選手、レオ・ワイルド選手、ジミー・バッツ選手、ジョージ・ライアル選手(今考えるとすごい豪華メンバーですね)、コンパウンドの射ち方の基本を教えていただいたティム・ストリックランドさん、全米アーチェリー協会のコーチセミナーでお世話になったディック・トーン(ソウルオリンピックのゴールドメダリスト、ジェイ・バースの当時のコーチ)さん、私が大学生のころのあこがれのトップアーチャー、リック・マッキニーさん、メンタル面の重要性を教えてくれたエド・イライアソンさんなど…いろいろな方々との出会いがあって、今の自分があるのだなとしみじみ感じました。

 

Coffee break        


コーヒーでちょっと一息。今回のベガスシュートは初日に
WAの世界インドアのメダルマッチが重なり、朝8時から夜8時過ぎまでブースエリアがオープンしていたのでちょっと寝不足気味です。

今日もインドアワールドカップのファイナルがあり、試合が終わったのは11時くらいだったので、長い1日でした。

 

dave vs reo      
    

インドアワールドカップファイナルの準決勝、レオ・ワイルド対デイブ・カズンズ選手という好カードでした。

カズンズ選手が使用しているのは、今話題のG5プレミアム社のセントロイド。パラレルカムという新しいテクノロジーを搭載した画期的なモデルです。

詳細は後日…

 


Category: 海外, 秋葉原店, 過去ログ

検 索


profile


recent entries

ONLINE
スタッフブログ

calendar

2019.Dec

«    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

recent entries

recent entries