2014

02

20 Thu ベガスシュート2014

皆様こんにちは、海外営業担当のフィリップです。

先日のイギリスに続き、毎年恒例のベガスシュートへ行ってきました。
しかも今回は海外営業初体験の島田と一緒に!

会場に繋がる階段は今年も派手にデコレーションされてました。カミンスキー選手とブロードウォーター選手、インパクトがすごいですね!

今までのベガスシュート出張はほとんどブース営業の記憶しかありませんが、
今年はトップ選手でもある社員の島田君が同行したおかげでいつもと違う活動もありました!

例えば、

最近サイトをシブヤに変えてくれたアメリカのトップシューターであるエリカ・ジョーンズ選手と、日本のトップシューターである島田の対談を取材!リリーサーの切り方から大きな大会に挑む心がけまで、色々と興味深い話を聞かせていただきました。今後雑誌アーチェリーに掲載される予定です。お楽しみに!

その後、ジョーンズ選手とベガスシュート会場のサウス・ポイントホテルの日本料理屋でランチに行き、初アメリカの島田に「アメリカの寿司」を体験してもらいました!こんな感じです:

左から時計周りにマンゴー・ツナロール、レインボーロール、ツナフィーバーロール、 クンランチーロール。因みにアメリカではツナ(Tuna)は単純に「マグロ」と意味しますので、缶詰とは関係ありません!日本と一味(二味?)違って、フルーティーであったり辛かったり、アメリカ人の味覚に合うようにアレンジされています。僕はマンゴー・ツナロールとクランチーロールが美味しかったです!

その後は早速、フィリップがブース営業、島田が弓具調査などを行ってきました!もちろん大会にも出場しています!

この真中にシューター島田が健闘中です!分かりますか?(笑)

因みに隣で射っているのはリリーサーのメーカーのCarterの技術者、フォレスト・カーターさんです!

ブースでは今年はカルノスタビライザーとピンクのアルティマRCを展示し、新しくなったシブヤ製品の英字カタログを配りました!もちろん、大好評のリストバンドも配りました!早速付けて試合に挑んだ選手も多かったです!

そして新しく作ったシブヤ使用選手のバナーにサインして頂きました!

クリスティー・コリン選手、ローガン・ワイルド選手、サラ・ロペス選手、セルジオ・パニ選手!他にエリカ・ジョーンズ選手とデイブ・カズンズ選手、モーガン・ランディン選手のサインも頂きました。
このバナーは現在、新宿店に飾ってあります!ぜひご覧くださいね!

クリスティー・コリン選手のコマでちらっと写っていますが、実は今年初めて、ベガスのブースエリアの名物「300点的紙展示」ができました!

300点満点をマークした選手が的紙をスポンサー企業に持って行き、ブースに飾ってもらう行事です。
ブースに貼ってあれば、使用弓具の精度の高さのアピールになり大きな宣伝力を果たします。
そしてメーカーにとっては、選手からの感謝の気持ちの証としてとても嬉しいものです。

今年のシブヤのブースには、初日にローガン・ワイルド選手とセルジオ・パニ選手、二日目にはアメリカのクリス・シャフ選手とロブ・モーガン選手が的を持ってきてくれました!
もちろん高い契約金がもらえる弓などのメーカーが優先的にもらえるので、サイトメーカーの弊社ブースに飾れるのは誇りに思っています。
しかも、この4選手は全員、3日目もパーフェクトを果たし、シュートオフに出場しました!

気になるシューター島田は、1日目は297点、2日目と3日目はともに299点と惜しくも300点に届きませんでしたが、トップ選手と対等に戦えることを証明して帰ってきました!
3月1日から行われる世界選手権に向け自信にもつながったのでは?

因みに今回のベガスシュートでは13名が900点パーフェクトを果たし、シュートオフへの出場を決めました。

左から敗者復活戦を制したマーク・グルーバー選手、ロブ・モーガン選手、セルジオ・パニ選手、デンマークのステファン・ハンセン選手、ローガン・ワイルド選手、ユタ州のマット・サリバン選手、フランスのセバスチャン・ペノー選手、リチャード・ポター選手、ベテランのスコット・スターンズ選手、クリス・シャフ選手、3D競技のスター選手リーバイ・モーガン選手、ブレイデン・ゲレンティーン選手、レオ・ワイルド選手、そしてオランダのマイク・シュルッサー選手。何百人もの観客の大声援に応え大活躍しました!
その中でなんと5名もがアルティマCPX使用選手で、他のブランドよりも多かったです!初めての快挙ですごく嬉しいです。

サドンデス形式で少しずつ減り、最後にはシュルッサー選手、ペノー選手という二人が残りました。まさに「優勝決定戦」!初めてのヨーロッパ人チャンピオンになることがわかりました。
そして速いペースで射つシュルッサー選手が10-10-9でマーク、ペノ選手にチャンス到来!
ただし残念ながら、ペノ選手はそれに負け、大きく外します。もう一エンド射つことに。

結果は

アウトドア世界チャンピオンのシュルッサー選手が優勝!2位はフランスのペノ選手、そして3位はロブ・モーガン選手。

女子の部では唯一900点をマークしたサラ・ランス選手が圧勝。2位はクリスタル・ゴーヴィン選手が入賞、そして3位は、エリカ・ジョーンズ選手とのシュートオフを制してサラ・ロペス選手がランクイン!

リカーブの部では、安定した活躍を見せるブレイディ・エリゾン選手がミケーレ・フランジリ選手を下し優勝。女子は韓国のキム・ユミ選手、メキシコのアイダ・ロマン選手、韓国のパク・セフイ選手がトップ3。

今年もワクワクする試合でした!そして日本からも多くの若い選手が一緒にいらしたことが嬉しかったです。来年も皆でベガスシュートに行きましょう!


Category: 海外