2016

04

19 Tue 僕が今年この弓にした理由

みなさん、こんにちは。
シューター島田です。

今年は、このまま行けばHOYTポディウムXエリート40スパイラルプロカム#50 30″でシーズンを通して戦っていく予定です。


ポディウムXエリート40

昨年はポディウムXエリート37とプロコンプエリートFXを使っていました。

スパイラルプロになり、同一カム内でモジュールを交換すれば1.5インチの幅でドローレングスの交換が可能になりました。

島田が37を使うと、カムが大きくなりすぎて引きづらく、ホールディングも大変という印象でした。(力がなくて。。。)

また、プロコンプFXはスパイラルXカムで射っていましたが、7.5番カムはとても大きく引くのも戻すのも大変でした。

そこで、ポディウムXエリート40です。

カムの大きさが小さくなり、下手にリムボルトを緩めるより閉めきって使いたいので#50にしたので、

とても引きやすく、ホールディングも楽になりました。

スパイラルプロは前後のカムファミリーで被っているレングスがGTXのようにないので、

少しむずかしいところですが、なるべく小さいカムの方でモジュールはCポジションで使うのが良いと思います。

重さで言うと、同じ軸間40のプロコンプエリートXLが2,268gに対して

ポディウムXエリート40は2,174g。100g弱軽くなっています。

とても、扱いやすくなった印象ですね。

スパイラルプロでも引きやすく、そして手元でコントロールしやすい軸間の長い弓をご希望なら、

ポディウムXエリート40がオススメです!!

ご参考までに。。。


Category: hoyt, シューター島田, 新宿店