競技紹介

初めてのアーチェリー

競技紹介

ターゲット競技

ターゲット競技には、屋外で行われるアウトドアターゲットと屋内で行われるインドアターゲットがあります。国内で最もポピュラーな競技形式です。

ターゲット競技の長距離(60~90m)では直径122センチ、短距離(50~30m)では直径80センチの標的が使われます。中心から外側に向かって同心円状に得点帯が並んでおり、中心が10点で一番点数が高く、外側に行くほど9点、8点と1点ずつ低くなっていき、一番外側は1点です。

インドア(18m)の標的は直径40センチで、10点ゾーンの直径は4センチです。的の後ろには畳や樹脂製マットなどでできた矢止めが置かれます。

トップクラスの選手は、30メートル離れた距離から80cm標的の10点ゾーン(直径8cmに)百発百中です。

A)アウトドアターゲット

正式にはFITAラウンドと呼ばれるもので、10点から1点までの得点帯に区切られた丸い標的を
男子は90m、70m、50m、30m、女子は70m、60m、50m、30mの各距離から36射ずつ射ち、 計144射の合計得点を競います。シューティングは6射あるいは3射ごとの単位(エンド)に区切られており、 エンドごとに制限時間内に射ち終えなければなりません。初心者でも気軽に参加できる短い距離(50m、30m)だけを射つハーフラウンドも行われています。

B)オリンピックラウンド

オリンピックラウンドは一対一で対戦して勝ち抜いていくトーナメント方式の競技で、70mで122cm標的を使用して行われます。オリンピックの決勝戦で行われる方式なので、オリンピックラウンドと呼ばれています。 対戦は18射(準々決勝~決勝戦は12射)で行われ、同点の場合は1射ずつのシュートオフで勝敗を決めます。日本では国体や全日本選手権などがオリンピックラウンドで行われます。

C)チームラウンド

三人一組のチームが対戦して勝ち抜いていくトーナメント方式で、オリンピックや世界選手権、国体などで採用されています。交代でひとりずつ射って、制限時間内に全員が射ち終えなければなりません。

D)インドアターゲット

インドアラウンドは、体育館などの屋内で18mの距離から射ち、60射の合計点を競う競技で、アウトドアがオフシーズンの冬に行われます。距離が短いため、初心者でも気軽に参加できます。


TOPへ戻る

フィールド競技

フィールド競技は、自然の地形を生かして野山に作られたコースに設置された標的を射って、合計点を競います。 標的は1コースにつき12個あり、10mから60mまでのいろいろな距離に置かれています。 ひとつの標的に3射ずつ、計36射するのが1ラウンドで、通常は2ラウンド(=72射)の合計点を競います。


フィールドには標的までの距離が表示されているマークドラウンドと、 標的までの距離が明かされていない(自分で推測しなければならない)アンマークドラウンドの2種類があります。 全日本選手権や世界選手権では、マークドラウンドとアンマークドラウンドで予選が行われ、 上位選手がオリンピックラウンドに似たマッチ戦を行います。トップの選手は1m単位で距離を読んで、 パーフェクトに近いスコアを出すことができます。


アップダウンのある変化に飛んだ設定の標的を射つフィールドには、 ターゲットシューティングの技量プラスアルファが必要で、コースを攻略する楽しさがあります。 フィールド競技はアメリカやヨーロッパで非常に盛んな競技形式です。

TOPへ戻る

その他の競技形式

アーチェリーバイアスロン

クロスカントリースキーとアーチェリーを組み合わせた競技で、バイアスロンのアーチェリー版です。弓と矢を担いでクロスカントリースキーの周回コースを回り、一周回るごとに18mの距離から直径16センチの標的を射ち、シューティングの正確さとタイムを競います。冬季オリンピックの公式種目になる可能性が高い、これから注目の競技です。

3Dターゲット

フィールドに似た競技で、実物大の樹脂製の動物型標的を使用します。もともとアメリカでハンティングがオフシーズンの練習用に始まった競技で、90年代に一大ブームを巻き起こし、アメリカではもっとも盛んな競技のひとつです。実際のハンティングのシチュエーションを再現するため、標的までの距離は表示されないうえに、ひとつの標的に対して1射しか射てないので、非常に高度な距離読みのテクニックが要求されます。

TOPへ戻る